低料金・低価格の葬儀サポート
お坊さん読経葬儀「摂津市で規格葬儀」

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

摂津市には、規格葬儀が設定されていますが、お坊さんの読経は別依頼です。
規格葬儀にあっても、「お坊さんの読経葬儀」で執り行いましょう。

摂津市の規格葬儀でお葬式

摂津市は、市民に「簡素、低廉かつ厳粛な葬儀」を提供するということで規格葬儀を実施しています。
摂津市の規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施行する葬儀をいいます。

規格葬儀にあっても、僧侶依頼は別依頼

葬儀依頼には、「僧侶の読経」は付いていません

普通、葬儀社に葬儀依頼を行っても「お坊さんのお経(読経)は付いていません。
摂津市の規格葬儀にあっても、葬儀の際のお坊さんのお経は付いておりません。
葬儀の際の「お坊さんのお経」は、別依頼となります。

「葬儀社依頼」と「僧侶依頼」は別々に行う

あまり経験しないお葬式!!
近年では、仏教離れ・宗教離れしていることから、「葬儀にはお坊さんのお経は、どこに依頼する?」のか分からず、又、ご近所とのお付き合いや親戚縁者とのお付き合いが希薄化している為、葬儀のことについて聞きますのは「葬儀社」となります。
そしてついつい、葬儀社に「お坊さんの読経依頼」までしてしまうのが現実です。
しかし、「紹介手数料」を省くためにも、直接お坊さんに依頼すべきだと思います。

お布施は、葬儀費用とは別費用!!

葬儀費用と言えば、葬儀に係る全般の費用と思われがちですがそうではありません。
葬儀費用は、祭壇・人件費などの葬儀の基本費用と宗教者のお布施等と飲食費の3つから成り立っています。

摂津市の規格葬儀

摂津市の規格葬儀の規定内容
1,摂津市では、市民の皆様に「簡素、低廉かつ厳粛な葬儀」を提供するため、規格葬儀を実施しております。
2,規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施行する葬儀です。と規定されています。
規格葬儀を利用できる者
① 摂津市内において葬儀を執り行う摂津市民の方
② 死亡時に摂津市民であった者の葬儀を、摂津市内において執り行う方
となっています。
利用方法
規格葬儀指定店の中から1社選んでいただき、指定店に直接電話等でお申し込みください。
となっています。
※注)規格葬儀指定店は5社
摂津市の葬儀⇒規格葬儀/摂津市

摂津及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。

摂津市の葬儀状況

摂津市は規格葬儀を行っています。
規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施工する葬儀をいいます。
摂津市には、通夜、告別式を行うことが出来る市立葬儀会館があります。
斎場(火葬場)は1カ所あります。
斎場には式場は付いていません。
摂津市には市営墓地もあります。
摂津市の葬儀⇒葬儀・葬儀会館・斎場/摂津市
近年の葬儀は、葬儀方法など色々ありますので、葬儀のサポートセンター「良心のお葬式」に、ご相談・ご連絡下さい。

摂津市の規格葬儀

摂津市には、規格葬儀があります。以下、摂津市のホームページより(平成29年9月現在)
1、規格葬儀とは
摂津市では、市民の皆様に「簡素、低廉かつ厳粛な葬儀」を提供するため、規格葬儀制度を実施しております。
規格葬儀とは、市が定める規格や料金などに従い、市指定の葬儀業者が利用者との契約に基づいて施行する葬儀です。
2、規格葬儀を利用できる方
規格葬儀をご利用できる方は、次のいずれかに該当する方となります。
・摂津市内において葬儀を執り行う摂津市民の方
・死亡時に摂津市民であった者の葬儀を、摂津市内において執り行う方
3、利用方法
規格葬儀指定店の中から1社選んでいただき、指定店に直接電話等でお申し込みください。

せつつメモリアルホール(市立葬儀会館)

