元警察官・現僧侶が顧問の安心・誠実な
「良心のお葬式」

25,000
[ 法事・法要 ]




四十九日法要・1周忌法要など


詳細⟸クリック
25,000円~
[ お葬式の読経 ]




火葬場読経・1日葬の読経・家族葬の読経


詳細⟸クリック
お坊さんの読経葬儀(仏式葬儀)

低料金・低価格・安心の葬儀サポート
僧侶の読経葬儀「舞鶴で小規模葬儀」

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

葬儀となった場合は、お葬式は、昔からの「お坊さんの読経葬儀」で執り行いましょう。

舞鶴で小規模葬儀

近年のお葬式は、核家族化・親戚縁者の疎遠化・地域住民との希薄化、そしてコロナ感染症の影響によって「小規模化」しております。
舞鶴市にあっても、「小規模葬儀」が大半となってきております。

お葬式・小さく(小規模葬儀)

葬儀・お葬式とは?
葬儀・お葬式とは、遺族、友人・知人が故人を偲び、あの世に送るための儀式です。
葬儀は、葬儀・告別式などと言われていますが、本来は葬儀式と告別式は別のものでした。
現代は、葬儀式と告別式の区別が亡くなり、火葬も近親者のみの少人数で行うようになってきました。

現代のお葬式は、時代の流れに合わせて小さく!!

お葬式は小さく

お葬式は小さく(小規模葬儀)
近年、核家族化・親戚縁者の稀薄化・近隣者との疎遠化などから、お葬式は出来るだけお金をかけない、葬儀費用を抑えた小さな少人数のお葬式となっています。
家族葬というお葬式形態です。
「お葬式は小さく」こじんまりとまとまった心に残るお葬式を行えばいいと思います。

お金をかけない

お金をかけないお葬式
近年、お葬式にはお金をかけない少予算でのお葬式が言われています。
近年は、核家族化やお金の使い道が一昔前と違い、お葬式にはお金をかけなくなっています。
お葬式はご遺族の、「故人を送ってあげる」という気持ちが一番大切です。
ホーム(トップ)に戻る⥢クリック

舞鶴市の葬儀

色々な葬儀方法

近年の葬儀は、色々な方法・形式で行われています。
あまり経験しない葬儀ですので、戸惑うことが多々あると思います。
そのような時、「良心のお葬式」の無料相談をご利用下さい。

舞鶴市の葬儀関係

舞鶴市には、市が運営する市営葬儀・規格葬儀などはありません。
市の運営する式場もありません。
市営葬儀などがありませんので、市民の葬儀サポート「良心のお葬式」へご相談下さい。
舞鶴市の葬儀広報⇒市民課 | 斎場 | 舞鶴市 公式ホームページ

舞鶴市運営の火葬場はあります
舞鶴市の火葬場所在地:京都府舞鶴市字余部上729番地

舞鶴市の状況

舞鶴市の人口・世帯数(令和4年3月1日現在)
人口:79,265人 世帯数:39,793人
舞鶴市の概要
舞鶴市は、京都府の北部に位置し、北は日本海(若狭湾)に面し、東は福井県高浜町、南は綾部市と福知山市、西は宮津市と接しています。
その面積は 342.12 ㎢、京都府の約 7.4%を占め、東西29.7km、南北 24.9km、海岸線は 119.9km に及んでいます。又、オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定されている冠島や沓島などの島々も舞鶴市に属しています。
舞鶴市の市街地は大きく2つに分かれており、田辺藩の城下町・商港から発展した西地区、海軍の軍港から発展した東地区と両地区とも特徴的な市街地を形成しております。
その他にも地勢的に中地区、加佐地区、大浦地区の5地区で構成されています。
また、日本海の海運が発達した江戸・明治時代には、神崎、田辺、市場などに湊をもち、北前船の寄港地として日本海海運の一翼を担い、北海道・東北と大阪を結ぶ海の交通の要衝となっていました。

葬儀・葬式

葬儀・葬式には、5つの意味があると言われています。
①死を受け止める(儀式としては通夜式)
②死者を送る(葬儀式)
③死者と関係のあった人がお別れを行う(告別式)
④死者を葬る(埋葬)
⑤葬儀後、悲しみを乗り越え、死者の供養(法要)
の意味があります。
遺体は、法律的に24時間火葬に付すことはできません。
どのような葬儀方法を行うにあたっても、24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。
一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

近年の葬儀の現状

近年、葬儀となった場合、1日葬や直葬が増加傾向にあります。
近年は、核家族化や葬儀の主催者・無くなっていく方が高齢の為、他の人との付き合いも薄れ参列者が少なく、どうしても小規模な葬儀となっております。
その影響で、葬儀費用のことを考えると、1日葬や直葬が好まれるものと思われます。
只、直葬が増加傾向にあると言っても、直葬の釜前葬で葬儀を執り行われる方が大半です。
この釜前葬とは、火葬場で火葬に付す直前に、僧侶の読経を行う方式です。
やはり、古来よりの葬儀式である「僧侶の読経で故人を送ってあげる」ということを重んじている結果だと思います。

「家族葬」と言う名の葬儀の増加

最近、「葬儀は家族葬でする」「葬儀は家族葬でした」ということをよく聞きます。
この家族葬は、少人数の葬儀ということです。
この言葉が使われだしたのは、核家族化・親戚縁者の疎遠化・近隣住民との希薄化によって、大規模な葬儀がなされなくなり、こじんまりとした少人数の葬儀になってきたため「家族葬」という言葉が生まれてきたものです。
近年は、参列者が少ない少人数の葬儀が多く、この「家族葬」の葬儀が非常に増えてきております。

良い葬儀社・葬儀式場をさがす

舞鶴市は、市民葬儀・規格葬儀はありませんので、葬儀となった場合、自らが葬儀社など探さなくてはなりません。
近年は、故人が高齢であったり葬儀を主宰する人が高齢の為、付き合いが少なく少人数の葬儀となると思います。
少人数・小規模な葬儀式場を考えて、葬儀社や葬儀式場をさがすのも1つの方法です。

葬儀に於いて葬儀社さがしより、お坊さん依頼を優先

葬儀依頼と僧侶の読経依頼は別依頼です。
まずは最初に枕経をあげなくてはなりませんので、僧侶依頼を優先したほうがいいと思います。
近年では、宗教離れ・仏教離れから葬儀社主導で葬儀が進められていますが、古来より人が亡くなった場合は、まず僧侶がお経をあげたものです。
その後、葬儀式の準備・告別式とすすめられていました。
昔からの方法でなければということはありませんが、先人はそれなりの良き方法を持って葬儀を行ったものです。
その事が言えるのが、枕経(まくらぎょう)です。
この枕経は、亡くなっていく者が死の間際にお釈迦さまに対し「娑婆ではお世話になりました。ありがとうございました。」とあげるものなのです。
このことからもお坊さんに最初に依頼すべきなのです。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸を基軸として京都府など
の地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市・舞鶴市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。