葬儀(お葬式)

葬儀と告別式

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。つまり、死者をこの世からあの世へと送り出す宗教的な儀式です。この葬儀は、宗教が発生する以前から行われていたともいわれています。
告別式とは、本来は葬儀の後に行われる故人の友人・知人などが、故人とお別れを告げる儀式のことをいいます。
近年では、葬儀と告別式は同一のものとして執り行われていますが、葬儀は宗教的な意味合いで行われるもの、
告別式は故人を偲ぶ社会的な儀式として行われるというものです。
近代のお葬式で言えば、「野辺送り」なのです。故人を送る人たちは葬儀の後、墓地のある寺や火葬場まで、列を組んで遺体を送りました。
葬儀は、前述のとおり宗教的儀式です。時代とともに、葬儀は葬祭場で行い、荼毘は火葬場で行うように変わってきました。
その移り変わりとともに、神官、僧侶、牧師が葬儀にかかわってきたのです。
つまり、現代のお葬式の流れで言えば、僧侶が読経を行っている時間が葬儀にあたります。
一昔前はこの葬儀は、遺族やごく親しい人が中心になって営まれておりました。ですから、告別式は葬儀後に行われるものでした。

多種多様な葬儀の考え方

葬儀に於いて一昔前は、人が亡くなれば親族・知人・近隣の者などが集まって通夜を行い、翌日には告別式が行われていました。
現代はそれぞれ人によって価値観の違いがあり、全てのことに於いて考え方・行動が違ってきております。
葬儀に於いても、人それぞれで色々な考え方があります。
生前葬
今まで、葬儀(お葬式)と言えば、人が亡くなったのでお葬式をでしたが、現代は「生前葬」というお葬式も言われています。
これは私たちが一地方に限って行動するのではなく、地球全体という思考・行動によって世界的な考え方・行動範囲などから生じてきたものだと考えられます。
無宗教・音楽葬
又、日本ではお葬式と言えば大半が仏式でしたが、現代は「無宗教」と言われる方もおられ「音楽葬」などのお葬式も行われるようになってきております。
お別れ会
そして、葬儀(お葬式)は身内だけで、その後「お別れ会」を営むという「お別れが盛大」な形態も出てきております。
現代の多種多様なお葬式形態を分類しますと
1、今までの一般的葬儀(お葬式)
2、生前葬
と分類され、
今までの一般的葬儀(お葬式)も、色々な方法
○ 直葬(釜前葬)
○1日葬
○昔ながらの通夜のある葬儀
と3つの方法で行われています。

お葬式形態が時代とともに変化してきていますように、葬儀後の法要も変化してきております。
一昔前は、「初七日法要」は7日後に行われていましたが、高度経済成長時代から「繰り上げ初七日(戻り初七日)法要」となり、近年ではこの初七日法要が、葬儀式(告別式)の読経に引き続いて「式中初七日法要」として執り行われています。

葬儀(お葬式)どうすれば?