摂津市には、市運営の摂津メモリアルホール(市立葬儀会館)があります。
この施設は、通夜や告別式など一体の葬儀を厳粛かつ簡素に執り行うことができる施設です。
式場のレイアウト
可動式パーテーションにより、式場のレイアウト等を自由に変更することができます。
(変更例)
・小規模葬儀に対応する仕切りとして使用
(20席から40席程度)
・スペースを利用した「メモリアルコーナー」の設置
(写真等の展示)
申し込み方法
ご予約は、せっつメモリアルホール(摂津市立葬儀会館) へ直接電話でお申し出ください。
連絡先
住所 摂津市東別府5丁目1番44号
摂津メモリアルホール使用料

区 分使 用 料使 用 料
市 内市 外
式場及控室
(通夜から葬儀まで)
・規格葬
80,000円
・その他
150,000円
225,000円
式場及控室
(葬儀のみ)
・規格葬
50,000円
・その他
120,000円
180,000円
安 置 室
(24時間以内ごとに)
・規格葬儀
3,000円
・その他
3,000円
4,500円
祭 壇・その他
50,000円
75,000円

※「市内」とは、使用者が本市の住民である場合又は死亡者が死亡時に本市の住民であった場合となります。
※「市外」とは、市内以外の場合となります。

摂津市の火葬場(斎場)

摂津市の火葬場(斎場)所在地名称 摂津市斎場
所在地 摂津市南別府町2番1号
摂津市役所
〒566-8555 摂津市三島1丁目1番1号
火葬場の説明
3基の火葬炉を備えた火葬場です。
開場日
1月1日を除く全日
開場時間
午前9時~午後5時
※注意
午後3時からの火葬がある場合は午後6時までとなります。
斎場使用料

区分市民市民以外備考
大人15,000円45,000円12才以上
小人13,500円40,500円12才未満
死産児3,000円9,000円妊娠周期12週以降の死産児
身体の一部1,500円4,500円
産汚物等1キログラムまでごとに130円1キログラムまでごとに130円妊娠4か月未満の死胎、胞衣、産汚物その他これらに類するもの

※「市民」とは、使用者もしくは死亡者のいずれかが摂津市民である場合をいい、「市民以外」とは、それ以外をいいます。

納骨

火葬した後納骨する場合
○必要書類等
火葬証明書
火葬場の火葬証明印のある「死体埋火葬許可証」または「火葬証明書」
※火葬場の火葬証明印のある「死体埋火葬許可証」を紛失された場合は、火葬された火葬場または火葬場を管理する自治体に「火葬証明書」の交付を受けてください。
(摂津市の手数料300円)
※市営墓地使用者の場合は墓地使用許可証を提示し、埋蔵の記入を受けなければなりません。
分骨の手続きについて
分骨を行う場合には、「墓地、埋蔵に関する法律」の規定により、あらかじめ市長の許可を得なければなりまについて
分骨証明書の発行について
市内墓園等から分骨するときは、摂津市が証明書を交付します。(手数料300円)
 分骨証明書は2つ以上のお墓にお骨を納める場合で、そのお墓の管理者が異なる場合に発行されます。

改葬の手続き

 現在、墓地に納骨されている遺骨を、他の墓地や納骨堂に移すことを「改葬」といいます。
「改葬」には、遺骨が現在納められている墓地又は納骨堂がある市町村長の「改葬許可証」が必要です。
○改葬許可申請の流れ
・墓地管理者の証明をもらう
墓地の管理者へ「改葬許可申請書」を渡し、「墓地管理者の証明」欄に署名、なつ印をもらってください。
・改葬許可証を受け取る
市民課8番窓口に「改葬許可申請書」を提出し、手数料300円を支払い、「改葬許可証」を受け取ってください。
○注意
・2名以上の遺骨がある場合は、「改葬許可申請書」の別紙(2枚目)に記入してください。
墓地管理者の証明は1枚目および2枚目の、それぞれに必要です。
・墓地使用者以外の方が申請する場合は、墓地使用者の「承諾書」が必要です。

手続き(死亡届)

