豊中市の規格葬儀

豊中市には規格葬儀があります。
規格葬儀の定義は、豊中市が定める規格や料金に従い、豊中市が指定した葬儀社が執り行う低廉かつ厳粛な葬儀となっています。
規格葬儀を利用できるのは、喪主又は死亡者が豊中市民で、豊中市内で葬儀を執り行う方となっています。

豊中市の規格葬儀の趣旨

故人を偲ぶ

簡易な葬儀ででも、「故人を偲んで頂きたい」という思い!!

豊中市では市民の為に、規格葬儀を設けています。
趣旨的には、今日、直葬というお葬式形態も増えていることから、出来るだけ故人を偲んで送ってあげれば、という趣旨から設けたものだそうです。
ですから、料金的には低料金葬儀にはなっていると思います。
只、この規格葬儀の料金設定は、簡単な葬儀、つまり1日葬ででも送ってあげればという料金設定になっております。
祭壇はあるもののお花はないということです。
簡単な葬儀であっても、少しでも故人を偲んだお葬式をされればという思いの料金のようです。

追加料金が必要!!

追加料金

豊中市の規格葬儀内容

豊中市の規格葬儀・ホームページには、
規格葬儀内容に「含まれていないもの」として『遺影写真』『霊きゅう車・寝台車』『僧侶謝礼』『粗供養費』『飲食費』『式場使用料』等となっています。
又、お申し込みにあたり、規格葬儀利用料金以外にも別途、費用(オプション料金)が必要となる場合がありますので、必ず、事前に見積り内容を十分に確認した上で、お申し込みください。
と記載されています。
※ 参考
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

お花のある葬儀を望むならば、追加料金が必要!!

豊中市の規格葬儀は、祭壇はあるもののご遺体を安置し、お参りが出来る程度の内容とのことでした。
お花は無く、オプションになっているとのことでした。
つまり、追加料金が必要なのです。
その他、病院で亡くなられた場合の安置場所へのご遺体搬送も、オプションで追加料金が必要とのことです。

規格葬儀申し込みに際し、見積書を取ること

必ず、見積書を取る

豊中市の規格葬儀には、必ず見積書を取って下さい、となっています。
これは、規格葬儀には『遺影写真』『霊きゅう車・寝台車』
『僧侶謝礼』『粗供養費』『飲食費』『式場使用料』が、含まれていないからです。
規格葬儀を利用した場合、オプションが多いからだと思います。
オプションつまり、追加料金ということです。
オプションの良いところや悪いところはあると思いますが、オプションは、自分が思っていた以上に金額が張ると思います。
ですから、豊中市の規格葬儀には必ず、見積書を取るよう注意書きがされていると思います。

規格葬儀には、僧侶のお経は無い!!

豊中市の規格葬儀には、僧侶の読経(お経)は付いていません。
オプションです。
つまり、僧侶の読経(お経)は、別申し込みとなるのです。
規格葬儀でなくとも、元々、僧侶の読経は別依頼なのです。
あまり経験しないお葬式ですから、ついつい葬儀と一緒に葬儀社に依頼してしまいますが、明瞭な葬儀費用とするためにも、「葬儀は葬儀社に」「僧侶の読経は僧侶に」、申し込むのが最良の方法です。

オプションが多ければ多いほど、相談が必要!!

元警察官現僧侶 に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757