元警察官・現僧侶が顧問の安心・誠実な
「良心のお葬式」

25,000
[ 法事・法要 ]




四十九日法要・1周忌法要など


詳細⟸クリック
25,000円~
[ お葬式の読経 ]




火葬場読経・1日葬の読経・家族葬の読経


詳細⟸クリック

低料金・低価格・安心の葬儀サポート
川西市の葬儀は

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

現代は、仏教離れ・檀家・門徒制度の崩壊によって、お坊さんのお経による、お坊さんの読経葬儀を行われない方もおられます。
お経は、故人をあの世に送り、遺族の心を癒すと言われていますので、お坊さんの読経葬儀でお葬式を執り行いましょう。

葬儀の費用=
基本葬儀費用+実費+宗教者の謝礼

葬儀の費用とは、基本葬儀費用+実費+宗教者へのお礼の3つを合わせた費用をいいます。

葬儀の費用

基本葬儀費用
祭壇や棺・式場借り上げ費用や人権費など葬儀を執り行うための費用
実費
通夜振る舞いや精進落としなどの料理、返礼品で、葬儀社が専門業者に依頼して、葬儀社が立て替えている費用
宗教者へのお礼
お坊さんへのお布施、神道の祭祀料、献金など

お葬式の基本は3方法

葬儀(お葬式)は、
・直葬(釜前葬)
・1日葬
・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

川西市での葬儀

川西市・臨終から火葬までの手続き

川西市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

川西市の詳細

川西市の葬儀・家族葬
川西市には、市営葬儀・規格葬儀はありません。
平成15年までは市営葬儀があったそうですが、殆どの方が利用しないということで無くなったそうです。
川西市の葬儀広報⇒ご不幸|川西市
葬儀の時のお坊さんの読経は、「良心のお葬式」へ
只、現在は斎場(火葬場)にある式場が利用できるようになっています。
(平成29年9月現在)
川西市での葬儀の行い方
川西市には、市営葬儀・規格葬儀という市運営の葬儀はありません。よって葬儀の方法・葬儀社さがしなどを自分自らが行わなければなりません。
葬儀方法は、3方法(・直葬・1日葬・一般葬)の中から1方法を選んで行うこととなりますが、仏式葬儀・家族葬儀・自由葬儀など自由に考えて行えばいいのです。
川西市の火葬場(斎場)所在地
名称:川西市斎場
所在地:川西市柳谷字鷹尾山柿木谷10番地の1
アクセス 阪急電鉄川西能勢口駅から8km、車で15分
川西市斎場(火葬場)に、葬儀式場として利用できる部屋があります。
この式場は、利用可能件数は1日1件で通夜は利用できません。
川西市斎場告別式場の利用
川西市斎場に告別式場があり。
(以下、川西市広報より)
1、利用対象者
市民
2、利用方法
前日まで(午前8時20分~午後4時50分)に直接川西市斎場へお申し込みください。
3、利用可能件数
1日1件
4、利用料金
1回 12,000円
5、注意事項
告別式場をお貸しするだけとなりますので、ご利用希望の方は、下記の事項についてご理解のうえお申し込みください。詳しくは、直接、川西斎場へお問い合わせください。
・告別式の進行など、民間の葬儀社が行うような業務は行いません。
・会場の設営及び後片付けは、申込者で行ってください。
・貸出できる備品は椅子のみとなります。
・告別式のみで、お通夜は行えません。
問い合わせ
美化環境部 美化環境室 美化推進課(衛生業務)
〒666-0011 川西市出在家町1番11号
又、川西市には川西市公営の霊園があります。
そして、川西市は葬祭費が支給されるようですし、葬儀に関する色々な届け出もあると思いますので、葬儀に関する市への問い合わせは必要です。
川西市役所
〒666-8501川西市中央町12番1号
死亡届(死亡した時)
〔受付場所・届け出に必要なもの〕
・執務時間内は1階市民課5番戸籍届出窓口で受付しています。
