お葬式の基本は3方法

葬儀(お葬式)の基本は、直葬(釜前葬)・1日葬一般葬の3葬儀方法です。
仏式・無宗教葬など、どの葬儀に於いても3葬儀方法から1つを選んで行うことになると思います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。

葬儀(お葬式)3方法の説明

お葬式には、色々な葬儀(お葬式)の方法があります。
近年、葬儀業界は、一大産業をなし業者は色々な葬儀方法を打ち出しております。
只、どのような葬儀に於いても、下記の3方法から1つを選んで行う事となります。

葬儀(お葬式)の3方法

直葬(釜前葬)
1日葬
一般葬
大きく分けて3分類
直葬

直葬(釜前葬)
直葬とは、お亡くなりになって24時間遺体を安置した後、葬儀式など執り行わずに火葬に付す葬儀です。
釜前葬とは、火葬場に於いてご遺体を火葬に付す直前に、僧侶の読経を行うことをいいます。

1日葬

1日葬
1日葬とは、通夜を行わず、翌日の葬儀式のみの葬儀(お葬式)をいいます。
近年、増えつつある葬儀形態です.

一般葬

一般葬
一般葬とは、従来から執り行われてきた通夜があり、翌日に葬儀式を行う葬儀形態です。
この一般葬は、近年減少傾向にある葬儀形態です。

個々人の考えるお葬式

家族葬
少人数で
密葬
後日、告別式を再度
社葬
主催は会社など
無宗教葬
宗教色が無い
生前葬
生きている間に行う
音楽葬
故人の好きだった音楽を流して
自宅葬
自宅でのお葬式
福祉葬
近親者がいないため役場が出す葬儀
宇宙葬
遺骨を宇宙に打ち上げる
葬儀の種類

一般葬・1日葬で行われる葬儀(お葬式)

一般葬・1日葬

家族葬(一般葬・1日葬で行われる)
身内だけの少人数で執り行う葬儀(お葬式)形態です。
一般葬・1日葬でも執り行えます。
近年、核家族化、親戚縁者・近隣者との疎遠化によって、多くの方が執り行っている葬儀形態です。

密葬

密葬(一般葬・1日葬で行われる)
密葬とは、故人の家族・親戚や親しい友人などで小規模に行う葬儀のことです。
大規模な葬儀を行う前に、行われる少人数での葬儀(お葬式)形態と思えばいいでしょう。
近年、この言葉はあまり使われなくなりました。

社葬

社葬(一般葬・1日葬で行われる)
社葬とは、会社の社長など企業の代表者や創設者のように特別な功績を残した人などが亡くなった場合に行う葬儀形態です。

自宅葬

自宅葬(一般葬・1日葬で行われる)
自宅葬とは、他の葬儀式場などを使用せずに、自宅でお葬式を行う葬儀形態です。
最近は殆どが葬儀社の式場を利用していますが、近年、自宅でされる方も出てきております。

無宗教葬

無宗教葬(一般葬・1日葬で行われる)
無宗教葬とは、仏式の読経など宗教色のない葬儀形態をいいます。
故人の思い出をビデオで流したりなど葬儀の際に行います。

生前葬

生前葬(1日葬で行われる)
生前葬とは、生きている間に親しい友人・知人に連絡し自分自身の葬儀を執り行う葬儀形態です。

音楽葬

音楽葬(一般葬・1日葬で行われる)
音楽葬とは、仏式、神式など宗教色を出さない葬儀で、葬儀の間音楽を流して行う葬儀(お葬式)のことです。

福祉葬

福祉葬(各市町村の行い方)
福祉葬とは、生活保護を受けている方が亡くなり、その遺族が葬儀費用を出すことが出来ない場合に、自治体が葬祭扶助の範囲内で執り行う葬儀のことです。
福祉葬は、生活保護第18条に規定されています。
この福祉葬は、生活保護葬、民生葬とも呼ばれています。

