安心・信頼の葬儀サポート
僧侶読経による「吹田市の小規模葬儀」

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

昔からの故人を安らかにあの世に送り、遺族などの心を癒すお坊さんのお経(読経)での葬儀。

吹田で小規模葬儀

現代のお葬式は、核家族化・親戚縁者の疎遠化・地域住民との希薄化そして、コロナ感染症の影響によって「小規模化」しております。
吹田市にあっても、小規模葬儀が大半となってきております。
吹田市の葬儀広報⇒吹田市

お葬式・小さく(小規模葬儀)

葬儀・お葬式とは?
葬儀・お葬式とは、遺族、友人・知人が故人を偲び、あの世に送るための儀式です。
葬儀は、葬儀・告別式などと言われていますが、本来は葬儀式と告別式は別のものでした。
現代は、葬儀式と告別式の区別が亡くなり、火葬も近親者のみの少人数で行うようになってきました。

現代のお葬式は、時代の流れに合わせて小さく!!

お葬式は小さく

お葬式は小さく(小規模葬儀)
近年、核家族化・親戚縁者の稀薄化・近隣者との疎遠化などから、お葬式は出来るだけお金をかけない、葬儀費用を抑えた小さな少人数のお葬式となっています。
家族葬というお葬式形態です。
「お葬式は小さく」こじんまりとまとまった心に残るお葬式を行えばいいと思います。

お金をかけない

お金をかけないお葬式
近年、お葬式にはお金をかけない少予算でのお葬式が言われています。
近年は、核家族化やお金の使い道が一昔前と違い、お葬式にはお金をかけなくなっています。
お葬式はご遺族の、「故人を送ってあげる」という気持ちが一番大切です。

吹田市の葬儀

吹田市には規格葬儀があります。
規格葬儀は、吹田市民の福利厚生を目的として執り行うように制定されたものです。
吹田市の火葬場(やすらぎ苑)には、収骨室があり火葬前故人のお別れの場として利用できます。
名称 吹田市立やすらぎ苑
所在地 吹田市吹東町17-1
アクセス JR吹田駅から1,2km、徒歩15分、阪急電鉄相川駅から0,9km、徒歩13分
・特徴
火葬炉があるので、直葬(火葬式)を行うことが可能です。宗教・宗派を問わず利用できます。
吹田市による運営です。
市営斎場なので、係員へ心づけ(チップ)は渡してはいけません。(吹田市の広報より)
吹田市では市管理の墓地(川面墓地)があります。
只、吹田市には市営の葬儀式場はありません。
吹田市内に於いて、葬儀に関する問い合わせは地域環境課です。
又、葬儀を行った後も色々な手続きがありますので、吹田市役所に問い合わせが必要です。
吹田市役所地域環境課
〒564-8550
吹田市泉町1丁目3番40号

吹田市規格葬儀

吹田市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。
以前(平成29年6月末まで)は市営葬儀がありましたが、規格葬儀(平成29年7月から)が始まることによって市営葬儀は廃止になりました。
規格葬儀
規格葬儀とは、手続きの簡略化及び「簡素にして厳粛な葬儀」を提供するため、平成29年7月より規格葬儀制度が実施されました。
これは、吹田市が定める規格・料金に従い、市が指定する永年の経験を有する葬儀業者の協力により行うものです。
葬儀の申し込みについては、吹田市指定業者へ直接お申付けください。
なお、規格葬儀実施に伴い、現行の吹田市営葬儀制度は平成6月をもって廃止します。
規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)、又は死亡者が吹田市民であり、吹田市内で葬儀を執り行う方
問い合わせ先
〒564-8550大阪府吹田市泉町1丁目3番40号地 域環境課 
吹田市の火葬場(斎場)
吹田市の葬儀⇒吹田市|吹田市規格葬儀について

吹田市の火葬場(やすらぎ苑)

施設案内
吹田市立 やすらぎ苑は、収骨室と待合室を備えた公営の火葬場です。
吹田市民の方はもちろん、吹田市外の方でもご利用いただけます(ご利用料金は異なります)。
収骨室は、火葬前の故人とお別れする場としてご利用いただけます。
又、個室待合室につきましては、火葬をしている間の最大3時間まで無料でご使用いただくことができます。
施設概要
所在地・・・大阪府吹田市吹東町17番1号
電話番号・・06-6381-1689
開園時間・・9:00~18:30
休苑日・・・1月1日
主な施設・・エントランスホール、炉前ホール、収骨室3室、待合ホール、待合室(個室)2室
駐車台数・・30台(乗用車23台、身障者用1台、マイクロバス6台)

死亡届

届け出期間
死亡の事実を知った日から7日以内
必要なもの
・死亡届:医師記入済みの死亡診断書(死体検案書)を含む
・印鑑
※注意
・死亡届出用紙と死亡診断書(死体検案書)は一体になっています。切り離さずに届出してください。
・届出には、医師の死亡診断書(死体検案書)が必要です。
届出人
・死亡した方と同居していた親族
・死亡した方の同居人
・家屋管理人など
※届出義務者(上記の方)がいない場合は、同居していない親族も届出することができます。

身内が亡くなって行うこと

身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)
吹田市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

吹田市の概況

吹田市の位置面積
吹田市は大阪府の北部に位置し、南は神崎川を隔て大阪市に、北は箕面市・茨木市に、東は摂津市に、西は豊中市に隣接しています。
千里ニュータウンを擁する市域北部は、樹枝状浸食谷の発達した標高20mから115mのなだらかな丘陵となっており、南部は安威川・神崎川・淀川のつくる標高10mほどの沖積低地です。気候は温暖で、面積は36.09㎢です。
吹田市の人口推移
 市の人口は約37万人、大阪府内33市では6番目に人口の多い都市です。