安心・信頼の葬儀サポート
家族葬は、現代に適応しているお葬式

お布施が、格安(2万5千円~)の
「良心のお葬式」へ


✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

家族葬をよく知る

家族葬は小さいお葬式の代表的なもの

家族葬とは、「小さいお葬式」の代表的なものです。
現在では、この家族葬という言葉が浸透し「自分が死んだら家族葬で」「身内が死んだら家族葬でする」と、言われています。
只、その人たちに「家族葬は具体的にどんな葬式?」と聞きますと「ウーン」と言われる方が殆どです。
家族葬の資料⇒家族葬

家族葬は友人を呼んでもよい

家族葬はどの範囲までの人を呼ぶかは自由で友人・知人を呼んでも構わないのです。
只、「家族葬だから祭壇は飾らなくていいだろう」とか、「費用は安くつくだろう」と考える人がいますが、その考えは間違いです。

家族葬とは、家族や親族を中心とした
少人数のお葬式のこと

家族葬には、かっちりとした規定はありませんが、家族葬を具体的に言いますと、義理を排した家族や親族を中心とした少人数のお葬式のことです。
祭壇を飾り通夜・葬儀・告別式を行い、お坊さんを呼んで読経してもらうのは普通の葬儀と全く変わりません。

家族葬は一般的な葬儀の縮小版
葬儀費用についても縮小版

一般的な葬儀の縮小版と思えばいいでしょう。
葬儀費用的にも、一般的な縮小版で50~100万円です。
「もっと安いのでは?」と思われる方がいるかもしれませんが、家族葬は、一般的な葬儀と同じスタイルで葬儀を行い、人数が少ないものをいうのですから、極端に葬儀費用が安くなるとは言えません。
逆に、華やかな祭壇や立派な棺を使用すれば、一般的葬儀よりも高くつくことがあります。

家族葬を知り、トラブルにならないように!!

気を付けなければならないのは、喪主側と葬儀社が思い描くイメージが違いトラブルとなる場合があります。
折角の故人の葬儀に、後々トラブルにならないように、自分たちが思っている家族葬のイメージ(人数、葬儀スタイル、葬儀費用にかける金額など)を、はっきりと葬儀社に伝え、その思いに沿った葬儀プランを提案してもらうことです。

現代の家族葬、時代にマッチ

少人数で故人を偲ぶ

現代は、近隣住民との稀薄化・親戚縁者との疎遠化、宗教離れ・仏教離れしている時代です。
そのような時代ですから、葬儀(お葬式)にはお金をかけなくなっています。
ですが、日本古来の仏教国としての精神は受け継がれています。
その精神を大切にしての葬儀(お葬式)が、家族葬ではないでしょうか。

家族葬で「1日葬」のスタイル可能

家族葬には、1日葬というスタイルの葬儀もあります。
「1日葬」とは、祭壇を飾り、通夜の無い、葬儀・告別式を1日で行う葬儀スタイルをいいます。
葬儀社のプランには、「葬儀・告別式の1日葬」が、あるのが一般的です。
勿論、通夜のみで、葬儀・告別式の無い葬儀も1日で行えば1日葬ですが、通夜のみの1日葬はほぼあり得ないと思います。

お坊さんは1日だけで、お布施の節約

お坊さんを呼ぶのは1日だけで済み、お布施の節約につながります。
又、飲食の接待も1回で済み、飲食の節約にもなります。
葬儀式場の使用料についても1日で済む場合は、葬儀式場の使用料の節約にもつながります。

参列者の負担軽減

同じ顔ぶれの友人などに、2日にわたって足を運んでもらわなくてすみます。
1日葬であれば、遠方の人が日帰りできたり、高齢者などの方は、身体の負担軽減になると思ます。

家族葬であっても、お経を大切に!!

家族葬は、故人と親しい者が故人を偲んで行う葬儀ですから、繋がり・精神面を大切に思い、お経で故人を送ってあげることは一番良い葬儀だと思います。
又、家族葬とはどういう葬儀か、家族葬の行い方を理解することは大切です。

葬儀の時の読経・対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。