お布施(2万5千円~)が、格安の
良心のお葬式
豊中市・お坊さんの読経葬儀
「低料金葬儀」


低料金・低価格・安心の葬儀サポート
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

近年は、宗教離れから、お坊さんの読経葬儀で葬儀をされない方もいます。
故人をあの世に送り、遺族の心の痛みを癒すためにも、お坊さんの読経葬儀で葬儀を執り行いましょう。

葬儀の時、お坊さんのお経

元警察官・現僧侶が顧問の市民サポートセンター「良心のお葬式」にご連絡下さい。

低料金の葬儀

近年の葬儀は、お金をかけないようになってきております。
核家族化、親戚縁者・地域近隣との疎遠化などから、「少人数の小さな葬儀」が、主となっています。
確かに、参列者が少なければ、大きな立派な祭壇、大葬儀式場は不要です。
祭壇、葬儀式場は高額なものですから、高額なものを抑えれば低料金葬儀が行えると思います。

豊中市の葬儀

豊中市が行っている概略

豊中市役所の葬儀取り組み
豊中市は、規格葬儀を行っています。
規格葬儀とは、豊中市が定める規格や料金に従い、豊中市が指定した葬儀業者が執り行う低廉かつ簡素で厳粛な葬儀です。
斎場(火葬場)は1ヶ所あります。
葬儀式場は、斎場(火葬場)への併設や市の葬儀式場はありません。
市の管理する墓園はあります。
又、葬祭費の支給があります。
葬儀に際しては、色々な手続きなどがありますので市への問い合わせは必ず必要です。
豊中市役所
〒561-8501豊中市中桜塚3丁目1番1号
豊中市の葬儀広報⇒規格葬儀 豊中市
豊中市の人口・世帯数
令和4年(2022年)2月1日現在の推計人口および世帯数
世帯数:177,933世帯
人口:400,741人
豊中市の地形
西6キロメートル、南北10.3キロメートル
面積36.6平方キロメートル(全域市街化区域)
海抜0から133.7メートル
身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)
豊中市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

≪ 死亡に伴う市役所でのお手続き ≫

手続きが必要な対象者手続き必要なもの
住民登録
世帯主が亡くなり、
残った世帯員のうち
15歳以上の人数が
2名以上の世帯

新世帯主の届出

手続きする方の本人確認書類
代理人の場合は委任状
年金
国民年金に加入中
または
受給している方
各種給付などの
請求または届出
保険・介護
国民健康保険に加入している方
または
国民健康保険に加入している方の
居る世帯の方

保険証及び各種
認定証の返還

・亡くなった方の被保険者証
・亡くなった方の各種認定証
・手続きする方の本人確認書類
※加入の世帯主(納付義務者)が
 亡くなった場合は、その世帯の
 加入者の被保険者証も必要
保険・介護
後期高齢者医療保険に加入してい
る方

保険証及び各種
認定証の返還

・亡くなった方の被保険者証
・亡くなった方の各種認定証
・手続きする方の本人確認書類
保険・介護
65歳以上の方
または
介護認定を受けている方

介護保険被保険
者証等の返還

・亡くなった方の介護保険証
・亡くなった方の介護保険負担
 割合証
・手続きする方の本人確認書類
保険・介護
要介護認定申請中の方

介護認定申請
取下げ
保険・介護
国民健康保険に加入している方

葬祭費支給申請

・葬儀の領収書(宛名フルネーム)
・領収書宛名人の振込先口座が
 わかるもの
・亡くなった方の被保険者証
 (返還済みの場合は不要)
※高額療養費に該当し、振込不能に
 なれば後日、口座変更届を郵送
保険・介護
指定難病の医療受給者証を
お持ちの方

医療受給者証
の返還
保険・介護
被爆者健康手帳をお持ちの方

被爆者手帳
の返還

豊中市の規格葬儀

豊中市の規格葬儀
規格葬儀とは、豊中市が定める規格や料金に従い、豊中市が指定した葬儀業者が執り行う低廉かつ簡素で厳粛な葬儀です。
規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)又は死亡者が豊中市民で、豊中市内で葬儀を執り行う方
規格葬儀の内容
・納棺等遺体の取扱い
・棺箱等の葬祭用品の供給
・祭壇等の飾り付けおよび式事の執行
・火葬の執行
規格葬儀の料金
・標準葬