私達はお葬式にそう関わることがありません。現代は多種多様な業種が存在しております。その業種を知るには、外から見ていただけではわかりません。
お葬式も同じでいざ、お葬式となった場合も
「お葬式どうすれば?」
「お葬式費用はどれぐらいするのか?」
「どの葬儀社に依頼すればいいのか?」
「どのような方法ですればいいのか?」
など、お葬式の一つ一つの事について「どうすれば?」と悩んでしまいます。
複雑な現代社会では、「葬儀(お葬式)」について知らなくて当然なのかもしれません。
近年は高齢化社会となって、葬儀業界は一大産業となっております。
葬儀社が乱立し、葬儀に関わる他業種も出現し、葬儀業界は複雑化しております。
又、競争激化から、それぞれの葬儀社が色々な集客方法を打ち出してきております。
葬儀社によって
・様々な葬儀方法
・その葬儀方法の細分化
・様々な葬儀内容
・その葬儀内容の細分化
・葬儀内容のオプション化
・その細分化された内容に見合った葬儀の金額設定
・葬儀に関わる商品の販売
・葬儀後のお手伝い
など、各葬儀社は工夫を凝らし集客を図っております。
葬儀業界が一大産業をなしていることから、葬儀社ではなく、葬儀を斡旋する企業も出てきております。
その企業の中には、他産業から葬儀業界に参入し、その企業のネームバリューで集客し、葬儀業者に斡旋する企業、
パソコン・テレビなどのメデァを利用して集客し、葬儀業者に斡旋する企業などがあります。
私達は葬儀社の実態を知らない中で、葬儀の依頼をしなければならないわけです。
お葬式に直面した場合「色々な、どうすれば?」が、出てくるのは当然です。
・葬儀は何をどうするのか?
・葬儀方法はどうするのか?
・葬儀費用はどれくらいなのか?
・葬儀費用は高いと聞くが安くできないのか?
・葬儀の方法によっては安く出来るのではないか?
・葬儀社はどこに依頼すれば?
・葬儀社をどのようにして選べばいいのか?
・お坊さんはどこに依頼すればいいのか?
・良いお坊さんに依頼するにはどうすればいいのか?
・お布施はどれくらいするのか?
・葬儀場所はどこですればいいのか?
・宿泊できる葬儀会館で行うのがよいのか?
・葬儀社の会員になっているが安くできるのか?
・あまり悩まず葬儀社任せにすれば、スムーズに葬儀が執り行われるのではないか?
・葬儀内容はどれを選べばいいのか?
・葬儀の物品はどれを選べばいいのか?
・身内のどこまでに訃報を知らせればいいのか?
・お仏壇は無いがどうすれば?
・お墓は無いがどうすれば?
・お葬式後の法事はどうすれば?
・法事のお布施はどのくらいか?
など、色々悩むことが出てくると思います。

葬儀(お葬式)には、サポートが必要!!

このように現代のお葬式は複雑化してきております。
一生のうちあまり経験しないお葬式ですので「どのように行えばよいか?」と困惑して当然だと思います。
故人を偲んで出来るだけお金をかけない、又低料金・低額(安い)でありながらも、立派なお葬式とするためには、
やはり信頼出来る所、或は信頼出来る人に相談・サポートして頂くのが最良の方法だと思います。

通夜

通夜とは

通夜とは、家族、親戚、知人・友人など故人と親しい人が集まり、故人を偲んで最期の夜を過ごす葬儀前に行われる儀式のことです。
この通夜は、故人を夜通し見守る形で行われていましたから「通夜」と呼ばれています。
現代では、葬儀式は殆どが葬儀会館で行われるようになったことから、夜通しの通夜は殆ど行う方はなくなってきました。近年、通夜ぶるまいを含めて2~3時間程度の通夜で終わっているのが現状です。

通夜の過ごし方

通夜は、生と死の境界上にある時間帯
死者を葬る前に、一定期間棺に遺体を納めて祀る儀式、殯(もがり)というものが古来よりありますが、この殯を受け継いだものが通夜であるとも言われています。
人というものは親しい人ほど死というものを受け入れがたいものです。ですから、心のどこかで「生きていて欲しい」「まだ生きている」と思いたいものです。
通夜ではこのような人間の気持ち、心情を大切にして通夜という形で故人を偲ぶのです。
通夜の形の変化
近年、死の当日は時間的関係もあって「通夜」を行わず、「仮通夜」を行うようになっております。
「仮通夜」は家族だけで故人を偲び、翌日を「本通夜」として多くの方の参列を頂いて執り行います。
最近では、個々人の仕事の関係から葬儀に参列するよりも、通夜に参列される方が増えてきて、告別式並みに営まれることが普通になってきております。
以前は、通夜の飾り付けは棺の前に枕飾りを置く程度でしたが、近年では、告別式と同じように祭壇などを飾ることが一般的になってきております。
通夜振る舞い
通夜式においては、僧侶の読経と弔問客の焼香が執り行われますが、その後は、弔問客に対して通夜振る舞いがあります。
通夜振る舞いは、ご足労いただきお世話になった方々への感謝と故人への供養をかねて料理や酒をふるまいます。
最近では、家族葬が増えたことなどから、この通夜振る舞いは、なされないこともあります。
遺族の心情考慮
近年、通夜が翌日の告別式と同じような形になっていたとしても、遺族や身近な人間にとっては、お通夜は故人を偲ぶ最後の大切な時間です。
又、遺族は看護で肉体的に疲れ精神的な動揺もあり、その上に参列者への気配りから非常に肉体的・精神的に疲れているものです。
通夜への弔問に訪れる際は、遺族の心情を思いやる気配りが必要です。

