安心・信頼の葬儀サポート
お坊さんの読経での吹田市の近年の葬儀

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀の時、お坊さんのお経

葬儀のサポート「良心のお葬式」にご連絡下さい。

昔ながらのお経での葬儀
(仏式葬儀)

お葬式でのお経は、故人をあの世へ導いたり、やすらかに眠るように伝えたりする役割があります。
又、大切な人を亡くして心を傷めている遺族や参列者を癒す役割も果たしています。(仏式葬儀)
ですから、お葬式は仏式葬儀で行いましょう。

葬儀の費用=
基本葬儀費用+お布施+飲食接待費

葬儀の費用とは、基本葬儀費用+実費+宗教者へのお礼の3つを合わせた費用をいいます。

葬儀の費用

基本葬儀費用
祭壇や棺・式場借り上げ費用や人権費など葬儀を執り行うための費用
実費
通夜振る舞いや精進落としなどの料理、返礼品で、葬儀社が専門業者に依頼して、葬儀社が立て替えている費用
宗教者へのお礼
お坊さんへのお布施、神道の祭祀料、献金など

注意
1,タクシー・マイクロバス代は実費となりますが、霊柩車については、基本葬儀費用に含まれているか注意が必要です。
2,寝台車・霊柩車は、キロ数によっても料金が違ってきます。

吹田市の葬儀全てがわかる

近年の色々な葬儀方法が下記の項目で分かります。

葬儀と僧侶読経葬儀・吹田市での葬儀・家族葬
葬儀・お坊さんの読経葬儀での「吹田市規格葬儀」
お坊さんの読経葬儀「吹田市の規格葬儀で葬儀を行う」
葬儀・吹田市の規格葬儀での僧侶読経
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市でお坊さん紹介・派遣」
吹田市・お坊さんの読経葬儀(仏式葬儀)でのお葬式
葬儀・吹田市・「家族葬」のお葬式
吹田市「お寺とのお付き合いが無い」方の葬儀
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市での低料金葬儀」
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市で自宅での葬儀」
僧侶読経の葬儀・吹田市での小規模葬儀
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市での少人数のお葬式」
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市での直葬(釜前葬)」葬儀
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市で1日葬」の葬儀
葬儀・お坊さんの読経葬儀「吹田市・一般葬」の葬儀

吹田市の葬儀⇒吹田市|吹田市規格葬儀について

吹田市の葬儀

吹田市には規格葬儀があります。
規格葬儀は、吹田市民の福利厚生を目的として執り行うように制定されたものです。
吹田市の火葬場(やすらぎ苑)には、収骨室があり火葬前故人のお別れの場として利用できます。
名称 吹田市立やすらぎ苑
所在地 吹田市吹東町17-1
アクセス JR吹田駅から1,2km、徒歩15分、阪急電鉄相川駅から0,9km、徒歩13分
・特徴
火葬炉があるので、直葬(火葬式)を行うことが可能です。宗教・宗派を問わず利用できます。
吹田市による運営です。
吹田市では市管理の墓地(川面墓地)があります。
只、吹田市には市営の葬儀式場はありません。

吹田市規格葬儀

吹田市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。
規格葬儀
規格葬儀とは、手続きの簡略化及び「簡素にして厳粛な葬儀」を提供するため、平成29年7月より規格葬儀制度が実施されました。
これは、吹田市が定める規格・料金に従い、市が指定する永年の経験を有する葬儀業者の協力により行うものです。
葬儀の申し込みについては、吹田市指定業者へ直接お申付けください。
規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)、又は死亡者が吹田市民であり、吹田市内で葬儀を執り行う方
吹田市の葬儀⇒吹田市|吹田市規格葬儀について

吹田市の火葬場(やすらぎ苑)

施設案内
吹田市立 やすらぎ苑は、収骨室と待合室を備えた公営の火葬場です。
吹田市民の方はもちろん、吹田市外の方でもご利用いただけます(ご利用料金は異なります)。
収骨室は、火葬前の故人とお別れする場としてご利用いただけます。
又、個室待合室につきましては、火葬をしている間の最大3時間まで無料でご使用いただくことができます。
施設概要
所在地・・・大阪府吹田市吹東町17番1号
電話番号・・06-6381-1689
開園時間・・9:00~18:30
休苑日・・・1月1日
主な施設・・エントランスホール、炉前ホール、収骨室3室、待合ホール、待合室(個室)2室
駐車台数・・30台(乗用車23台、身障者用1台、マイクロバス6台)

死亡届

届け出期間
死亡の事実を知った日から7日以内
必要なもの
・死亡届:医師記入済みの死亡診断書(死体検案書)を含む
・印鑑
※注意
・死亡届出用紙と死亡診断書(死体検案書)は一体になっています。切り離さずに届出してください。
・届出には、医師の死亡診断書(死体検案書)が必要です。
届出人
・死亡した方と同居していた親族
・死亡した方の同居人
・家屋管理人など
※届出義務者(上記の方)がいない場合は、同居していない親族も届出することができます。

身内が亡くなって行うこと

身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)
吹田市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

吹田市の概況

吹田市の位置面積
吹田市は大阪府の北部に位置し、南は神崎川を隔て大阪市に、北は箕面市・茨木市に、東は摂津市に、西は豊中市に隣接しています。
千里ニュータウンを擁する市域北部は、樹枝状浸食谷の発達した標高20mから115mのなだらかな丘陵となっており、南部は安威川・神崎川・淀川のつくる標高10mほどの沖積低地です。気候は温暖で、面積は36.09㎢です。
吹田市の人口推移
 市の人口は約37万人、大阪府内33市では6番目に人口の多い都市です。

火葬場が混んでいる場合

近隣市町村の火葬場を利用

吹田市火葬場が混んでいる場合、
大阪北摂の隣接市を利用


火葬を考える
近年は高齢者社会となって、死亡される方も相当数になっております。
時期によっても違いがありますが、火葬に付すにあたって火葬場が混んでいて、火葬にかなりの日数がかかる場合があります(1週間前後の火葬場待ち等)。
このような場合、近隣市町村で火葬を考えればいいと思います。

吹田市隣接の豊中市・摂津市を利用

吹田市は、大阪府の北部に位置し、東は茨木市及び摂津市、西は豊中市、南は大阪市、北は箕面市に接しています。
おり、東西6.3km、南北9.6km、面積は36.09k平方メートルを占めています。

吹田市隣接の箕面市・茨木・大阪市を利用

吹田市の地勢としては、北部は北摂山系を背景として標高20mから116mのなだらかな千里丘陵、南部は安威川、神崎川、淀川のつくる標高10mほどの低地から形成されています。