人別規格内容火葬料合計
大人192,170円10,000円202,170円
小人188,870円8,000円196,870円

・略式葬

人別規格内容火葬料合計
大人98,560円5,000円103,560円
小人75,460円4,000円79,460円

・オプション

品目数量単価
ドライアイス1日分~8,800円
寝台車(10㎞以)1台~19,800円
遺影写真引き伸ばし(額付きカラー)1式~27,500円

注1、規格内容には、『遺影写真』『霊きゅう車・寝台車』『僧侶謝礼』『粗供養費』『飲食費』『式場使用料』等は含まれていません。
注2、料金は、豊中市規格葬儀取扱店に直接納入してください。
注3、小人とは、12歳未満の方をいいます。
注4、葬儀のうち、一部使用しない場合でも減額はできません。
注5、お申し込みにあたり、規格葬儀利用料金以外にも別途、費用が必要となる場合がありますので、必ず事前に見積り内容を十分に確認した上で、お申し込みください。

豊中市の火葬場(斎場)

葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。
法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。
どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間、どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。
豊中市の火葬場(斎場)
名称:豊中市立火葬場
所在地:豊中市新千里南町2丁目6番3号
アクセス 北急行電鉄桃山台駅から700m、車で1分
身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)
豊中市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

お亡くなりになった時(死亡届)

概要
ご親族等が亡くなったときに提出していただく届出です。
死亡届を提出されると、埋火葬許可証が発行されます。
外国籍の方であっても、日本国内で死亡された場合は届出が必要です。
※死亡届は葬儀業者の方が提出される場合が多く、ご葬儀がお済みになっていれば、手続きは終了しています。
届出人
【届け出義務者】
同居の親族
・同居の親族以外の同居者
・家主・地主・家屋管理人・土地管理人
【届出資格者】届出義務はないが、届出をすることが認められている者
同居していない親族
・後見人・保佐人・補助人・任意後見人・任意後見受任者
届出地
死亡者の本籍地・死亡地・届出人の所在地のいずれかの市区町村
届け出期間
死亡の事実を知った日から7日以内
注)国外で亡くなった場合は、死亡の事実を知った日から3か月以内に届出してください。
必要なもの
死亡届
※届書は病院等に置いています。
※届書は右側が死亡診断書(死体検案書)であり、医師が記載したものが病院等から発行されます。
・届出人が後見人・保佐人・補助人・任意後見人・任意後見受任者の場合は、その資格を証明する登記事項証明書又は裁判所の謄本
注意事項
・届出前に火葬場の予約をしてください。
・世帯主が亡くなった場合は、新世帯主の届出の手続きが必要となる場合があります。
・死亡に伴い、印鑑登録証は自動的に無効となります。
・死亡に伴い、国民健康保険・介護保険・国民年金等についても、手続きが必要となる場合があります。

市役所での手続き案内

おくやみハンドブック(市発行)

ご家族がお亡くなりになると市役所でのお手続き(保険や年金など)が必要となります。
これらの主なお手続きを『おくやみハンドブック』にまとめましたのでご活用ください。
●死亡に伴う手続きについて、お亡くなりになった方が下記の事項に該当する場合は、担当課等にてお手続きが必要になります。
●亡くなられた方の住所が豊中市以外の場合は、住所地でお手続きが必要になるため、お手続きについては住所地の市区町村におたずねください。
●亡くなられた方の状況により、この他にもお手続きが必要になる場合があります。
≪市役所でのお手続き≫
住民登録