家族葬という名のお葬式

家族葬とは

家族葬とは、家族、親族、ごく少数の親しい人たちで行うお葬式です。具体的な規定などはありません。
今までの葬儀(お葬式)の小型版と思えばいいと思います。最近では核家族化・近隣との疎遠化によって、小さなお葬式として一般的に好まれる傾向にあり、以前のような盛大なお葬式が影を潜めつつあります。

一般葬儀と家族葬の違い

一般葬儀と家族葬の違いは、葬儀の規模が大きいか小さいか、葬儀費用が抑えられているか否かだと思います。
例えば、一般的に葬儀式場の外観が小さく、小規模な式場で行うお葬式、つまり小さなお葬式が「家族葬」のお葬式と思えばいいでしょう。
式場が大きければ大きい程、電気代など経費が掛かりますので、家族葬では、式場も小さくして経費節約に努め、人件費も節約しています。
お葬式は、式場の規模・華やかさによって、経費に差が出てきます。現代の家族関係においては、小規模な小さなお葬式(家族葬)は好まれる葬儀方法だと思います。

家族葬、依頼の留意点

家族葬と聞けば、「葬儀費用が安くなるのでは」と思われがちですが、そうではないと思います。
葬儀の小規模なものを家族葬と呼ぶのですから、葬儀費用は安くて当然なのです。
葬儀に於いて一番費用が掛かるのは、「祭壇」ですから祭壇にお金をかければ一般葬と変わらない、或いは高くつく葬儀となりかねません。

家族葬の葬儀・どうすれば(方法)は?

「家族葬は、どうすれば?」と思う方もおられますが、今まで行われてきた通夜があるお葬式の、少人数の身内だけの葬儀と考えればいいのです。
ですから、一般的な葬儀方法と何ら変わりありません。
つまり、葬儀に於ける3つの方法

◎直葬(窯前葬)◎1日葬 ◎一般葬

から、家族葬としてどの方法で執り行うか選べばいいのです。
勿論、直葬(釜前葬)は、葬儀式がありませんから列外と思って頂ければいいと思います。

枕経(まくらぎょう)

枕経(まくらぎょう)は絶対必要

枕経を必ずあげましょう!!
現代は、殆どの方が枕経(まくらぎょう)を飛ばしてしまい、通夜式を行っています。昔からの言い伝えでは、

枕経(まくらぎょう)をあげると

お顔が綺麗


になるといわれています。
宗教離れ・仏教離れから、そのことは伝わっていないのかもしれません。

戒名(法名)

戒名(法名)は、必ず付けましょう

戒名(法名)は本来、生前に頂くもの
最近では、亡くなられた時に戒名(法名)を付けられる方が大半となっています。
戒名とは、修行を行い、経典を勉強して仏さまの教えを学んで、厳しい戒律を守って仏門に入った人に授けられる名前のことです。
この戒名は、本来ならば生前に与えられるものですが、近年、亡くなった人に授けられるのが普通となり、葬儀の時に与えられるようになりました。
浄土真宗では戒名と言わず「法名」と言います。
法名は、お釈迦さまの仏弟子になるということです。
戒名(法名)には、一般的戒名、院号があり、戒名を付けるにあたってお布施額に違いを設けております。

葬儀の変遷

葬儀(お葬式)の移り変わり

私たちは一生の間にあまり葬儀を経験することはありません。
突然のように身内が亡くなって「葬儀、どうすれば?」と困ってしまうのが現実です。
一昔のように、お爺さん、お婆さんに連れられてお寺に行っていた時代は、人が亡くなれば何をおいても「先ず、お坊さんに枕経をあげてもらう」と、したものです。
ですが、最近では殆どの方がお家で亡くなることが無くなって、病院で亡くなる方が大半となり、ご遺体を病院から葬儀社の安置場所に移し、枕経をあげることが無くなってきました。
現代は、高齢化社会・核家族化を反映し、葬儀業界は一大産業となって、色々な葬儀社の出現、高価格の葬儀、低価格の葬儀、色々な葬儀会館(式場)の出現など、それに伴って価格も分かりずらくなってきております。