ロケットで打ち上げ

宇宙葬(一般葬・1日葬で行われる)
葬儀(お葬式)の後、お骨をロケットで宇宙に打ち上げる葬儀方法とご遺体をロケットに乗せ打ち上げる葬儀方法です。

近年の葬儀(お葬式)傾向

個々人の望む葬儀
一昔前は、殆どが通夜があり翌日にお葬式を執り行う葬儀が大半でした。
近年は、今まで通りの一般葬、通夜の無い1日葬、全くお葬式をしない直葬、直葬でありながらも、火葬に付す直前に僧侶にお経をあげて頂く直葬の釜前葬と色々な葬儀方法が出てきております。
この葬儀方法のうちに於いても、それよりも更に自分に合った、或は自分宅に見合った個性のあるお葬式方法も行われています。
葬儀方法は、自由に決められるのです。
例えば、無宗教葬・音楽葬なども、自由に決めた葬儀方法です。
斡旋業の関り
現代はメデァの発達によってスマホなどで葬儀社を探す傾向から葬儀社・葬儀業者、或は宗教者に直接葬儀依頼を行うのではなく、葬儀に関係のない第三者的立場の斡旋業者を通しての葬儀も増加傾向にあります。
お葬式に葬儀費用をかけない
現代は、宗教離れ・仏教離れ・核家族化・人と人の疎遠化などによって、葬儀(お葬式)にはお金をかけない葬儀(低額・低料金の安い葬儀)となっています。
その影響か、葬儀費用も一昔前から比べれば低額・低料金になっているようです。
豪華・華やかな葬儀の減少
近年、葬儀(お葬式)にお金をかけないことから、豪華・華やかな高度経済成長期頃の葬儀は影を潜めています。
少人数での葬儀
お金をかけない葬儀(お葬式)に関係していることだと思いますが、ほんの少人数でのお葬式、近親者のみで行うお葬式が大半を占めています。
一昔のように多くの参列者を迎えての豪華なお金をかけたお葬式は影を潜めているのが現状です。
小さなお葬式
近年、核家族化・親戚縁者との疎遠化・近隣住民との希薄化などから、こじんまりとした小さなお葬式が主流となってきているようです。
小規模なお葬式
家族葬など少人数でのお葬式を執り行う傾向から、お葬式自体が小規模なお葬式となってきています。
近隣者には知らせない
身内に葬儀(お葬式)が取れた場合、故人の居住先など近隣居住者に、亡くなったことを知らせずにお葬式を執り行っているケースが増加傾向にあります。
通夜への参列者が増加
近年、職種の多様化などによって、日中の葬儀への参列よりも、仕事が終わった後の通夜への参列が増えてきております。
組織が助け合っての葬儀
近年は、組織の助け合いによって行われる葬儀もあります。
例えば、「友人葬」と呼ばれる葬儀です。
日本にあっては、県人会(鹿児島県人会・宮崎県人会など)・元勤務先のOB会組合員・会員など色々な組織があります。そのような組織を活用しての葬儀を執り行うことも、葬儀に於いては大切な方法だと思います。

自分宅は、どの葬儀方法で行うか?

直葬(釜前)


通夜・告別式無し
1日葬

通夜は無く、1日で葬儀が終わる
一般葬

通夜があり、翌日に告別式
自分宅の葬儀方針によって、葬儀方法を決定!!

個々人の考え方によって、色々な葬儀の行い方が出来ると思いますが、どの葬儀で執り行うにあたっても

直葬(釜前葬) 1日葬   一般葬

のどれかを決定して葬儀を行うことになります。
例えば、
故人が音楽が大好きで、音楽を流しての「音楽葬」を執り行う場合は、式自体がない直葬(釜前葬)では出来ません。
しかし、1日葬、一般葬で執り行うことが出来ます。

葬儀は、葬儀相談からが始まり

必ず、葬儀相談を行う

「良心のお葬式」とは

市民の相談所(アドバイス組織)
元警察官・現僧侶が顧問として在籍
葬儀時の僧侶の読経の受理

元警察官・現僧侶

葬儀社依頼前に、まず無料相談を!!

元警察官・現僧侶

「良心のお葬式」は、元警察官・現僧侶が顧問で無料相談に対応しています

まず相談

葬儀となった場合、葬儀社依頼前に、必ず中立的立場の所に相談が必要!!