手続きが必要な対象者手続き必要なもの

世帯主が亡くなり、残った世帯員のうち15歳以上の人数が2名以上の世帯
新世帯主の届出手続きする方の本人確認書類
代理人の場合は委任状


年金

国民年金に加入中又は受給している方
※厚生年金(共済年金)
各種給付などの請求または届出保険資格課 国民年金係お問い合わせ

保険・介護

国民健康保険に加入している方又は国民健康保険に加入している方の居る世帯の方保険証及び各種認定証の返還・亡くなった方の被保険者証
・亡くなった方の各種認定証
・手続きする方の本人確認書類
※加入の世帯主(納付義務者)が亡くなった場合は、その世帯の加入者の被保険者証も必要
後期高齢者医療保険に加入している方保険証及び各種認定証の返還・亡くなった方の被保険者証
・亡くなった方の各種認定証
・手続きする方の本人確認書類
65歳以上の方または介護認定を受けている方介護保険被保険者証等の返還・亡くなった方の介護保険証
・亡くなった方の介護保険負担割合証
・手続きする方の本人確認書類
要介護認定申請中の方介護認定申請取下げ長寿安心課 介護認定係へお問い合わせください。
国民健康保険に加入している方葬祭費支給申請・埋火葬許可証または葬儀の領収証
・喪主の振込先口座がわかるもの
・亡くなった方の被保険者証
(返還済みの場合は不要)
後期高齢者医療保険に加入している方葬祭費支給申請・葬儀の領収書
(宛名フルネーム)
・領収書宛名人の振込先口座がわかるもの
・亡くなった方の被保険者証
(返還済みの場合は不要)
※高額療養費に該当し、振込不能になれば後日、口座変更届を郵送
指定難病の医療受給者証をお持ちの方医療受給者証の返還保健予防課 事業推進係お問い合わせください。
被爆者健康手帳をお持ちの方被爆者手帳の返還保健予防課 事業推進係へお問い合わせください。

市・府民税が課税されている方市・府民税関する相続人代表者の届出・相続人代表となる方の本人確認書類
原動機付自転車(125㏄以下)等の車両を所有している方名義変更または廃車の届出・ナンバープレート
・標識交付証明書または異動手続の案内書類
・相続人の本人確認書類
市民税課 諸税係第一庁舎2階 税総合窓口
固定資産をお持ちの方現所有者の申告・相続人代表となる方の本人確認書類
・市外、同居していない場合は戸籍謄本のし、本人確認書類等
未登記家屋をお持ちの方未登記家屋の名義変更固定資産税課 課税総括係お問い合わせください。
市・府民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)を口座振替により納付している方
(納税義務者・納税管理人・相続人代表者等)
口座振替の解約または変更税務管理課 管理係へお問い合わせください。

障害

身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳をお持ちの方手帳返還・亡くなった方の手帳
大阪府障害者扶養共済制度に加入している心身障害者の保護者が亡くなったとき年金給付請求・死亡診断書
・加入者が除かれた住民票(除票)
・障害者及び年金管理者の住民票
・年金加入証書
大阪府障害者扶養共済制度に加入している心身障害者が亡くなったとき弔慰金請求・加入者の住民票
・障害者が除かれた住民票(除票)
・年金加入証書
・加入者の振込先口座がわかるもの
大阪府障害者扶養共済制度に加入している扶養共済年金受給者が亡くなったとき扶養共済年金受給者の変更・年金受給者が除かれた住民票
 (除票)
・年金加入証書
特別障害者手当を受給している方死亡届・受給者と生計を同じくしていた配偶者、子等の名義の銀行通帳(未払い分の手当が発生しているとき)
・未払い金受給者の本人確認書類代理人の場合は委任状
特別児童扶養手当を受給している方資格喪失届または
死亡届
・特別児童扶養手当証書
(ピンク色の紙)
・両親の一方が死亡した場合は戸籍謄本、新受給者名義の銀行通帳、未支払分の手当が発生しているときは子の銀行通帳
・新受給者の本人確認書類代理人の場合は委任状
受給者証(障害福祉サービス、地域相談支援)をお持ちの方受給者証返還・亡くなった方の受給者証
障害者紙おむつの給付を受けている方紙おむつ支給券の返還・未使用の紙おむつ支給券
緊急通報置福祉電話の貸与がある方緊急通報装置、福祉電話の撤去・返還なし

