近年は、少人数のお葬式

元警察官現僧侶  に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

家族葬から同居葬へ

以前は豪華なお葬式

同居葬・身内葬

現代は、核家族化、親族縁者・近隣者との疎遠化などによって、お葬式自体がこじんまりとしてきています。
一昔前は、遠方の親戚縁者や近隣住民が駆けつけて、お葬式が執り行われていました。
そして、高度経済成長時の頃は、お葬式も派手なお葬式となって、お金をかけたお葬式が行われていました。

少人数の小さなお葬式

時代とともにそのようなお葬式も影を潜め、現代では家族葬という名の小さなお葬式となってきております。
そして近年では、コロナ感染症の影響でこの家族葬がさらに小さな「同居葬」或は「身内葬」に代わってきている傾向にあります。
この同居葬・身内葬というのは、住居を共にしている家族や故人の子供や孫程度の葬儀参列となっていることだと思います。
故人の子供にあっても、遠方に居住している場合などの方は参列されないこともあります。
ですから、近年のお葬式は、「少人数でのお葬式」と言えるのではないでしょうか。

令和2年(コロナ禍)頃からのお葬式事情

お葬式事情

少人数の小さなお葬式、お金をかけないお葬式
現代は、世の中が経済中心、言い換えれば「お金中心」の時代ですので、精神的な面は疎かにされつつある時代です。
そのような時代を反映してか、宗教離れ・仏教離れとなっており、お葬式自体が、少人数の小さなお葬式、お金をかけないお葬式となっております。
又、時代の発展とともに世界には色々な感染症が発生し、今回(令和2年頃)は、世界中でコロナ感染症が猛威を振るっております。
このコロナは、飛沫感染から人と人の接触を避けなければならないということで、拍車をかけるように人と人の繋がりが希薄化してきております。
このコロナ感染症は、人と人の接触を避けるため県外に出ること・旅行の制限などがされ、又、人と人の間隔を言われることから、飲食業は勿論のこと、お葬式に於いても人との接触を避けなければならないということで、多大なる影響を受けています。
普通でさえ、親戚縁者・近隣者との疎遠化となっている昨今、このコロナ感染症が拍車をかけて、さらに少人数のお葬式・小さなお葬式となってきているのが現実です。

少人数のお葬式のメリット

コロナ感染症の影響などから、家族葬よりもさらに少人数のお葬式(同居葬・身内葬)になってきておりますがメリットもあります
〇 心のこもった、ゆっくりした気持ちでお別れが出来る
〇 同居・身内だけのお葬式の為、気を遣うことが少ない
〇 葬儀費用が安くつく
費用が抑えられる
○ 自分たちの考えたお葬式が執り行える

少人数のお葬式のデメリット

少人数のお葬式のデメリットもあります。
○ 後日、「何故連絡してくれなかった」かとのことを言われる
○ 親戚縁者との稀薄化にさらに拍車をかけかねない
○ 人と人の交流が薄れる、など

少人数でのお葬式の注意点

良い葬儀社は?

少人数でのお葬式は葬儀に於ける経費は少額になります。
葬儀を依頼される葬儀業者は、やはり高額のお葬式を執り行って頂くことを望んでいると思います。
どんなに少額のお葬式であっても、心のこもったお葬式を段取りしてくれる葬儀業者が大半だと思いますが、悪い業者に当たれば「不親切極まりない」葬儀業者もあると思います。
その点を考慮して、葬儀業者を選ぶことも大切だと思います。