届け出期間
亡くなった事実を知った日を含め7日以内
※7日目が土曜・日曜・祝日で市役所が休みの場合は、翌開庁日まで可
※国外で亡くなられた場合は、3か月以内
お葬式を終えられている方は、葬儀業者から提出されていますので、改めて提出する必要はありません。
提出しているかご不明な場合は、依頼した葬儀業者にご確認ください。
届け出先
死亡者の本籍地、死亡したところ、届出人の所在地のうち、いずれかの市区町村役場
届出人
○届出義務者
1.同居の親族
2.同居の親族以外の同居者
3.家主、地主、家屋管理人または土地管理人
○届出資格者
(届出義務はないが、届出することが認められています。)
・同居親族以外の親族
・後見人、保佐人、補助人、任意後見人または任意後見受任者
尚、親族の範囲は、(1)6親等以内の血族、(2)配偶者、(3)3親等以内の姻族になります。
尚、亡くなられた方を「自己」としてご覧ください。
届出に必要なもの
・死亡届書
(医師の死亡診断書または死体検案書が必要)
・届出人が後見人、保佐人、補助人、任意後見人または任意後見受任者の場合は、その資格を証明する証明書類
(後見登記事項証明書、裁判所の謄本、公正証書等)
死亡届後手続きに必要なもの
○ご遺族に持参いただく主な持ち物
手続きの際、手続きに来られた方の本人確認を行っています。
来庁の際は、本人確認ができる書類を必ずお持ちください。
〈本人確認〉
☆お越しいただく方の本人確認書類
・官公署発行の写真付きのものは 1 点
※運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
・写真付きでないものは 2 点
※被保険者証(健康保険・介護保険)、年金手帳など
〈その他必要となるもの〉
・預金通帳またはキャッシュカード
・委任状(戸籍、住民票などを代理人が請求する場合)
・その他担当課から事前に案内があった書類や印鑑など
※火葬がお済みの方は、既に死亡届が市区町村窓口へ提出されています。

身内が亡くなって行うこと
(臨終から火葬までの手続き)

摂津市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

摂津市の現況

摂津市は、大阪平野の北部に位置し、淀川の豊かな自然に育まれ、古くから農耕が盛んなことから、大阪と京都を結ぶ水陸交通の要衝としても重要な役割を担ってきました。
市域は東西6km、南北 5km、面積は 14.88 平方キロメートルで、西は大阪市や吹田市、北は茨木市、東は高槻市、南は淀川をはさんで守口市や寝屋川市と接しており、市内からは、北西にかけて六甲山や北摂の山々を、東から南には生駒や金剛の山並みを望むことができます。
大阪の都市部から約 12km という距離にあり、大阪市やその衛星都市と幹線道路や鉄道で結ばれている本市は、大阪都市圏の核になる都市として発展を続けています。
摂津市の総人口は、近年は、わずかに増減しつつ 8 万 5 千人台で推移してきましたが、令和元年には、「北大阪健康医療都市(健都)」における大型マンションの開発等の影響によ
り86,537人まで増加しています。
しかしながら、開発による住宅供給などが一定落ち着いた後は、全国的な傾向と同様に本市でも人口減少に転じると見込まれています。
年齢 3 区分別にみると、年少人口は減少傾向にある一方で、高齢者人口は一貫して増加しており、高齢化率は年々上昇し、令和元年では25.6%となっています。
人口・世帯数・面積
人口:87,129人、世帯数:40,243世帯
(2022年3月1日)
面積:14,87㎢

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要

摂津市は規格葬儀があります。
勿論、規格葬儀以外の葬儀も当然できます。
只、葬儀時における読経(僧侶のお経)は、どの葬儀にも付属しておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

摂津及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。

近年の葬儀

近年の葬儀は、各葬儀社が色々な名称で葬儀を行っています。
例えば、家族葬、音楽葬・無宗教葬などです。
葬儀を執り行う者(施主や喪主)は、どう葬儀を行えばと迷いかねません。
その際には、「良心のお葬式」にご相談下さい。