お葬式の基本は3方法

仏式葬儀

葬儀(お葬式)は、
・直葬(釜前葬)
・1日葬
・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用・お布施←クリック

たつの市でのお葬式

葬儀社依頼前に葬儀相談を

葬儀社依頼前に、まず葬儀相談を行う
たつの市は、小京都と呼ばれる古い町並みも残る所ですが、時代とともにお寺とのお付き合いをされていない方も増えてきている状況です。
いざ、葬儀(お葬式)となった場合、まず最初に「葬儀社は何処に依頼するか?」を考え即、依頼してしまいがちです。
あまり経験しないお葬式ですから、全てを葬儀社任せにして、低料金・低価格の良い、安くつくお葬式を考えないまま依頼しております。
葬儀は高くつくと言われる今日ですから、高いと思ってもそのまま依頼しているのが現状です。ですが、
葬儀社依頼間前に、葬儀相談を行う。
自らの葬儀社・お坊さんさがし!!
たつの市には、西宮市などのように市民葬儀・規格葬儀はありません。
ですから、施主(喪主など)自らが、葬儀社を探さなければなりません。
お葬式はあまり経験することではありませんので、どうしても「どうすれば?葬儀社は何処に?」と、悩んでしまいます。
併せて、お坊さんの依頼です。
近年、檀家・門徒制度の崩壊から、殆どの方がお寺とのお付き合いはありません。
「お坊さんをどうすれば?」と困ってしまいます。
そのような時、「良心のお葬式」には、元警察官で現在僧侶が顧問として在籍していますので、相談して頂ければと思います。
出来るだけ早く「枕経をあげる」
そして、出来るだけ早く枕経(まくらぎょう)をあげなくてはいけません。
葬儀社への依頼は、葬儀相談・枕経(まくらぎょう)をあげてからするのが最良の方法です。

必ず、葬儀相談を行う

「良心のお葬式」

☆ 市民の相談所(アドバイス組織)
元警察官・現僧侶が顧問として在籍
☆ 葬儀時の僧侶の読経の受理

元警察官・現僧侶

葬儀社依頼前に、葬儀相談が必要!!

元警察官・僧侶

葬儀相談を行うにあたっては、葬儀に詳しい中立的立場の者に相談するのが安心です。
「良心のお葬式」の顧問である元警察官・現僧侶は、揖保郡太子町の駐在所で生まれ、姫路市余部区に居住し地域のこともよく知っております。

相談受理の僧侶は、元竜野警察署勤務

葬儀サポートを行うお葬式・法事市民センター「良心のお葬式」に在籍する顧問の僧侶は、元兵庫県警竜野警察署に勤務した僧侶です。
「良心のお葬式」が、竜野・西播を中心として活動するのは、同僧侶が太子町で生まれ、姫路市余部区に居住し「市民の人々にお世話になりました」という気持ちからです。

元警察官で現僧侶の推奨葬儀方法

直葬(釜前葬)

95,000円
1日葬

285,000円
一般葬

413,000円
※葬儀方法の参考事例

注)葬儀の注意事項
◎ 直葬(釜前葬)とは、直葬は24時間遺体を安置した後、通夜・告別式を行わず火葬に付すお葬式です。
火葬場の炉の前でお経をあげるお葬式のことを言います。
◎ 1日葬とは、通夜式が無く、告別式のみの1日でのお葬式です。
◎ 一般葬とは、通常行われている通夜・告別式があるお葬式です。
上記、葬儀図は参考事例で京阪神間に於いて行われている葬儀です。
たつの市にあつても、葬儀形態は3方法で執り行うことも出来るでしょうし、葬儀費用も同額程度で執り行うことが出来ると思います。

葬儀社と僧侶読経依頼は別々に依頼

葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に依頼

葬儀に際し、仏式の葬儀を執り行う場合は、「葬儀依頼」と「僧侶依頼」は別組織への依頼であることを認識して、別々に依頼しなければなりません。
葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に、という依頼を行うことが大原則です。
その依頼方法が、葬儀費用・僧侶読経のお布施額が明瞭となり、葬儀経費の節減につながると思います。

「良心のお葬式」のお布施

お葬式前・葬儀社依頼前に、必ず枕経が必要!!

