一般葬のお葬式

一般葬のお葬式とは

一般葬とは、
以前から執り行われていた葬儀(お葬式)形態(方法)で、亡くなられてから通夜を行い、翌日に告別式を執り行うお葬式です。

一般葬の流れ

【一般葬の流れ】
病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

通夜

告別式

火葬場に於いて僧侶の読経

火葬

約2時間後に骨上げ

繰り上げ初七日法要

自宅に帰る

搬送安置通夜
告別式搬送火葬場
※注)一般葬は、従前からの葬儀形態で、通夜・翌日告別式の葬儀(お葬式)です

僧侶の読経

一般葬は、従前からの葬儀(お葬式)形態ですから、亡くなられて通夜を執り行い、翌日に告別式を行うお葬式形態(方法)です。
僧侶の読経は、通夜・告別式の両方ともにあります。
お葬式後の初七日法要は、一昔前、亡くなられてから7日後に初七日法要を行っていましたが、高度経済成長期頃からは、骨上げ後の繰り上げ初七日(戻り初七日)が行われるようになりました。
最近は、「式中初七日」という葬儀が多く行われるようになってきました。
「式中初七日」とは、お葬式・告別式内のお経に引き続いて、初七日法要のお経をあげることです。
告別式に引き続いての初七日法要なので、葬儀がかなり時間短縮されております。

一般葬のメリット・デメリット

メリット
○ 故人を偲び、ゆっくりとお別れができる 
○ 葬儀を行ったという、華やかさがある
デメリット
○ 弔問客への対応など、身体的負担が大きい 
○ 費用が多くかかる