低料金・低価格の葬儀サポート
お坊さんの読経葬儀
「伊丹市で直葬(釜前葬)」の葬儀
お布施が、格安(2万5千円~)の
「良心のお葬式」へ


✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

近年、直葬(釜前葬)の葬儀が増加傾向にありますが、直葬(釜前葬)の葬儀にあっても、枕経或は、火葬場でのお坊さんの読経である「お坊さんの読経葬儀」で執り行いましょう。

伊丹市での「直葬」の葬儀

直葬の流れ
直葬は、ご遺体を24時間安置した後、葬儀・告別式を行わず火葬に付す葬儀方法です。

死亡→搬送→安置→火葬

① 近年は大半の方が病院で亡くなれらると思います。
② 亡くなられた後、葬儀式場或はご自宅へご遺体を搬送します。
③ ご遺体搬送後、安置します。
④ 葬儀式などを行わず、火葬場に於いて火葬に付します。

葬儀(釜前葬)お坊さんの読経

日本は昔から、僧侶のお経で故人を送っていました。
又、直葬にあっても、火葬に付す直前にお坊さんの読経(釜前葬という)を行ってはどうでしょう。

私達は昔から、お経をあげての葬儀

読経申し込みは「良心のお葬式」へ

伊丹市の地域
伊丹市は、兵庫県と大阪府の府県境に位置し、清酒発祥の地や日本最古の惣構を有するなど、古くから歴史・文化の発展とともに栄えてきました。
又、市の東部には、関西の基幹空港である「大阪国際空港(伊丹空港)が位置しており、交通と交流の要所として重要な役割を果たしています。
地 勢
伊丹市は、兵庫県阪神地域の南東部に位置し、神戸市から約20km、大阪市から約 10km の圏域にあり、尼崎市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪府池田市および豊中市に接していす。
東西は約 7km、南北は 6.5km、面積は25.09k ㎡で、県内 29 市 12 町の中で 4 番目に小さな市域となっています。
地形は、おおむね平坦で北から南に緩やかに傾斜し、市域には猪名川、武庫川が南流しています。
鉄道は、JR福知山線(伊丹・北伊丹の 2 駅)と、阪急神戸線の支線である阪急伊丹線(伊丹・新伊丹・稲野の 3 駅)があり、大阪・神戸および阪神地域の諸都市を結んでいます。
道路は、都市計画道路西国街道線(国道 171 号)が市の中央部を東西に横断しています。
中国自動車道と山陽新幹線が市域の北と南を東西に通過し、東には大阪国際空港が立地しています。
歴 史
伊丹の歴史は古く、遣跡や出土品から縄文時代中期には既に人々が生活していたことが知られています。
伊丹市の葬儀は、市が規格葬儀を設けています。
伊丹市の葬儀広報⇒規格葬儀について/伊丹市

色々な葬儀名称

葬儀方法は色々な方法があります。
大原則は、一般葬1日葬、直葬の方法です。
直葬に於いて、火葬に付す直前にお坊さんに読経を行ってもらうのが釜前葬と言います。
この釜前葬のお経は、浄土真宗でのお経が多いと思います。
その他、大原則の葬儀方法から、家族葬、密葬、宇宙葬、音楽葬、無宗教葬、ワイン葬、シンプル葬、仏式葬儀、浄土真宗葬儀など色々な呼び名の葬儀があります。

葬儀・家族葬の時の読経・対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・茨木・豊中~大阪などの地域に於いて対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

葬儀費用を抑える時代-葬儀を安く

   →    

お葬式を安くー 葬儀費用を抑える

近年は、葬儀費用が安くなってきたと言われています。
確かに、高度経済成長期頃は、立派な葬儀会館を借りて、祭壇も立派なものにして、お葬式を豪華に、知名人は派手なお葬式にしていたと思います。
この頃から比べれば、確かに葬儀費用は安くなったと思います。
しかし、まだまだ庶民には葬儀費用は高額なものです。
近年は、核家族化・親戚縁者との希薄化の時代ですから、葬儀自体に参列される方は少人数です。
ですが、この葬儀参列者の人員に比べて、葬儀費用はまだまだ高額のままという感があります。

葬儀をいかに、安く執り行うか

私達は、葬儀費用を出来るだけ安く、そして良いお葬式を、と願うものです。
その為には、下記の事を行っていけばと思います。
1 自分が販売者になればどうするか?を考えて購入
誰しも、お金は使いたくないものです。
「出来るだけ安くあげよう」と思うのは誰しも同じです。
葬儀費用も同じで、誰しも安く行いたいと思います。
身内の者が亡くなった場合、「費用を安く」と思って、葬儀費用の安い葬儀社を探すことになります。
この場合、只々、値段が安いということで葬儀社を探せば、失敗しかねないと思います。
例えば、
私たちが物を販売しようとした場合、皆さんに購買力を促すために、皆が飛びついてくるような商品を目玉として宣伝すると思います。
そして、その目玉商品から、さらに高額な商品を買ってもらうように誘導し、販売を高めようとすると思います。
葬儀を依頼するということは、この逆の立場なのです。
売る側は、出来るだけ高く売りたい、購入者は、出来るだけ安く買いたい。
この心理を、まず理解することが大切だと思います。
むやみやたらに、値段の安いものを、と思って購入すれば、粗悪なものを掴まされかねません。
2 普段から、葬儀関係の知識を得ておく
私達は物を購入する場合、欲しいものほど購入物品について調べます。
店に行ってパンフレットを貰ったり、パソコンなどメデァを使用して詳細に調べると思います。
ですが、お葬式は突然な事案ですから、そうもいかないと思います。
ですから、パンフレットを貰いに行ったり、の余裕はないでしょう。
ゆっくりと調べることも、なかなか出来ないと思います。
ですから、終活、或は遺産相続、又は遺言書作成の時などに葬儀知識を少し入れておけば、いざとなった時には役立つと思います。
近親者に高齢者などの方がおられれば、いざという時に備えて、葬儀に関心を持っておくべきでしょう。
3 身内が亡くなれば、即、葬儀の無料相談を
身内が亡くなれば、誰しも慌ててしまうものです。
そして、お葬式のことを考えると思います。
この時に慌てないことです。
どのような葬儀を執り行うかと考えた際に、「即、頭に浮かんだ葬儀社」に連絡するのではなく、良心的・中立的な立場の葬儀相談どころに相談することです。

近年、葬儀形態が変化
大きなお葬式から

こじんまりとしたお葬式へ
(家族葬)

高齢化社会のため、葬儀業界は一大産業
現代は、日本人口の約三分の一は65歳以上の人となっている高齢化社会です。そのため、葬儀業界では一大産業となっております。
只、現代の日本社会は核家族化・近隣との疎遠化などから一昔のように葬儀(お葬式)にはお金をかけ亡くなってきております。そのような社会状況から、葬儀業界では色々な葬儀が出現してきております。

火葬場が混んでいる場合

近隣市町村の火葬場を利用

伊丹市火葬場が混んでいる場合、
西宮市又は尼崎市を利用

近年は高齢者社会となって、死亡される方も相当数になっております。
時期によっても違いがありますが、火葬に付すにあたって火葬場が混んでいて、火葬にかなりの日数がかかる場合があります(1週間前後の火葬場待ち等)。
このような場合、近隣市町村で火葬を考えればいいと思います。