元警察官・現僧侶が顧問の安心・誠実な
「良心のお葬式」

25,000
[ 法事・法要 ]




四十九日法要・1周忌法要など


詳細⟸クリック
25,000円~
[ お葬式の読経 ]




火葬場読経・1日葬の読経・家族葬の読経


詳細⟸クリック

低料金・低価格・安心の葬儀サポート
大阪市の葬儀は、お坊さんの読経葬儀

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀は、お坊さんの読経葬儀

葬儀は昔からの、「お坊さんの読経(お経)」による葬儀で行いましょう。

葬儀の費用=
基本葬儀費用+実費+宗教者の謝礼

葬儀の費用とは、基本葬儀費用+実費+宗教者へのお礼の3つを合わせた費用をいいます。

葬儀の費用

基本葬儀費用
祭壇や棺・式場借り上げ費用や人権費など葬儀を執り行うための費用
実費
通夜振る舞いや精進落としなどの料理、返礼品で、葬儀社が専門業者に依頼して、葬儀社が立て替えている費用
宗教者へのお礼
お坊さんへのお布施、神道の祭祀料、献金など

お葬式の基本は3方法

葬儀(お葬式)は、
・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

お葬式時の読経・どこに?

「良心のお葬式」では、市民のサポートセンターとして葬儀時の読経(お経)をお受けしています。
葬儀(お葬式)にしても、僧侶の読経(お経)にしても、どこに聞けばいいのか?と、分からないことばかりだと思います。
その際には、元警察官で現僧侶が「良心のお葬式」の顧問をしておりますので何なりとお聞き下さい。

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要
(葬儀と僧侶読経は別依頼)

大阪市は、規格葬儀があります。
大阪市に規格葬儀があるからと言って、僧侶の読経が葬儀(お葬式)についているわけではありません。
勿論、規格葬儀を利用しないお葬式に於いても、葬儀時における読経(僧侶のお経)はついておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀(お葬式)に、僧侶読経は付いていません

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。
近年、江戸時代からの檀家・門徒制度が崩れ「お寺離れ」となっており、そのような状況からお葬式の際、ついつい葬儀社の言われるままに「僧侶読経の紹介」を受けているようです。
僧侶読経は、別組織である葬儀社に丸投げするのではなく、自分自身が探さなければならないと思います。
メデァを利用して、直接僧侶と話をし依頼するのが最善な方法だと思います。

檀家・門徒制度の崩壊

現代は、我々庶民を管理する江戸幕府の政策の1つであった「檀家・門徒制度」が崩壊しております。
江戸幕府など、とっくに無くなっているのですから当然なのかもしれませんが。
只、日本は昔から仏教を信じ、その教えを教義として生きてきたのですから、そのことは大切にしなければならないと思います。
身内の死に直面した場合、必ず僧侶の読経で故人を送ってあげるということは大切なことだと思います。
故人を偲び送ってあげる、その気持ちが私たち残された者にとっては大切なことだと思います。
ご先祖を偲ぶことによって、私たちは生かされているのですから。

近年の葬儀は名目が多種多様

近年の葬儀は、葬儀業界が一大産業になっていることから、各葬儀社、葬儀斡旋業者が色々な名目で葬儀を打ち出しています。

大阪市の葬儀

大阪市役所の葬儀取り扱い関係
大阪市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。
この規格葬儀は、儀式の尊厳をたもちつつ、その出費を少なくするためのものです。
斎場(火葬場)は、大阪市内に5か所あります。
これらの斎場は、火葬を行うほか式場施設も設置しお通夜にも利用できるようになっています。
又、墓園の管理なども行っています。
大阪市の葬儀広報⇒大阪市:「大阪市規格葬儀」制度のご案内 (…>ご不幸>葬儀・霊園・斎場)

葬儀依頼と僧侶依頼は別依頼

大阪市の規格葬儀は、僧侶読経(お経)は別依頼となって付いておりません。
僧侶読経(お経)は、どの葬儀においても お坊さん葬儀とは別依頼 となりますのでご注意下さい。
僧侶依頼は、どこに依頼して良いか迷ってしまいます。

どうすれば安心して依頼するためには、無料相談を利用 して「宗派のこと」「お布施額」など、ある程度の知識を得て依頼するのが、後々後悔しない最良の依頼方法だと思います。

大阪市規格葬儀以外の葬儀

大阪市には規格葬儀を設けていますが、規格葬儀以外で葬儀を行う場合、自分宅の葬儀の目安を考え、
例えば「殆ど親戚が無い」など、その目安から葬儀方針、
例えば「親戚が殆ど無いので費用を抑える」など、その葬儀方針から、現代の葬儀方法(形態)に当てはめればいいのです。
3つしかない葬儀方法(形態)

指3
〇一般葬 〇1日葬 〇直葬(釜前葬)  

のうちから

1指
1つの葬儀方法(形態)

を選び、予算を考えながら全体的な葬儀費用を決定するのです。 
そのことが、葬儀費用の経費節減にも繋がります。

大阪及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。