低料金・低価格・安心の葬儀サポート
お坊さんの読経葬儀

「摂津市での小規模葬儀」
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

近年は、核家族化・コロナ感染症の関係から小規模葬儀となっております。
小規模葬儀にあっても、お坊さんの読経(お経)によるお坊さん読経葬儀を行いましょう。

摂津市で小規模葬儀

現代のお葬式は、核家族化・親戚縁者の疎遠化・地域住民との希薄化そして、コロナ感染症の影響によって「小規模化」しております。
摂津市にあっても、小規模葬儀が大半となってきております。
摂津市の葬儀⇒葬儀・葬儀会館・斎場/摂津市

お葬式・小さく(小規模葬儀)

葬儀・お葬式とは?
葬儀・お葬式とは、遺族、友人・知人が故人を偲び、あの世に送るための儀式です。
葬儀は、葬儀・告別式などと言われていますが、本来は葬儀式と告別式は別のものでした。
現代は、葬儀式と告別式の区別が亡くなり、火葬も近親者のみの少人数で行うようになってきました。

現代のお葬式は、時代の流れに合わせて小さく!!

お葬式は小さく

お葬式は小さく(小規模葬儀)
近年、核家族化・親戚縁者の稀薄化・近隣者との疎遠化などから、お葬式は出来るだけお金をかけない、葬儀費用を抑えた小さな少人数のお葬式となっています。
家族葬というお葬式形態です。
「お葬式は小さく」こじんまりとまとまった心に残るお葬式を行えばいいと思います。

お金をかけない

お金をかけないお葬式
近年、お葬式にはお金をかけない少予算でのお葬式が言われています。
近年は、核家族化やお金の使い道が一昔前と違い、お葬式にはお金をかけなくなっています。
お葬式はご遺族の、「故人を送ってあげる」という気持ちが一番大切です。

摂津市の葬儀状況

摂津市は規格葬儀を行っています。
規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施工する葬儀をいいます。
摂津市には、通夜、告別式を行うことが出来る市立葬儀会館があります。
斎場(火葬場)は1カ所あります。
斎場には式場は付いていません。
摂津市には市営墓地もあります。
摂津市の葬儀⇒葬儀・葬儀会館・斎場/摂津市
近年の葬儀は、葬儀方法など色々ありますので、葬儀のサポートセンター「良心のお葬式」に、ご相談・ご連絡下さい。

手続き(死亡届)

届け出期間
亡くなった事実を知った日を含め7日以内
※7日目が土曜・日曜・祝日で市役所が休みの場合は、翌開庁日まで可
※国外で亡くなられた場合は、3か月以内
お葬式を終えられている方は、葬儀業者から提出されていますので、改めて提出する必要はありません。
提出しているかご不明な場合は、依頼した葬儀業者にご確認ください。
届け出先
死亡者の本籍地、死亡したところ、届出人の所在地のうち、いずれかの市区町村役場
届出人
○届出義務者
1.同居の親族
2.同居の親族以外の同居者
3.家主、地主、家屋管理人または土地管理人
○届出資格者
(届出義務はないが、届出することが認められています。)
・同居親族以外の親族
・後見人、保佐人、補助人、任意後見人または任意後見受任者
尚、親族の範囲は、(1)6親等以内の血族、(2)配偶者、(3)3親等以内の姻族になります。
尚、亡くなられた方を「自己」としてご覧ください。
届出に必要なもの
・死亡届書
(医師の死亡診断書または死体検案書が必要)
・届出人が後見人、保佐人、補助人、任意後見人または任意後見受任者の場合は、その資格を証明する証明書類
(後見登記事項証明書、裁判所の謄本、公正証書等)
死亡届後手続きに必要なもの
○ご遺族に持参いただく主な持ち物
手続きの際、手続きに来られた方の本人確認を行っています。
来庁の際は、本人確認ができる書類を必ずお持ちください。
〈本人確認〉
☆お越しいただく方の本人確認書類
・官公署発行の写真付きのものは 1 点
※運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
・写真付きでないものは 2 点
※被保険者証(健康保険・介護保険)、年金手帳など
〈その他必要となるもの〉
・預金通帳またはキャッシュカード
・委任状(戸籍、住民票などを代理人が請求する場合)
・その他担当課から事前に案内があった書類や印鑑など
※火葬がお済みの方は、既に死亡届が市区町村窓口へ提出されています。

身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)

摂津市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

摂津市の現況

摂津市は、大阪平野の北部に位置し、淀川の豊かな自然に育まれ、古くから農耕が盛んなことから、大阪と京都を結ぶ水陸交通の要衝としても重要な役割を担ってきました。
市域は東西6km、南北 5km、面積は 14.88 平方キロメートルで、西は大阪市や吹田市、北は茨木市、東は高槻市、南は淀川をはさんで守口市や寝屋川市と接しております。
人口・世帯数・面積
人口:87,129人、世帯数:40,243世帯
(2022年3月1日)
面積:14,87㎢

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

摂津市は規格葬儀があります。
勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。
只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

摂津及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。

近年の葬儀

近年の葬儀は、各葬儀社が色々な名称で葬儀を行っています。
例えば、家族葬、音楽葬・無宗教葬などです。
葬儀を執り行う者(施主や喪主)は、どう葬儀を行えばと迷いかねません。
その際には、「良心のお葬式」にご相談下さい。