子供

受給者証(障害児通所支援)をお持ちの方受給者証返還・亡くなった方の受給者証
児童手当支給対象の児童の方受給事由消滅または額改定(減額)なし
児童手当を受給している方・受給事由消滅
・未支払手当請求
・新規認定請求
・次の受給者の口座番号
子ども医療費助成を受給している方医療証の返還・亡くなった方の子ども医療証
子ども医療費助成を受給している方の保護者の方世帯員の変更なし
児童扶養手当支給対象の児童の方資格喪失または額改定
(減額)
なし
児童扶養手当を受給している方・死亡届兼未支払手当請求
・新規認定請求
子育て給付課 家庭給付係へお問い合わせください。
ひとり親家庭等医療費助成を受給している方医療証の返還・亡くなった方のひとり親家庭医療証
認可保育施設・公立こども園在園児の保護者の方支給認定申請なし
小・中学校在学児童・生徒の保護者の方
(保護者が不在になる場合のみ)
保護者代理申請・次に保護者となる方の本人確認書類
就学援助申請者の方就学援助変更申請・次に保護者となる方の本人確認書類
豊中市奨学費貸付申請者
(高等学校などに在学の子)の保護者の方
(保護者が不在になる場合のみ)
豊中市奨学費変更申請・次に保護者となる方の印鑑
・3か月以内に発行された印鑑登録証明書

市営住宅

契約者が亡くなり、引き続き市営住宅に入居される同居親族市営住宅入居承継承認
※入居の承継には条件があります。
市営住宅募集・管理センターへお問い合わせください。
契約者が亡くなり、市営住宅を退去される方市営住宅返還市営住宅募集・管理センターへお問い合わせください。
市営住宅に入居の同居親族が亡くなった方市営住宅同居者異動届市営住宅募集・管理センターへお問い合わせください。

上下水道

水道料金及び下水道使用料をお支払いされている方水道使用中止届または使用者名義及び支払い方法の変更上下水道局お客さまセンター窓口課へお問い合わせください。
下水道に接続されており、井戸水を使用している世帯世帯人数の変更上下水道局お客さまセンター窓口課へお問い合わせください。
下水道事業受益者負担金を納付中または猶予中の方受益者の変更上下水道局お客さまセンター給排水サービス課へお問い合わせください。

ごみ

亡くなられた方のごみの処理(収集)をされる親族の方ごみ処理の申込(有料)臨時ごみとして粗大ごみ受付センター
へ申込み
亡くなられた方のごみの処理(持込)をされる親族の方ごみ処理の申込
※持込は事前予
約制
(日時指定あり)、
有料
豊中市伊丹市クリーンランド再資源・搬入課 搬入指導係ヘお問い合わせください。

その他

浄化槽を使用している方使用者変更または廃止衛生管理課 生活衛生係
豊中市保健所 1階 5番窓口へお問い合わせください。
犬を所有している方所有者の変更衛生管理課 食品衛生係
豊中市保健所1階 4番窓口へお問い合わせください。
農地を相続された方農地を相続したことの届出・土地登記の全部事項証明書
森林を相続された方森林を相続したことの届出・土地登記の全部事項証明書

