福祉葬の読経(お経)の申し込み

元警察官現僧侶 に、福祉葬の相談
現僧侶の携帯 09015882757

生活保護の方、福祉葬が可能

福祉葬とは
福祉葬(ふくしそう)は、生活保護法第18条(葬祭扶助)に基づき、生活保護を受けている世帯の一員が亡くなり、その葬儀費用を出すことができない場合に於いて、自治体からの葬祭扶助の範囲内で執り行われる葬儀のことをいいます。
生活保護葬、民生葬と呼ぶ場合もあります。

福祉葬でも僧侶のお経で送る

僧侶の読経(お経)の申し込み

僧侶の読経は別依頼
政教分離原則から自治体が独自に宗教行事を行うわけにはいかないので、本来の葬祭扶助は、「直葬」「火葬」のみであって、僧侶の読経などは含まれません。

生活保護法(葬祭扶助)

第18条 葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、下に掲げる事項の範囲内において行われる。
一 検案
二 死体の運搬
三 火葬又は埋葬
四 納骨その他葬祭のために必要なもの
2 下に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。
一 被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。
二 死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

福祉葬後の法事・法要

生活保護法第18条(葬祭扶助)に基づき、生活保護を受けている世帯の一員の方が亡くなった場合、その葬儀費用を出すことが出来ない時には、自治体からの葬祭扶助の範囲内で葬儀が執り行うことが出来ます。
勿論その際には、僧侶の読経は付いておりません。
独自に僧侶に申し込む必要があります。
お葬式は質素であっても、葬儀後に故人を偲んで各法要を行うことは大切です。
ご先祖あっての私達ですから、故人を偲び、残された者の幸せを願って法要を行うのです。