大阪市での葬儀は、「良心のお葬式」へ

低料金・低価格のお葬式・格安お布施
元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

大阪市で一般葬の葬儀を行う

一般葬とは、従前から行われている通夜が有り、通夜の翌日に葬儀・告別式を行う葬儀(お葬式)方法です。
他の葬儀方法に1日葬・直葬があります。
大阪市は、大阪府中部に位置する市です。
大阪府の府庁所在地であり、政令指定都市です。
この大阪市は、24の行政区から成っています。
大阪市は、西日本及び近畿地方の最大の都市で、経済・文化・交通の中心都市です。
面積は、225,21㎢、人口は約275万人です。
隣接の都市は、豊中市、吹田市、摂津市、門真市、大東市、東大阪市、守口市、八尾市、堺市、松原市となっています。

お坊さんによる葬儀(お葬式)

葬儀(お葬式)は昔からの仏式で行いましょう。
亡くなってから出来るだけ早く、葬儀社依頼前に枕経(まくらぎょう)をあげましょう
通夜式の前のお経です。

大阪市に於いて1日葬の葬儀

1日葬とは、通夜が無く、1日で葬儀を執り行う葬儀方法です。
他の葬儀方法に昔から行われている一般葬・直葬の葬儀方法があります。

お坊さんのお経でのお葬式(仏式葬儀)

1日葬は、近年増加傾向にある葬儀方法です。
1日葬は通夜の無い葬儀ですが、ほぼ100%、仏式葬儀で行われています。
近年、枕経(まくらぎょう)をあげない方がありますが、1日葬にあっても枕経(まくらぎょう)はあげましょう。
枕経(まくらぎょう)は、葬儀社依頼前にあげるお経です。

大阪市で直葬の葬儀

直葬とは、亡くなられて24時間遺体を安置した後、葬儀・告別式など行わず、火葬に付す葬儀方法です。

直葬で「釜前葬」の葬儀

釜前葬
直葬の葬儀(お葬式)にあっても、火葬場で僧侶のお経をあげるのが「釜前葬」と言います。
葬儀(お葬式)方法は他に、1日葬・一般葬があります。

大阪市で浄土真宗での葬儀

大阪市にあっても、仏式葬儀に於いては浄土真宗での葬儀が多くを占めます。

葬儀社依頼と僧侶依頼は別々に依頼

近年、病院で亡くなられる方が大半な為、ご遺体搬送のことから直ぐに葬儀社に依頼して、そのまま僧侶依頼も葬儀社に依頼するようです。
ですが、お葬式の費用の明瞭化の為にも、別々の「僧侶依頼は僧侶に」の依頼が最良です。

大阪市内で家族葬

家族葬とは、少人数のお葬式というだけで定義はありません。

葬儀社依頼前に、枕経をあげる

枕経は、一番大切なお経
家族葬にあっても、身内がお亡くなりになった際、最初にしなければならないのは枕経(まくらぎょう)をあげることです。
枕経は、お釈迦さまに対し、臨終間際の本人が、「娑婆ではお世話になりました。ありがとうございました。」とあげるお経だからです。

大阪市の規格葬儀

大阪市の規格葬儀は、大阪市民の福祉を目的とした葬儀です。
大阪市の規格葬儀には、僧侶の読経は付いておりません
お布施は別費用となります。

大阪市の規格葬儀に於いて、
「僧侶のお経」は別依頼です

大阪市には規格葬儀がありますが、葬儀を行うにあたって、注意しなければならないのは、お坊さんのお経がついていないことです。
お坊さんの読経は別に、自ら申し込みが必要です。
勿論、大阪市の規格葬儀以外の葬儀を行うにあたっても、僧侶の読経は別依頼です。

大阪市の葬儀、葬儀の低料金化

一昔前は、豪華な葬儀

葬儀は時代とともに変遷していくものです。
一昔前までは、弔問外交という時代もあって葬儀にお金をかけていました。
大阪にあっても関西一の都市ですから、葬儀にはお金をかけていました。

近年の葬儀は、お金をかけない葬儀
に移行

近年は、葬儀にお金をかけなくなっています。
又、核家族化・親族間の疎遠化等によって、参列者も少なくなっています。

大阪市の葬儀(低料金葬儀を実現)

今までは葬儀を執り行うにあたって、お金をかけた豪華な葬儀を執り行ってきたと思います。
今後は、逆にお金をかけない、親族のみでゆっくりと故人を偲ぶ葬儀に移行するものと思われます。

葬儀(家族葬)時の読経・対応地域

大阪・西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・摂津~京都などの地域に於いて対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。