・市役所執務時間外(土曜日・日曜日・祝日を含む)でも市役所1階北玄関の時間外受付窓口で受付をしています。
(お預かりのみ)
・亡くなられたかたの火葬がお済みの場合は死亡届出は完了していますので、国民健康保険、国民年金などの手続きを行ってください。
〔届出期間〕
届け出る人が死亡の事実を知った日から7日以内
〔届出ができる人〕
親族、同居者または家主・地主・家屋管理人など
〔必要なもの〕
死亡診断書 届出をする人の印鑑
火葬場の予約国民健康保険証
(川西市に住民登録のある加入者のみ)
国民年金手帳
(川西市に住民登録のある加入者のみ)
死亡届Q&A
〔死亡届を提出したいのですが、どのような事に注意すればよいのですか。〕
・死亡診断書が添付された死亡届1通が必要です。
届出人は、第一義務者として同居している親族、同居していない親族で、次に同居者、家主、地主などです。
届出地は、死亡地、死亡者の本籍地及び届出人の所在地のいずれかです。
届出期間は、死亡の事実を知った日から7日以内です。
死亡届の後に発行する火葬許可証に火葬場の名前を記載するため、事前に火葬場の予約をお願いします。
〔日本に住んでいる外国人について、死亡した場合、死亡届は必要でしょうか。〕
・死亡された場合、外国人についても日本国内に在住している限り、居住地の市区町村長に死亡届が必要です。
届出に必要なものは死亡診断書が添付された死亡届1通、届出をする人の印鑑、火葬場の事前予約です。
死亡したとき(葬祭費50,000円)
国保加入者が亡くなったときに、葬祭を行った人(喪主)に支給されます。
(注意)葬祭を行った日の翌日から2年を過ぎると、時効により申請できなくなります。
国民健康保険(国保)とは
ある日突然、私たちをおそう、病気やケガ。
もし健康保険がなければ、ひとつの病気やケガで、家族が多額の医療費負担に苦しむことになります。
そうならないよう、日ごろから収入に応じてお金を出し合い、医療費に備えようという「助け合いの精神」から生まれた制度が国民健康保険(国保)です。
川西市の状況
川西市は兵庫県の東南部に位置し、東は大阪府池田市と箕面市に、西は宝塚市と猪名川町、南は伊丹市、北は大阪府能勢町と豊能町に隣接しています。
東西に狭く、南北に細長い地形になっています。
気候は温暖で北部は山岳の起伏に富み、その一部は猪名川渓谷県立自然公園に指定されています。
南部は平たんで、市の中心市街地はここに形成されています。
川西市の歴史は古く、旧石器・縄文時代まで遡ります。
平安時代には源満仲が多田盆地に移り住み、率いる武士団の本拠とて開発し、清和源氏発祥の地として現在にまで語り継がれています。
明治22年には町村制が実施され、川西村、多田村、東谷村が誕生し、大正14年、川西村に町制が施行されました。
その後、昭和29年に川西町、多田村、東谷村が合併して川西市が誕生しました。
現在では、大阪、神戸などの大都市近郊のベッドタウンとして発展し、今日に至るまで人々の営みの中で育まれた文化や生活が脈々と受け継がれています。

葬儀・葬式の意義

葬儀・葬式には、5つの意味があると言われています。
①死を受け止める(儀式としては通夜式)
②死者を送る(葬儀式)
③死者と関係のあった人がお別れを行う(告別式)
④死者を葬る(埋葬)
⑤葬儀後、悲しみを乗り越え、死者の供養(法要)
の意味があります。

葬儀

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。
法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。
どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。
一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。
尼崎市は、以前市営葬儀がありましたが、規格葬儀に移行しております。
市の規格葬儀を考えながら自らが葬儀社など探すのもいいと思います。