色々な葬儀社の出現

高齢化社会に伴って、葬儀業界は一大産業界となって色々な葬儀社が出現してきております。
・大きな会館を所有し、全国的な規模で経営している葬儀社
・会員制を取り入れた葬儀社
・中規模の葬儀社
・親子或は夫婦で経営しているような小規模の葬儀社
・ネームバリューを利用して葬儀社に葬儀を行わせる会社
・葬儀社に葬儀、僧侶を斡旋する会社
など葬儀に関する色々な企業が出現してきております。

色々な葬儀の仕方(方法)

葬儀業界の競争激化に伴って、色々な葬儀の方法で集客がなされています。
その1つが、色々な葬儀の仕方(方法)です。今までは通夜付きの葬儀が一般的な葬儀でしたが、
現在は、
・直葬(釜前葬)
・1日葬
・今までの一般葬
の葬儀方法(仕方)となってきています。
又、葬儀後の初七日法要に於いても、
・以前の亡くなってから7日後の初七日法要
・高度経済成長期以後からの繰り上げ(戻り)初七日法要
・最近の式中初七日法要
と用変わりしつつあります。

多種多様な葬儀会館

一昔前の葬儀は、自宅或はお寺で葬儀を執り行っていましたが、現在は大半の方が病院でお亡くなりになることもあって、葬儀社の葬儀会館(式場)を利用しての葬儀が大半を占めています。
又、地方自治体が管理する公民館・集会所を利用される方もおられます。
或は、豪華なお葬式を執り行うためホテルを利用されてのお葬式もあります。
以前までの家・お寺でのお葬式は殆ど無くなってきております。
それどころか、お寺の身内の方が亡くなった時、「葬儀会館を利用するのが便利で手間も省ける」とのことで、お寺自体が葬儀会館を利用してお葬式をしたと聞いたこともあります。
よく利用される順では、
・葬儀会館(式場)
・公民館・集会所
・自宅
・お寺
・ホテル
となっているようです。

葬儀に付随する他業種

お仏壇関係

お仏壇の無い家が増加
一昔前は、一つのお家で何世代も住んでいましたから、お仏壇は1つでよかったですし、殆どの家庭が仏壇を持っていました。
現在は核家族化の進展により、世帯数は増えたものの、逆にお仏壇を置いておられない家庭が増えてきております。
仏壇の種類
仏壇の種類では、以前は金仏壇が主流でしたが、最近では、家の建築方法も用変わりしてきて、家具調仏壇が主流を占めてきております。

納骨(お墓)関係

私達はお葬式を行えば、その後はどうしても納骨をしなければなりません。
いつまでもお家に、お骨を置いておくわけにはいかないと思います。現代の納骨方法は
・昔ながらの石のお墓
・建物内の納骨堂
・永代供養(共同墓地)
・散骨があります
最近、樹木葬という言葉を聞きますが、この樹木葬は、木の下に或は木の周囲に、石のプレートがあれば、
「石のお墓」ですし、
木の下に、或は木の周囲に、大きな仏像的なものがあって、その下中に共同的に納骨出来るようになっていれば
「永代供養墓」と思えばいいでしょう。

葬儀時の食事関係

お葬式となればどうしても食事が必要不可欠です。
通夜の際の「通夜振る舞い」又、葬儀後の「精進落とし」などが必要です。

葬儀に対する思い

葬儀に対する故人・遺族の考え方 とその実態

高齢化社会の現在、人には「自分の葬儀はこうしたい」「親たちの葬儀はこうしたい」など、葬儀に対する思いはそれぞれあると思います。

葬儀後の遺族の思い・反省、動向

葬儀後もそれぞれの方の思いがあると思います。
急なお葬式であったため、葬儀に対してよく調べることが出来なかった。
「こうしていればよかった」など、色々後悔することも出てくると思います。