低価格なお葬式を実現します。西宮・尼崎・大阪・神戸ほぼ関西方面にてご提供。
◎ 今(至急)、西宮で葬儀が必要な方!!   お寺とのお付き合いの無い方!!
「葬儀社選び」は、最初が大切です!!
一旦、葬儀社に依頼すれば、「他の葬儀社に頼みたい」と思っても変更は大変です。
◎ 「葬儀社」の最新の情報を知りましょう!! (無料提供)電話 06-6468-3051

葬儀費用一式 追加費用のいらないお葬式

釜前(炉前)葬


・通夜式・告別式はありません

148,000円(税込)

1日葬


・1日でお葬式を行う葬儀形態です
・通夜式はありません

320,000円(税込)

一般葬


・1日目は通夜
・2日目、告別式の葬儀形態です

420,000円(税込)

注)葬儀の注意事項
釜前葬(炉前葬)とは、直葬で火葬場の炉の前でお経をあげるお葬式のことを言います。
上記の葬儀形態は西宮尼崎大阪神戸豊中など一部地域のことですが、お葬式には最適な格安葬儀プランだと思います。
   葬儀依頼とは別に、適正・安心なお布施を望んで僧侶読経(お経)もお申込み下さい。

 

葬儀(社)依頼前のお経―枕経(まくらぎょう)

  お亡くなりに!!                     葬儀の依頼前に、必ず   枕経を!!%e3%82%86%e3%81%8b%e3%82%93        %e7%9f%a2%e5%8d%b0%ef%bc%91        僧侶7  枕経(まくらぎょう)
お亡くなり後、出来るだけ早くお電話下さい。

※1 僧侶読経は、浄土真宗、真言宗、浄土宗でお受けしております。
※2 家の宗派が分からない方、お寺とのお付き合いのない方ご連絡下さい。!!

 

葬儀社3  葬儀依頼-「その葬儀」の良し悪しを決定する!!       葬儀社選びは慎重に!!  見映えを考えての、葬儀式場選びも大切です!!
%e5%83%a7%e4%be%b6  葬儀の時のお経       電話 06-6468-3051 
西宮・大阪・神戸・芦屋・尼崎・豊中・茨木・京都など、ほぼ関西地区でお受けしております。
※僧侶読経は、浄土真宗、真言宗、浄土宗でお受けしております。家の宗派が分からない方ご連絡下さい。

各葬儀の時にあげるお経

   直葬(炉前葬)       1日葬         一般葬
火葬場でのお経のみ  告別式のお経+
式中初七日或いは初七日のお経+
火葬場でのお経
 通夜のお経+

式中初七日或いは繰り上げ初七日のお経+

火葬場でのお経

注)上記、3葬儀形態(葬儀方法)は、何れも枕経(まくらぎょう)を追加、依頼できます。

 

葬儀依頼にあたり

葬儀と葬儀方針

葬儀と葬儀費用

葬儀を執り行うにあたって大切なことは、自分宅にあった葬儀を考えなければならないと思います。自分宅の目安となる、例えば「親戚が殆ど無い」等の目安から葬儀方針を決めます。 

          悩めば、葬儀 悩む顔png  僧侶読経の

                   「良心のお葬式」を利用!!                  

                   葬儀費用の軽減に繋がります。

 

   現代の葬儀方法は3つ―3つのうちから、どの方法か決めましょう

   pixta_13457109_S 直葬(釜前葬)   pixta_13457092_S 1日葬      pixta_9893971_S 一般葬


 葬儀方法を選ぶときは、予算、葬儀規模など葬儀方針を立てて決めましょう

                                                   

葬儀と予算

葬儀の予算を決める
自分宅の葬儀方針を立てたならば、葬儀予算を決めましょう。

予算・規模を考えてのお葬式、葬儀方法を考えてのお葬式

只、短時間でしかも動揺している時に、的確に「どのようなお葬式にするのか」を考えるのは大変なことです。 良心のお葬式では、出来るだけこの全てを満たす内容でお葬式をして頂こうと思っております。
―「良心のお葬式」連絡先  電話 06-6468-3051―

葬儀と葬儀物品
葬儀には、葬儀物品は欠かせないものです。葬儀物品には、絶対不可欠な棺のようなものもありますし、葬儀の大小を決める装飾的一面の葬儀物品もあります。

葬儀と葬儀知識
現代は、葬儀業界は一大産業を成しているといわれています。そのためか、各地域に大小の葬儀社が乱立しています。
私達、葬儀を依頼する者にとっては、葬儀に関することに関心をもって、常に最新の葬儀知識を持つことが必要だと思います。そのことが、良い葬儀社への依頼、良き葬儀式が出来ると思います。

 

葬儀と仏教  

日本においては、古来より葬儀と仏教は切り離せない関係です。日本人は仏教を重んじ、現在も殆ど仏式での葬儀が行われています。

 仏式での読経(お経)をあげての葬儀風景

葬儀と宗派

自分宅の宗派の確認

私達はお葬式を執り行うにあたって、殆どの方が仏式で葬儀を執り行っております。その際、自分宅の宗派の確認が必要です。宗派の分からない方は、「良心のお葬式」の顧問で、元警察官の僧侶にご相談下さい。

 

 

葬儀を執り行うにあたって!!