家族葬

家族葬とは、少人数でのお葬式のことです。
最近、皆さまからよく聞きますのは「身内が亡くなったら、家族葬でお葬式をする」ということです。
家族葬は、「簡単」「料金的に安い」「多くの参列者を呼ばなくて済む」「気分的に楽な気がする」と思われておられます。
ある程度は思われていることがあっていると思います。
「家族葬」≠「安い」
只、注意が必要なのは「料金的に安い」と思われていることです。そうではありません。
家族葬といっても、金額的には安いとばかりは言えないと思います。
確かに家族葬は、少人数でのお葬式のことですが、家族葬は「家族葬だから、こうなのだ」と明確な定義はありません。
少人数でのお葬式ですから、料理、香典返しなどにあまりお金を使わなくてすみますので安くはなるとは思います。
ですが、祭壇、式場の借り上げなどピンキリの値段なのです。
そのことを考えれば、一概に家族葬は安いとは言えないのです。
「良心的・信頼」=葬儀社選び
葬儀費用を抑えた葬儀をするのであれば、葬儀社選びが重要なポイントになると思います。
良心的で信頼できる葬儀社であれば、 どのようなお葬式でも予算に合わせて葬儀を執り行うことが出来ると思います。
そして、お葬式の流れは、家族葬であれ、今まで行われてきたお葬式との流れには殆ど変わりはありません。
ですから、参列者においても故人を偲び悲しんでおられる知人・友人に参列して頂ければいいのです。
家族葬のいわれ
家族葬という葬儀が近年言われだしましたのは、核家族化がすすみ、高度経済成長によって今まで近くにいた親戚縁者が、仕事の関係からそれぞれ全国に散らばり親戚との付き合いも希薄となったこと。
又、近隣とのお付き合いも少なく疎遠化して、お葬式自体への参列者が減ってきたことが最大の原因だと思います。
家族葬と普通の葬儀の違い
皆さんは、「家族葬と普通の葬儀の違いは?」と疑問に思われるでしょう。
1日葬にも普通の葬儀にも家族葬はあるのです。
つまり、家族葬は、少人数での葬儀のことですから、少人数であれば「家族葬」なのです。
家族葬という明確な定義はないのですから。
1日葬でも少人数でお葬式を行えば「家族葬」なのです。
普通の葬儀でも小人数で行えば「家族葬」なのです。
しかしながら、いくら明確な定義がないといっても、葬儀を依頼するものにとっては「どういうこと?」と分からなくなってしまいます。
違いをはっきりといえば、少人数で行う葬儀ですから、例えば、返礼品であれば小人数分の返礼品を用意すればよいことなので、大人数と比べ費用が少なくてすみます。
通夜振る舞いなど飲食費も人数分を用意すればいいのですから経費としては安くつくと思います。
只、注意しなければならないのは「家族葬は葬儀費用が安くつく」ではないことです。
このことを勘違いして「家族葬は安い」と思い込んでしまって、後々後悔するお葬式になりかねません。
最も費用の多くを占めるのが、葬儀一式費用です。
この葬儀費用まで、「安くつく」と勘違いしてはいけません。
祭壇は特に値段差が大きく、高額な祭壇を頼めば「普通の葬儀よりも高くついた」となりかねません。
家族葬は「葬儀費用が安くつく」ではなく「少人数での葬儀」と思って依頼しなければなりません。

葬儀の事前相談・その後に葬儀社依頼

元警察官・現僧侶が葬儀相談対応
無料

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。
葬儀(お葬式)は、殆どの方が事前に用意される方は少ないと思います。
身内の方が亡くなった場合、どうしても動揺してしまい、「直ぐ、葬儀社に連絡!!」となってしまうようです。
後々、後悔される方もおられます。
お葬式となった場合、絶対、葬儀社依頼前に無料の事前相談を行って下さい。

相談受理の僧侶は、元兵庫県警察官

お葬式のサポートを行う、お葬式・法事市民センター「良心のお葬式」に在籍する顧問の僧侶は、元兵庫県警察官です。
「良心のお葬式」が、関西特に、兵庫県を中心として活動するのは、この元警察官が県民と共に歩んだ38年間を大切に思っているからでございます。

元警察官で現僧侶の推奨葬儀

直葬(釜前葬)

