葬儀・搬送後の遺体安置

死亡


安置とは、病院などで亡くなられた際、お葬式までの間、葬儀式場などにご遺体を保管しておくことをいいます。

近年では、殆どの方が病院でお亡くなりになると思います。
病院で亡くなられた場合、病院から安置場所までご遺体搬送の為、寝台車を用意する必要があります。
安置場所の決定は非常に大切です。

安置場所の決定
故人が病院で亡くなられた場合、ご自宅に帰りたいと言われている方もいます。
その際、故人の遺志を汲みご自宅に搬送され、ご自宅に安置されればいいと思います。
そのような故人の意思が無い場合は、葬儀式場となる場所へのご遺体搬送を行い、葬儀式場を安置場所とすればいいでしょう。
当然、自宅でお亡くなりになり、ご自宅でお葬式を執り行う場合は、搬送安置の必要はありません。

「搬送業者の選定」は、非常に大切
ご自宅で亡くなられ、ご自宅で葬儀を執り行う場合はご遺体の搬送・安置は不要ですが、病院で亡くなられた場合は、ご自宅或は葬儀を執り行う式場までご遺体を搬送・安置しなければなりません。
この時、搬送業者にご遺体だけの搬送を依頼するのか、或はその後のお葬式までその搬送業者に葬儀を依頼するのかを決めたうえで搬送業者を決めたほうがいいと思います。
ご遺体搬送業者と葬儀依頼を別々に行った場合、費用が余分にかかり割高な葬儀費用になると思います。
出来れば搬送業者と葬儀依頼業者は一緒の方が葬儀費用は割安となると思います。
万が一、搬送業者が自分宅の葬儀方針など合わなければ別の葬儀社に葬儀をお願いすればいいと思います。

安置

安置
自宅に安置する場合は、布団と枕を用意します。
ご遺体は北、或は西枕に安置して、顔に白い布で覆います。
手は、胸の上で組ませ数珠をかけます。

枕経

安置後に枕経をあげる
安置後、お坊さんに枕経(まくらぎょう)をあげて頂きます。
最近では、枕経(枕経)をあげるという事を知らない方や、葬儀業者の方も「枕経をあげて頂きましょう」と言われなくて、枕経を省かれます。
昔から言われていることですが、「枕経(まくらぎょう)」をあげれば「お顔が奇麗になる」と言われていますので、必ず枕経(まくらぎょう)をあげるようにしましょう。