豊中市での葬儀(市営葬儀)

ホーム > 豊中市での葬儀(市営葬儀)

豊中市の市営葬儀

葬儀の現状

現代は、高齢化社会で葬儀関係は一大産業をなしていると言われています。  反面、核家族化が進み宗教離れ・仏教離れからくる通夜式の無い1日葬、通夜式・告別式・僧侶読経の無い直葬と言われる葬儀も増えてきております。 又、葬儀関係が一大産業をなしていることから葬儀業者も増え、テレビでの宣伝PC、テレビによるメデァでの宣伝で「〇〇葬〇〇万円 葬儀」と値段(葬儀費用)でひきつける葬儀宣伝が行われているのが現実です。

豊中市の市営葬儀

豊中市には、市営葬儀があります。
豊中市の市営葬儀とは、 昭和33年から簡素で厳粛な葬儀を行うことを目的に実施されており、無駄な経費をさけて厳粛な葬儀を行えるように料金を設定している葬儀のことです。
市営葬儀を利用出来る方
喪主(施主)又は死亡者が豊中市民で、豊中市内で葬儀を執り行える方
その他
市営葬儀を行う方は、豊中市地域福祉室にお問い合わせを
注意事項(豊中市のパンフレットより)
料金には、会場代、僧侶謝礼、盛花、マイクロバスなどの料金は含まれておりません。
豊中市立火葬場
豊中市には、火葬場は1カ所で豊中市立火葬場です。 この火葬場には、告別式などが出来る式場はありません。

葬儀どうすれば!!

私達は一生のうち喪主等として葬儀を執り行うことは殆どありません。  ですからいざ葬儀となった場合 どうすれば 「どうすれば」と悩んでしまいます。

先ず自分宅の葬儀目安を考えるのです。例えば「身内は殆ど無く商売上の付き合いは多い」など、次にその目安から葬儀方針、例えば「経費は抑えたいが、葬儀は見映えよくしたい」など、そして、その葬儀方針から現代の葬儀方法である

3方法(形態) 指3  〇一般葬       〇1日葬       〇直葬(釜前葬) から

1指 1つの葬儀方法(形態)

を選べばいいのです。

最後に、葬儀予算を考え葬儀方針に基づいて、葬儀物品を選び葬儀全般の費用を決定すればいいと思います。

 

葬儀社に対する注意点

注意しなければならないことは、葬儀を依頼する場合、低料金・低価格ばかりを考えて葬儀社を選んだ場合、あまりにコストを下げたばかりに「見映えしない葬儀」になってしまった。或いは、

殆ど葬儀を経験しないため、葬儀社の言われるままに葬儀物品の購入などを行い、高くついた葬儀になってしまった、とならないことです。

 

 葬儀(社)と僧侶のお経は別依頼

葬儀費用にお布施額は含まれていません

葬儀社を決定された方においても、葬儀費用の中にお布施袋 お布施は含まれておりません。 僧侶読経(お経)は別依頼となります。  現代は宗教離れ・仏教離れから殆どの方がお寺との付き合いがありません。  ですから、いざお葬式となった場合 お坊さん 「お坊さんどこに依頼すれば」 と困ってしまいます。  又、現代は お布施の不明瞭化もささやかれています。 そのような現状において、一番いいのは葬儀・仏事に関する無料相談を利用すること、もう1つはメデァが発達している現在 お坊さんさがし PCなどを利用 して、色々知識を得て自分自身が納得したうえで依頼するのです。

お寺とのお付き合いが無く、僧侶読経(お経)をどこに申し込めばいいか分らない方は 良心のお葬式」に、是非ご相談・お申込み下さい。又葬儀全般についてもご相談下さい。