豊中市の情勢

市名のいわれ
明治維新を迎え、廃藩置県後、明治22年(1889年)に摂津国豊島郡新免村、南轟木村、山上村、桜塚村、岡町村の5か村を合併して豊中村が置かれました。
「豊中」の地名が生まれたのはこのときで、豊島郡の中央にあたるところから名付けたと伝えられています。
豊中市の位置
豊中市は、大阪府の中央部の北側、神崎川を隔て大阪市の北に位置し、東は吹田市、西は尼崎市、伊丹市、北は池田市、箕面市に接しています。
地形は、北東の千里山丘陵部、中央の豊中台地、西・南の低地部とからなっています。
千里山丘陵は、箕面山脈の断層崖下に半円形状に南に開き、海抜134メートルの新千里北町から大阪湾に向かってゆるく傾斜しています。
気候は四季を通じて温和で、雨量も少ない瀬戸内式気候です。
豊中市の歴史
豊中台地は古くから開発され、先史時代の遺跡や、桜塚をはじめ古墳がたくさん分布しています。
前面に低地をひかえた水の得やすい洪積台地の末端は、自然発生的な集落地に選ばれ、海抜10メートル以下の低地が水田地帯へ発展したのは弥生時代後期以降のことです。
刀根山(海抜48メートル)丘陵南端の大阪層群の地層から大きな象の牙の化石が1本出土し、日本がアジア大陸と地続きだった第2間氷期から第3間氷期にかけて、南方地域から哺乳動物とともに、人類も移住したことが知られていますが、豊中市域に人間が住み始めたのは石器を使った旧石器時代とされています。
しかし、その遺跡も数か所に過ぎません。
紀元前4世紀から3世紀に大陸から伝わった金属器を伴う農耕文化はこの地方にも及び、急速に発展し人口も増え、多数の集落ができました。
それは、共同体の象徴として作られた銅鐸が、桜塚の原田神社旧境内から発見されたことでうかがえます。
銅鏡を副葬した前期の待兼山古墳、北摂の古墳文化の隆盛を物語る大規模な中期桜塚古墳群、また、日本最大の規模をもつ堺市旧陶邑につぐ須恵器の窯跡が、旧桜井谷村を中心に、後期古墳群とともに分布しているのは、古代にこの地方がよく開発されていたことを物語っています。
豊中村の誕生
明治維新を迎え、廃藩置県後、村々の行政機構は改革され、数次にわたる行政区画の編成替えなどが行われました。
明治22年(1889年)4月、地方自治制がしかれ、摂津国豊島郡新免村、南轟木村、山ノ上村、桜塚村、岡町村の5か村を合併して豊中村が置かれました。
「豊中」の地名が生まれたのはこのときで、豊島郡の中央にあたることから名付けたと伝えられています。
明治29年(1896年)4月、豊島郡と能勢郡が合併し豊能郡になったので、豊中村も豊能郡豊中村となりました。
豊中町制・豊中市制施行
明治43年(1910年)3月、阪急電鉄宝塚線の前身箕面有馬電気軌道が開通し、沿線は住宅地として開けはじめました。
市内の駅は、はじめ服部・岡町の二つでしたが、開通の翌月蛍池ができ、町の発展にともない明治45年(1912年)5月曽根、大正2年(1913年)10月豊中、昭和26年(1951)5月庄内と相ついで増え、現在の6駅になり、市街は駅を中心に次第に発展していきました。
大阪市に近い地の利と、起伏に富んだ丘陵地帯は、早くから絶好の住宅地として選ばれ、文教都市の名声が高まるにつれ、人口は急激に増え市街地も大きく広がりました。
戦後の発展はことにめざましく、公営、私営の住宅が建ち並び、学校・道路・上下水道等都市施設の整備充実、千里丘陵のニュータウン建設、名神高速道路、阪神高速道路、新御堂筋、中央環状線等の開通とも相まって、市勢は急速に発展を遂げています。

色々な葬儀名称

葬儀方法は色々な方法があります。
大原則は、一般葬、1日葬、直葬の方法です。
直葬に於いて、火葬に付す直前にお坊さんに読経を行ってもらうのが釜前葬と言います。
この釜前葬のお経は、浄土真宗でのお経が多いと思います。
その他、大原則の葬儀方法から、家族葬、密葬、宇宙葬、音楽葬、無宗教葬、ワイン葬、シンプル葬、仏式葬儀、浄土真宗葬儀など色々な呼び名の葬儀があります。
近年の豊中市の葬儀状況を知ることは大切です。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。

葬儀費用を抑える時代-葬儀を安く

   →    

お葬式を安くー 葬儀費用を抑える

近年は、葬儀費用が安くなってきたと言われています。
確かに、高度経済成長期頃は、立派な葬儀会館を借りて、祭壇も立派なものにして、お葬式を豪華に、知名人は派手なお葬式にしていたと思います。
この頃から比べれば、確かに葬儀費用は安くなったと思います。
しかし、まだまだ庶民には葬儀費用は高額なものです。
近年は、核家族化・親戚縁者との希薄化の時代ですから、葬儀自体に参列される方は少人数です。
ですが、この葬儀参列者の人員に比べて、葬儀費用はまだまだ高額のままという感があります。

