低価格なお葬式を実現します。西宮・尼崎・大阪・神戸ほぼ関西方面にてご提供。

葬儀費用一式 追加費用のいらないお葬式

釜前(炉前)葬

・通夜式・告別式はありません

148,000円(税込)

1日葬

・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

320,000円(税込)

一般葬

・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

420,000円(税込)

注)釜前葬(炉前葬)とは、直葬のお葬式のことを言います。

上記の葬儀形態は西宮尼崎大阪神戸豊中など一部地域のことですが、お葬式には最適な格安葬儀プランだと思います。  合わせて、安いお布施を望んで僧侶読経もお申込み下さい。

 

葬 儀 ・ お 葬 式 の 無 料 相 談

今、葬儀が必要な方
どこの葬儀社に依頼すればよいか?迷っている方
葬儀をどうすれば?分からない方
葬儀の時、お経をあげて欲しいがどこに依頼すればよいか?分からない方
安心して葬儀をしたい方

葬 儀 依 頼

西宮・尼崎・大阪 ・神戸・豊中など京阪神間は多くの葬祭に係わる葬儀社が存在し、各葬儀社が、家族葬など各プランを打ち出し又葬儀費用についても高額な葬儀から低料金、低価格の葬儀と価格差があり葬儀社選び が大変です。

西宮の葬儀においては、市が運営する満池谷斎場(葬儀会館)があります。  満池谷斎場(葬儀会館)は、火葬場と地続きにあり、お葬式の流れでは葬儀場として地理的に便利な状況下にあります。

お葬式の時の僧侶読経(お経)は、西宮・大阪・尼崎・神戸等ほぼ関西地区で提供させて頂いております。

 

会員特典などで葬儀が出来る方の葬儀方法

両親のお葬式では、「僧侶の読経のみのお申込み」が可能。

※僧侶読経は浄土真宗でお受けします

僧 侶 の読 経(お 経) 

私達は、会員特典でのお葬式を行おうと会員・組合員などとして葬儀社を決めている場合があります。 その場合、僧侶読経(お経)は二の次になりがちです。 ですが、お布施は高額なものです。

全般的な葬儀費用節減のためにも「僧侶読経(お経)は、誠実な僧侶、尚且つお布施袋低額の お布施のここに!!」と僧侶読経(お経)は、葬儀社とは別々に依頼するのが最良の方法です。

例えば、

会員としての西宮での葬儀 +別依頼での僧侶読経   会員としての尼崎での葬儀別依頼での僧侶読経
が最良の方法なのです。

「良心のお葬式」では僧侶読経(お経)は、西宮、尼崎、大阪、神戸・豊中など、ほぼ関西でお勤めさせて頂いておりますので、お葬式の時、葬儀社が決まっていても  僧侶読経(お経)は別依頼として是非、ご相談・お申込み下さい。

葬儀依頼にあたり

お葬式を執り行うにあたって大切なことは、自分宅の目安となる、例えば「親戚が殆ど無い」等の目安から葬儀方針を決めます。

    悩めば無料相談所 悩む顔png 「良心のお葬式」を利用!!  葬儀費用の軽減に繋がります

葬 儀 方 法 を 決 定

そして、決まった葬儀方針から下記の『予算・規模を考えてのお葬式』を念頭に置いて、最終的に『葬儀方法を考えてのお葬式』  〇直葬(釜前葬) 〇1日葬 〇一般葬 の何れかで、お葬式を執り行うのが最良の方法なのです。

直葬とは、通夜、告別式の無いお葬式で釜前葬のことです。火葬のみの葬儀です。直葬費用は他と比べ低額です。
1日葬とは、通夜の無い告別式のみのお葬式方法です。
一般葬とは、通夜があり、翌日、告別式となる従前のお葬式方法です。

注意しなければならないことは1日葬・一般葬も家族葬としてのお葬式は執り行えますが、1日葬の家族葬通夜は当然ありません。  又、1日葬葬儀費用は一般葬葬儀費用と比べ格安と思われがちですが、祭壇など飾りは1日も2日も殆ど同じですので格安とも言い切れません。

予算・規模を考えてのお葬式、葬儀方法を考えてのお葬式

只、短時間でしかも動揺している時に、的確に「どのようなお葬式にするのか」を考えるのは大変なことです。
良心のお葬式では、出来るだけこの全てを満たす内容でお葬式をして頂こうと思っております。

葬儀費用とお布施額に注意

葬儀社によって、葬儀費用に大きな価格差がございます。
又、お布施についても依頼先によってお布施額に大きな差がございます。

お葬式は喪主等として度々経験するものではありませんので、後々後悔しないように慎重に決めましょう。
そのためにも、是非「良心のお葬式」にご相談下さい。

市が運営する葬儀

各市の葬儀情報は、こちら↓
市営葬儀として  : 西宮市の方はこちら   ・ 豊中市の方はこちら
規格葬儀として  : 神戸市の方はこちら  尼崎市の方はこちら  大阪市の方はこちら

納 骨

お墓2葬儀後の納骨 
葬儀義、必ず行わなければならないのが納骨です━ 納骨には色々な方法があります。是非、ご相談下さい。 

現代は、世界においても日本にあっても全て経済で回っています。 心の問題、精神的問題が忘れられがちです。 しかし、昔から日本は佛教国です。 今日私達が現存しているのは、 ご先祖あってのことではないでしょうか。 佛教離れ・宗教離れしている今日ですが、故人を、 少しでもお経をあげて送ってあげる、 そのことが人間として一番大切なことではないでしょうか。 花