低料金・低価格の葬儀サポート
僧侶読経による摂津市での低料金葬儀
お布施が、格安(2万5千円~)の
「良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀の時、お坊さんのお経

葬儀となった場合、出来るだけ葬儀費用は抑えたいものです。
葬儀のサポート「良心のお葬式」にご連絡下さい。

摂津市の葬儀、葬儀の低料金化

一昔前は、豪華な葬儀

葬儀は時代とともに変遷していくものです。
一昔前までは、弔問外交という時代もあって葬儀にお金をかけていました。

近年の葬儀は、お金をかけない葬儀に移行

近年は、葬儀にお金をかけなくなっています。
又、核家族化・親族間の疎遠化等によって、参列者も少なくなっています。

摂津市の葬儀(低料金葬儀を実現)

低料金葬儀
近年は、核家族化・親族間の疎遠化・近隣住民との希薄化や宗教離れ・仏教離れが相重なって、お金をかけない葬儀となっているのが現状です。
これからは、更に、人と人の疎遠化が進み、お金をかけない葬儀(低料金葬儀)となると見込まれます。
葬儀に参列者が少ないということは、低料金葬儀に繋がります。
1つは、葬儀式場が狭くて済みますし、低価格の式場借り上げ費用で済みます。
1つは、その葬儀式場に見合った祭壇で済みますので、葬儀式場が小さくなった分、祭壇費用は安くつきます。
1つは、参列者が少数なので、飲食費が少経費で済みます。
1つは、親族間の少人数の葬儀では、見栄を張ることもなく棺にお金をかける必要もないと思います。
今までは葬儀を執り行うにあたって、どの地域にあっても、お金をかけた豪華な葬儀を執り行ってきたと思います。
今後は、逆にお金をかけない、親族のみでゆっくりと故人を偲ぶ葬儀に移行するものと思われます。

摂津市の概況

摂津市は規格葬儀を行っています。
規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施工する葬儀をいいます。
摂津市には、通夜、告別式を行うことが出来る市立葬儀会館があります。
斎場(火葬場)は1カ所あります。
斎場には式場は付いていません。
摂津市には市営墓地もあります。
摂津市の葬儀⇒葬儀・葬儀会館・斎場/摂津市
近年の葬儀は、葬儀方法など色々ありますので、葬儀のサポートセンター「良心のお葬式」に、ご相談・ご連絡下さい。

身内が亡くなって行うこと

臨終から火葬までの手続き
摂津市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

摂津市の現況

摂津市は、大阪平野の北部に位置し、淀川の豊かな自然に育まれ、古くから農耕が盛んなことから、大阪と京都を結ぶ水陸交通の要衝としても重要な役割を担ってきました。
市域は東西6km、南北 5km、面積は 14.88 平方キロメートルで、西は大阪市や吹田市、北は茨木市、東は高槻市、南は淀川をはさんで守口市や寝屋川市と接しております。
人口・世帯数・面積
人口:87,129人、世帯数:40,243世帯
(2022年3月1日)
面積:14,87㎢

葬儀(家族葬)時の読経・対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・摂津・大阪~京都などの地域に於いて対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

摂津市は規格葬儀があります。
勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。
只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

摂津及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。

近年の葬儀

近年の葬儀は、各葬儀社が色々な名称で葬儀を行っています。
例えば、家族葬、音楽葬・無宗教葬などです。
葬儀を執り行う者(施主や喪主)は、どう葬儀を行えばと迷いかねません。
その際には、「良心のお葬式」にご相談下さい。