葬儀をいかに、安く執り行うか

私達は、葬儀費用を出来るだけ安く、そして良いお葬式を、と願うものです。
その為には、下記の事を行っていけばと思います。
1 自分が販売者になればどうするか?を考えて購入
誰しも、お金は使いたくないものです。
「出来るだけ安くあげよう」と思うのは誰しも同じです。
葬儀費用も同じで、誰しも安く行いたいと思います。
身内の者が亡くなった場合、「費用を安く」と思って、葬儀費用の安い葬儀社を探すことになります。
この場合、只々、値段が安いということで葬儀社を探せば、失敗しかねないと思います。
例えば、
私たちが物を販売しようとした場合、皆さんに購買力を促すために、皆が飛びついてくるような商品を目玉として宣伝すると思います。
そして、その目玉商品から、さらに高額な商品を買ってもらうように誘導し、販売を高めようとすると思います。
葬儀を依頼するということは、この逆の立場なのです。
売る側は、出来るだけ高く売りたい、購入者は、出来るだけ安く買いたい。
この心理を、まず理解することが大切だと思います。
むやみやたらに、値段の安いものを、と思って購入すれば、粗悪なものを掴まされかねません。
2 普段から、葬儀関係の知識を得ておく
私達は物を購入する場合、欲しいものほど購入物品について調べます。
店に行ってパンフレットを貰ったり、パソコンなどメデァを使用して詳細に調べると思います。
ですが、お葬式は突然な事案ですから、そうもいかないと思います。
ですから、パンフレットを貰いに行ったり、の余裕はないでしょう。
ゆっくりと調べることも、なかなか出来ないと思います。
ですから、終活、或は遺産相続、又は遺言書作成の時などに葬儀知識を少し入れておけば、いざとなった時には役立つと思います。
近親者に高齢者などの方がおられれば、いざという時に備えて、葬儀に関心を持っておくべきでしょう。
3 身内が亡くなれば、即、葬儀の無料相談を
身内が亡くなれば、誰しも慌ててしまうものです。
そして、お葬式のことを考えると思います。
この時に慌てないことです。
どのような葬儀を執り行うかと考えた際に、「即、頭に浮かんだ葬儀社」に連絡するのではなく、良心的・中立的な立場の葬儀相談どころに相談することです。

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)


元警察官現僧侶に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
元警察官で現僧侶を顧問として迎え皆様の相談に応じています。
葬儀(お葬式)は、殆どの方が事前に用意される方は少ないと思います。
身内の方が亡くなった場合、どうしても動揺してしまい、「直ぐ、葬儀社に連絡!!」となってしまうようです。
後々、後悔される方もおられます。
お葬式となった場合、絶対、葬儀社依頼前に無料の事前相談を行って下さい。

近年、葬儀形態が変化
大きなお葬式から

こじんまりとしたお葬式へ
(家族葬)

高齢化社会のため、葬儀業界は一大産業
現代は、日本人口の約三分の一は65歳以上の人となっている高齢化社会です。そのため、葬儀業界では一大産業となっております。
只、現代の日本社会は核家族化・近隣との疎遠化などから一昔のように葬儀(お葬式)にはお金をかけ亡くなってきております。そのような社会状況から、葬儀業界では色々な葬儀が出現してきております。

火葬場が混んでいる場合

近隣市町村の火葬場を利用


火葬を考える
近年は高齢者社会となって、死亡される方も相当数になっております。
時期によっても違いがありますが、火葬に付すにあたって火葬場が混んでいて、火葬にかなりの日数がかかる場合があります(1週間前後の火葬場待ち等)。
このような場合、近隣市町村で火葬を考えればいいと思います。
豊中市は、大阪府の中央部の北側、神崎川を隔て大阪市の北に位置し、東は吹田市、西は尼崎市、伊丹市、北は池田市、箕面市に接しています。