お葬式は、故人となられた方の人生最後の大切な式典なのです。      2困り顔   一生のうち、お葬式はそう何度も経験するものではありません。

今、葬儀を行わなければならない、どうすれば?

葬儀の概略
急いでいる方の無料相談

お葬式の仕組みを知る
葬儀社をさがす  ・葬儀社への依頼     ・僧侶への依頼    ・失敗しないための葬儀社、僧侶(読経)依頼          

どのようなお葬式にするか? 
現代の葬儀方法     ・家族葬

お葬式の予算は? 
儀費用高額の原因         ・葬儀と僧侶読経は別依頼で!!

葬儀社はどこに依頼するか?
葬儀の歴史!!    ・葬儀社任せにしない!!    ・葬儀社依頼は慎重に!!    ・納得いく葬儀!!

 

葬 儀 ・ お 葬 式 の 無 料 相 談

今、葬儀が必要な方
どこの葬儀社に依頼すればよいか?迷っている方
葬儀をどうすれば?分からない方
葬儀の時、お経をあげて欲しいがどこに依頼すればよいか?分からない方
安心して葬儀をしたい方

 

葬儀費用とお布施額に注意

葬儀社によって、葬儀費用に大きな価格差がございます。
又、お布施についても依頼先によってお布施額に大きな差がございます。
お布施の不明瞭さに注意!!

お葬式は喪主等として度々経験するものではありませんので、後々後悔しないように慎重に決めましょう。 そのためにも、是非「良心のお葬式」にご相談下さい。

葬儀・僧侶読経の受理と無料アドバイザー
  僧侶・司法書士などのグループ
「良心のお葬式」 電話 06-6468-3051 へ

各市の葬儀及び葬儀会館

市が運営する葬儀

   〇 市運営葬儀   :  西宮市営葬儀    池田市営葬儀  茨木市営葬儀  高槻市営葬儀

   〇 市規格葬儀 : 神戸市規格葬儀 尼崎市規格葬儀 大阪市規格葬儀 吹田市規格葬儀 摂津市規格葬儀

枚方市規格葬儀 豊中市規格葬儀 箕面市規格葬儀

市営・規格葬儀以外の各市

   〇 京阪神の各市

芦屋市 ・宝塚市

西宮市内の葬儀会館(式場)

西宮市には、市運営以外の葬儀会館があります。

 

仏式葬儀【僧侶の読経(お経)】

亡くなられて間がない時にあげるお経(枕経)- 葬儀式以前のお経

 枕経(まくらぎょう)

枕経は、仏式葬儀においては欠かせない大切なお経です。最近では葬儀式の簡素化などによって、枕経は通夜経と同じくしてあげられますが、亡くなられて出来るだけ早くあげるのが本来なのです。

葬儀式(お葬式)でのお経

 通夜経  告別式読経  釜前読経  初七日読経

僧侶の読経(お 経)依頼

私達は、葬儀を執り行うにあたって僧侶読経(お経)は二の次になりがちです。 ですが、仏式葬儀に於いてはお経は欠かせないものです。 又、葬儀費用に僧侶読経のお布施は含まれていませんので注意が必要です。

葬儀の時の僧侶紹介

 お葬式の時の僧侶の読経(お経)

 僧 侶 紹 介
         僧侶・司法書士などのグループ
元警察官の僧侶が顧問の

  「良心のお葬式」電話06-6468-3051 へ

葬儀と法要の関係

葬儀と法要
葬儀は故人を追憶しながら、人生の無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事のことです。ですから、葬儀と法要とは欠かせないものです。

 

葬儀と納 骨 

葬儀後、満中陰法要(四十九日法要)が終われば納骨を行うことができます。現代は、都市集中型社会ですので居住地近くにお墓がある方は少ないと思います。西宮においても、市営運営の納骨を行う墓地等があります。

お墓2葬儀後の納骨 葬儀義、必ず行わなければならないのが納骨です━ 納骨には色々な方法があります。

 納骨は、基準は4方法です。そのなかから1つを選びましょう。

   石 墓         納 骨 堂        永代供養(共同)      散 骨

                   

現代は、多種多様な職種によって納骨についても色々な方法が宣伝されております。ですが、基準としては上記の4方法です。その中から自分宅にあった納骨を行えばいいでしょう。

現代は、世界においても日本にあっても全て経済で回っています。 心の問題、精神的問題が忘れられがちです。 しかし、昔から日本は佛教国です。 今日私達が現存しているのは、 ご先祖あってのことではないでしょうか。 佛教離れ・宗教離れしている今日ですが、故人を、 少しでもお経をあげて送ってあげる、 そのことが人間として一番大切なことではないでしょうか。 花