川西市でお寺と
「お付き合いをしたく無い方」の葬儀

低料金・低価格・安心・信頼の葬儀
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀は、お坊さんのお経で行う

お寺との付き合いをしたく無くても、葬儀には「お寺では無く」「お坊さんに依頼」しましょう。
お葬式イコールお寺では無いのです。
仏式葬儀を行うに際して、今までは「お寺」に依頼していたように見えますが、実質は「お坊さんに依頼」していたのです。
葬儀の時、お坊さんに直接依頼すればいいのです。

お寺とお付き合いをしたく無い

「お寺と付き合いをしたくない」でも、葬儀は安心して出来ます!!

近年は、お寺に行かれる方は殆ど無いと思います。
「昔からお寺と付き合っているが、もう付き合いたくない、護寺費も払いたくない、
何故、付き合いをしなければならないのか」など、
「お寺とお付き合いをしたくない」と思われている方もおられるでしょう。
葬儀となった場合でも、「もう、そのようなお寺とお付き合いをしたくない」
そのような考えの方も当然おられます。
葬儀イコールお寺ではありません。
葬儀イコールお坊さんなのです。
葬儀の時の読経は「お坊さん」に依頼「お寺」に依頼ではありません。

葬儀など、お坊さんに直接依頼!!

お寺との付き合いが無くても、葬儀・法事などで困ることはありません。
直接、お坊さんに依頼すればいいのです。

檀家制度は、江戸時代の悪しき慣習

現代は、檀家制度が崩れ、お寺との付き合いが無いのが当然
近年は檀家・門徒制度が崩れ、「お寺とのお付き合いをしたくない」という方が増えてきております。
檀家・門徒制度とは、
徳川幕府が民衆を管理するために作った制度で居住地にある寺院を旦那寺として、民衆をその寺の檀家となることを定めたのです。
徳川幕府は、仏教を国教として仏教を人民統治に利用したのです。
旦那寺は、檀家の葬祭供養を行うほか、檀家の身分を保証したのです。
檀家には、旦那寺に布施を施す義務が課せられました。
この檀家・門徒制度は、遺物であり悪しき制度だと思います。

川西市の葬儀

川西市の葬儀状況

川西市の葬儀・家族葬
川西市には、市営葬儀・規格葬儀はありません。
平成15年までは市営葬儀があったそうですが、殆どの方が利用しないということで無くなったそうです。
川西市の葬儀広報⇒ご不幸|川西市
葬儀の時のお坊さんの読経は、「良心のお葬式」へ
只、現在は斎場(火葬場)にある式場が利用できるようになっています。
(平成29年9月現在)
川西市での葬儀の行い方
川西市には、市営葬儀・規格葬儀という市運営の葬儀はありません。
よって葬儀の方法・葬儀社さがしなどを自分自らが行わなければなりません。
葬儀方法は、3方法(・直葬・1日葬・一般葬)の中から1方法を選んで行うこととなりますが、仏式葬儀・家族葬儀・自由葬儀など自由に考えて行えばいいのです。
川西市の火葬場(斎場)所在地
名称:川西市斎場
所在地:川西市柳谷字鷹尾山柿木谷10番地の1
アクセス 阪急電鉄川西能勢口駅から8km、車で15分
川西市斎場(火葬場)に、葬儀式場として利用できる部屋があります。
この式場は、利用可能件数は1日1件で通夜は利用できません。
川西市斎場告別式場の利用
川西市斎場に告別式場があり。
(以下、川西市広報より)
1、利用対象者
市民
2、利用方法
前日まで(午前8時20分~午後4時50分)に直接川西市斎場へお申し込みください。
3、利用可能件数
1日1件
4、利用料金
1回 12,000円
5、注意事項
告別式場をお貸しするだけとなりますので、ご利用希望の方は、下記の事項についてご理解のうえお申し込みください。詳しくは、直接、川西斎場へお問い合わせください。
・告別式の進行など、民間の葬儀社が行うような業務は行いません。
・会場の設営及び後片付けは、申込者で行ってください。
・貸出できる備品は椅子のみとなります。
・告別式のみで、お通夜は行えません。
問い合わせ
美化環境部 美化環境室 美化推進課(衛生業務)
〒666-0011 川西市出在家町1番11号
又、川西市には川西市公営の霊園があります。
そして、川西市は葬祭費が支給されるようですし、葬儀に関する色々な届け出もあると思いますので、葬儀に関する市への問い合わせは必要です。
川西市役所
〒666-8501川西市中央町12番1号

臨終から火葬までの手続き

川西市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。
② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。
③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。
この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。
死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。
事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。
この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。
※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

葬儀時の読経

僧侶の読経の申し込みが必要
(葬儀と僧侶読経は別依頼)

川西市は、市営葬儀・規格葬儀はありません。
民間依頼の葬儀を行っても、葬儀時における読経(僧侶のお経)はついておりません。
読経(僧侶のお経)は、葬儀を申し込む際、或いは葬儀社依頼前に別依頼として申し込む必要があります。
特に、葬儀社依頼前に読経(僧侶のお経)を申し込めば、「枕経(まくらぎょう)」がスムーズに行うことが出来ると思います。

葬儀時の読経・依頼先

葬儀には、僧侶読経は付いておりませんので、「良心のお葬式」にお申し込み下さい。
近年、江戸時代からの檀家・門徒制度が崩れお寺離れとなっており、そのような状況からお葬式の際、ついつい葬儀社の言われるままに「僧侶読経の紹介」を受けているようです。僧侶読経は、別組織である葬儀社に丸投げするのではなく、自分自身が探さなければならないと思います。
メデァを利用して、直接僧侶と話をし依頼するのが最善な方法だと思います。

川西及び近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。