お布施 25,000円
※注、枕経(まくらぎょう)のみの場合、交通費5,000円お願いします

葬儀(お葬式)の時のお経

直葬(釜前葬)

45,000円
1日葬

75,000円
一般葬

150,000円
※注、金額は、交通費を含んだお布施額です

たつの市の葬儀(お葬式)の取り組み

たつの市は兵庫県の西南部に位置し、温暖な気候の地域です。
たつの市は、2005年に龍野市・揖保郡新宮町・揖保川町・御津町が合併してできた市です。
たつの市には、市民葬儀・規格葬儀など市が関係する葬儀はありません。
又、市運営の葬儀式場もありません。
火葬場は二か所あります。
この火葬場に併設されたような葬儀式場はなく、火葬場だけとなっています。
只、市は、市民が出来るだけ低価格の葬儀が出来るように、祭壇などを貸し出し又、棺などを販売しております。
自宅、公民館・集会所で葬儀をされる方は、市の祭壇などを利用すればよいと思います。

葬儀・家族葬にあっては僧侶の依頼を!!

僧侶の読経

近年お葬式を執り行うにあたって、宗教離れ、檀家・門徒離れが進み、僧侶の読経の無い葬儀も出てきておりますし、葬儀自体を執り行わない「直葬」と言う葬儀も徐々にですが増えてきております。
ですが、故人との最後のお別れである葬儀は、日本古来からの僧侶の読経で送ってあげる。
その方法が、故人を送ってあげる最良のお葬式だと思います。

「良心のお葬式」対応地域
(相談・海外からでも)

ご相談は、どの地域からでも応じます。
「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。
以前は、海外「タイ国」から、「帰国できないので、相談したい!!」との電話がありました。
ご相談は、海外・世界各国からお受けします。
相談以外の「葬儀(お葬式)」での読経は、一応近畿圏内としております。
法事・法要は、京阪神・姫路圏内としております。
一応ですので、是非ご相談下さい。

竜野市役所の葬儀の取り組み

竜野市には市営葬儀・規格葬儀はありません。
只、出来るだけ安くお葬式が出来るように、祭壇の貸し出しや棺などの販売は行っているようです。
問い合わせ先
兵庫県たつの市龍野町富永1005-1
たつの市役所市民生活部環境課 
竜野市役所管内には斎場が2か所あります。
◎ 揖龍火葬場
名称:筑紫の丘斎場
所在地:兵庫県揖保郡太子町佐用岡732番地
たつの市新宮町光都3-37-1
使用地域
龍野地域、揖保川地域、御津地域の住民
◎ 播磨高原斎場
名称:こぶし苑
所在地:たつの市新宮町光都3-37-1
使用地域
たつの市新宮町光都3-37-1

たつの市概況

たつの市は、兵庫県の西南部の西播磨地域に位置しており、南北に長い地形になっています。
市域の北側は山地が広がり、南は瀬戸内海に面し、南北に貫く形で揖保川が流れており、自然環境に恵まれた地域になっています。

地図です。

年平均気温は約15℃、年平均降水量は1,000mm~1,500mm程度となっており、全般的に温暖で雨が少なく、瀬戸内式気候の特徴を表しています。

総人口は、平成7年までの推移では、一貫して増加の傾向が続きましたが、平成12年では微減となり、令和2年では、75,995人となっています。
年齢別の人口をみると、0歳から14歳の年少人口は減少の傾向が続いています。
15歳から64歳の生産年齢人口は増加が続いていましたが、平成12年から減少しています。
65歳以上の老年人口は増加の傾向が続いており、少子高齢化が進んでいることがうかがえます。
世帯数は、増加の傾向が続いている一方、1世帯当たりの人員は減少を続けています。
就業人口は、平成7年までは増加が続きましたが、平成12年から減少に転じています。
産業別の人口をみると、全体的な傾向として、第1次産業・第2次産業の就業者が減少し、第3次産業の就業者が増加してきています。