95,000円
1日葬

285,000円
一般葬

413,000円
※金額・祭壇は参考事例

注)葬儀の注意事項
◎ 直葬(釜前葬)とは、直葬は24時間遺体を安置した後、通夜・告別式を行わず火葬に付すお葬式です。
火葬場の炉の前でお経をあげるお葬式のことを言います。
◎ 1日葬とは、通夜式が無く、告別式のみの1日でのお葬式です。
◎ 一般葬とは、通常行われている通夜・告別式があるお葬式です。

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要
(葬儀と僧侶読経は別依頼)

川西市は、市営葬儀・規格葬儀はありません。
民間依頼の葬儀を行っても、葬儀時における読経(僧侶のお経)はついておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経・依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。
近年、江戸時代からの檀家・門徒制度が崩れお寺離れとなっており、そのような状況からお葬式の際、ついつい葬儀社の言われるままに「僧侶読経の紹介」を受けているようです。僧侶読経は、別組織である葬儀社に丸投げするのではなく、自分自身が探さなければならないと思います。
メデァを利用して、直接僧侶と話をし依頼するのが最善な方法だと思います。

近年の葬儀は様々な名称

近年の葬儀は、各葬儀社が様々な名称で葬儀を打ち出しています。
川西市で葬儀を執り行う場合、近年の葬儀状況を知ることは大切です。

川西及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。

葬儀に対する故人・遺族の考え方

【平成27年7月下旬   川西方面での葬儀】
故人は80歳で亡くなられた方ですが、只、8年前に倒れられ脳が機能しない状態で寝たきりの状態だったそうです。
この8年間は肺炎になったり、多少症状が良くなったりの状態だったそうです。
孫が見舞いに来られ話しかけると少し表情が変わった感があって、看護士さんによると「ちゃんとわかっておられますよ」と言われていたそうです。
最後は肺炎で亡くなられました。
ご主人は平成9年に亡くなられ、その後はお一人で生活されていたそうです。故人には、お二人の姉妹のご姉妹がおられ下の方が今回お葬式を申し込まれ、上の方が喪主を務められました。
故人は明るくジョークをよく言われる方で大変、歌が好きな方だったそうです。ご主人を亡くされ、お一人となられてからは良くご近所の方とカラオケに行かれたそうです。
故人はこのような方でしたので、ご姉妹は非常に悲しまれ告別式の最後の別れ、そして火葬場でのお別れのときには嗚咽を出され周囲の悲しみを誘っていました。
お葬式は通夜がある一般葬でのお葬式でした。
参列者は、約8年間の入院生活を送られたこともあって約20名でしたが弔電は、十数通はございました。
【平成27年9月 上旬  川西方面での葬儀】
故人は76歳で亡くなられた方で、以前癌を患われ一応完治したらしいですが、その後色々病気を患い亡くなられた時は、心臓がもたなかったそうです。
故人は6人兄弟としてお生まれになられ、戦中は北陸の方に疎開されたりして苦労されたそうです。故人は性格的に明るく、朗らか、前向きな性格、世話好き、他人に好かれるという性格だったそうです。
故人には1男1女のお子さんとお孫さんがおられますが、故人はお子さんやお孫さんの間では、太陽のように明るく朗らかな人で通っていたそうです。
お葬式はご主人が喪主を務めら参列者は数十人で、家族葬のような形での1日葬のお葬式でした。
故人のお人柄の良さから数通の弔電がございました。
【平成27年10月初旬  川西方面での葬儀】
故人は男性の平均寿命よりもかなり短い67歳で亡くなられました。
故人は元々心臓が悪く約1年前から入院されていたそうです。
2か月前には故人の奥さんを亡くされたそうで、そのショックがあったのではないかと喪主の長男さんは言われていました。 故人には長男さん、次男さんのお二人の子供さんがおられ、長男さんは既に結婚されているとのことでした。
故人の性格は口数が少ない、おとなしい、おとなしい中にも厳しさもあるという性格ですから、口には出さなかったものの子供さんたちについては何も心配がなく安心していたのではないでしょうか。
お葬式は通夜が無い1日葬で行われ、参列者は小さな子供さんを含め30名程度でした。