お葬式の基本は3方法

葬儀(お葬式)

葬儀(お葬式)の基本は、
・直葬(釜前葬)
・1日葬
・一般葬
の3葬儀方法です。
仏式・無宗教葬など、どの葬儀に於いても3葬儀方法から1つを選んで行うことになると思います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用・お布施←クリック

一般葬のお葬式(3方法の1つ)

一般葬のお葬式

一般葬とは

一般葬

以前から執り行われていた葬儀(お葬式)形態(方法)で、亡くなられてから通夜を行い、翌日に告別式を執り行うお葬式です。

一般葬の流れ

【一般葬の流れ】
病院又は自宅で死亡

自宅又は葬儀社の霊安室に安置

通夜

告別式

火葬場に於いて僧侶の読経

火葬

約2時間後に骨上げ

繰り上げ初七日法要

自宅に帰る

搬送安置通夜
告別式搬送火葬場
※注)一般葬は、従前からの葬儀形態で、通夜・翌日告別式の葬儀(お葬式)です

僧侶の読経

一般葬は、従前からの葬儀(お葬式)形態ですから、亡くなられて通夜を執り行い、翌日に告別式を行うお葬式形態(方法)です。
僧侶の読経は、通夜・告別式の両方ともにあります。
お葬式後の初七日法要は、一昔前、亡くなられてから7日後に初七日法要を行っていましたが、高度経済成長期頃からは、骨上げ後の繰り上げ初七日(戻り初七日)が行われるようになりました。
最近は、「式中初七日」という葬儀が多く行われるようになってきました。
「式中初七日」とは、お葬式・告別式内のお経に引き続いて、初七日法要のお経をあげることです。
告別式に引き続いての初七日法要なので、葬儀がかなり時間短縮されております。

一般葬のメリット・デメリット

メリット
○ 故人を偲び、ゆっくりとお別れができる 
○ 葬儀を行ったという、華やかさがある
デメリット
○ 弔問客への対応など、身体的負担が大きい 
○ 費用が多くかかる

一般葬以外の葬儀方法(3方法の2つ)

1日葬

1日葬

1日葬
1日葬とは、通夜が無く、告別式のみを行う葬儀方法で、1日でお葬式を執り行うことが出来ます。

1日葬のメリット・デメリット

メリット
短時間
1日葬は、従来の通夜・翌日の告別式と、2日に亘ってお葬式を行うのではなく、通夜を行わず、告別式のみを行うもので、1日でお葬式が終わってしまいます。
2日でお葬式を行うところを1日で行うのですから、当然、葬儀費用も半分とはいかないまでも、安くお葬式を執り行うことが出来ます。
費用の削減につながる
1日で行うということは、参列者の連絡においても人数制限を行って連絡されるでしょうし、食事関係も費用の削減につながります。
葬儀式場にしても、限られた参列者であれば小規模の式場で足りると思います。
小規模の式場であれば、祭壇にしても、費用の高くつく大規模な豪華な祭壇を用意しなくても済みます。
葬儀で一番高くつくのは祭壇費用です。
そのことなどを考えますと、この1日葬は「お金をかけないお葬式」では最適なお葬式方法かもしれません。
気分的に楽
参列者の人数制限を行うということは、それだけ参列者への気配りなど、気を遣うのが少なくて、従前の2日に亘るお葬式と比べれば気分的に楽だと思います。
デメリット
遠方からは出席しにくい
1日葬は、従前では2日をかけて行っていたお葬式を1日で行うのですから、遠方の親戚縁者はお葬式に時間的に間に合わないということも出てくると思います。
批判を受けかねない
又、2日で行っていたお葬式を1日で行うのですから、故人を偲ぶ時間も制限され、故人を偲ぶということが疎かになりかねませんし、「形だけでお葬式を行った」と、とられかねません。
人数の制限を行った場合、「何故、連絡してくれなかった」と批判を受けかねません。

直葬(釜前葬)

直葬

直葬(釜前葬)
直葬とは、亡くなられてから24時間遺体を安置した後、葬儀式を行わず火葬に付す葬儀形態です。
釜前葬は、火葬に付す直前に僧侶の読経を行って頂く葬儀形態です。

直葬(釜前葬)のメリット・デメリット

メリット
費用が掛からない
直葬の場合、葬儀式を行わないのですから、祭壇の用意、葬儀式場の借り上げなど全く不要です。
ですから、葬儀形態としては最も費用の掛からない葬儀方法(形態)といっていいでしょう。
デメリット
批判を受ける可能性あり
故人を偲ぶという葬儀(お葬式)式がありませんから、
親戚縁者からは「何故、お葬式をしなかったのか」という批判を受けるおそれがあります。

必ず、葬儀相談を行う

「良心のお葬式」とは

☆ 市民の相談所(アドバイス組織)
元警察官・現僧侶が顧問として在籍
☆ 葬儀時の僧侶の読経の受理

元警察官・現僧侶

良心のお葬式の顧問

元警察官・現僧侶が葬儀の無料相談に対応

葬儀相談は、葬儀社依頼前に、必ず行うこと

葬儀相談