葬儀社が葬儀の良し悪しを左右

死に臨み、葬儀社依頼は避けられない事実!!

私たちは身近な者の死に臨み、どうしても葬儀社に依頼しなければなりません。どうしても依頼しなければならないからと言って事前に「良い葬儀社をさがす」ということは中々出来ないことだと思います。

葬儀社依頼前に、絶対無料相談を!!

葬儀社は大小それぞれの葬儀社があり、葬儀の申し込み窓口も多種多様、葬儀費用も高低差が大きく、このような事を知らねば後々後悔します。

元警察官・現僧侶が無料の葬儀相談対応

無料 相談 ↠ 元警察官 現在僧侶

葬儀の申し込み窓口は多種多様

現代、日本は高齢化社会となっており、葬儀業界は一大産業をなしています。
その為、葬儀に関して色々な企業が乱立、「良い葬儀社・悪い葬儀社」「高額な所・低額な所」など様々な葬儀社があります。
これら葬儀社への申し込み先(申し込み窓口)も様々です。

葬儀の申し込み窓口の広さ

私達は何時か終焉を迎えます。遺体は、法律的に24時間は火葬に付すことはできませんので、遺体の安置など葬儀社にお世話になります。
葬儀社にお世話になるのですが、葬儀の申し込み窓口は非常に広いのです。
例えば、葬儀社に申し込むのも1つの方法ですが、
1、〇〇協同組合、
2、〇〇斡旋社(葬儀の斡旋)
3、〇〇派遣所(僧侶紹介と葬儀社紹介)
4、〇〇社、葬祭部
5、ボランティアでの葬儀(社)紹介
など、葬儀に携わっている所も多くあります。葬儀依頼の窓口は沢山あります。葬儀の申し込みは慎重にしましょう。

葬儀社依頼の決め方

葬儀を依頼(申し込み)するにあたっては、葬儀社の設立経緯・葬儀社の葬儀会館などの規模・葬儀の窓口の広さ、を考慮しながら、
葬儀を任せられる良い葬儀社(所)かどうか?
こちら(遺族)の身になって話を聞いてくれるかどうか。
葬儀費用が、自分宅の予算に収まる葬儀社か、或いはそのような条件の葬儀社を紹介してくれる所かどうか。
などです。

葬儀社の設立経緯からの分類

葬儀社の設立経緯から種類別してみますと下記のようになります。
1、本来葬儀社であったもの 
これは元々、葬儀社として設立し現在に至っている葬儀社です。  この中には、葬儀会館(式場)を所持している葬儀社と葬儀会館(式場)を所持していない葬儀社があります。


葬儀会館

葬儀会館を所持している葬儀社には、一地域から発展しながら全国に至っている葬儀社もあります。
2、以前葬儀社に勤務し独立した葬儀社
以前は葬儀社に勤務していたが、葬儀資格などを取得し独立開業している葬儀社です。  このような葬儀社の中にも葬儀会館(式場)を所持している葬儀社と所持していない葬儀社があります。
3、他業界から葬儀業界へ参入したもの

他業界から参入

このような企業は、葬儀会館(式場)を自己企業としては持っていません。  他業界で名前が売れており、そのネイムバリューを利用して〇〇の葬儀として宣伝し、葬儀を受理し葬儀社に葬儀を行わせている企業です。
4、葬儀に関して斡旋(派遣)業としての会社
メデァを利用して、葬儀・僧侶読経を受理し、契約している葬儀社などに依頼する企業です。

葬儀社の葬儀会館などの規模からの分類

葬儀社には大きな会館を所持している所・小さな会館の所・会館を持たない所など様々な葬儀社があります。
1、大手と言われるところ
全国的に大きな葬儀会館を持ち、会員・組合員を募って積立金を行う葬儀社
2、中規模と言われる葬儀社
特定の地域に於いて、数か所の葬儀会館を持つている葬儀社
3、1地域に葬儀会館を持っている葬儀社
1地域にのみ、葬儀会館を所有し、地域密着で葬儀を行っている葬儀社
4、葬儀会館を持たない葬儀社
親子・夫婦でこじんまりと地域の公民館・集会所などを借り上げて葬儀を行っている葬儀社
5、葬儀社ではないが、PC・スマホなどで集客し葬儀社を斡旋する業者

葬儀社が極端に増加-他業界からも参入

粗雑な葬儀社に注意

現代社会は、高齢者社会で65歳以上の人口は総人口の25%を占めている状況です。 
そのようなことから葬儀業界は一大産業をなしており、他業界からの葬儀業界への参入、そして個人での葬儀社経営と葬儀社が氾濫している状況です。
葬儀費用の価格差が大きい葬儀業界において、葬儀社増加は競争激化によって葬儀費用の低下につながり、私たちにとって喜ばしいことですが、反面利益追求に走るあまり、粗雑な葬儀に繋がりかねないということも事実です。

良い葬儀社を選ぶ

自分宅に見合った葬儀社をさがす

私たちは、葬儀に際して喪主等として経験することは殆どありません。
一昔前は身内が亡くなった場合、殆どお寺或いは隣保の世話役に連絡してお葬式を行っていました。
しかし現在は、核家族化と病院死亡で亡くなられる方が大半となったことから、遺体を出来るだけ早く病院から遺体安置場所に搬送しなければならないため、最初にしなければならないことは葬儀社さがし(選び)となっているのが現実です。
殆ど経験することがないお葬式での葬儀社さがし(選び)は、その葬儀の良し悪しを左右する重大事項と言っても過言ではないでしょう。
特に、葬儀社選びで注意しなければならないことは
◎ 自分宅にあった葬儀社であるか、或いは自分の思った通りの葬儀を実現出来る葬儀社なのか
◎ 低料金・低額葬儀をうたっている葬儀社であるが、粗末な葬儀とならないか
◎ 言葉丁寧であるが安心して任せられる葬儀社か
◎ 仏式・神式での葬儀に於いて、先導して頂く僧侶に粗雑な扱いをする葬儀社ではないか
などが考えられます。

葬儀会館から葬儀社を選ぶ

多人数収容の大きな葬儀会館を希望して葬儀社を選ぶ
親戚など身内の方が多く、又、故人或は遺族の方の付き合いが多いため、参列者が多数と予想されるため出来るだけ大きな式場が必要な場合があります。
このような場合は、大きな式場(会館)が必要となりますので、大きな葬儀会館を所有している葬儀社を選ぶこととなります。
家族葬用(20~30名程度)の葬儀会館を希望して葬儀社を選ぶ
お付き合いがあまりない場合や参列者数を予測して、その人数に合わせた会館を所有している葬儀社を選びます。
寺院を希望して葬儀社を選ぶ
以前は殆どが、お寺或は自宅での葬儀でした。
お寺での葬儀を希望される方は、お寺を借り上げられるなど寺院を知っている親切な葬儀社を選ぶのも一つの方法です。
地域の公民館・集会所を希望して葬儀社を選ぶ
地元の人に出来るだけ参列して欲しい、或は自分の住んでいる近くの公民館・集会所で葬儀をしたいと考えられる方は会館を所有していない葬儀社であっても良心的な葬儀社を選べばいいのです。

情報収集面からの良い葬儀社選び

お葬式で一番大切なのは葬儀社選びなのです。
私達は身内が近々、亡くなるだろうと思っていても、どこの葬儀社でお葬式をするかまでは決めていないものです。
葬儀社選びは余程の事がない限り、事前に行っている人はいないと思います。
亡くなるとわかっていても葬儀社の決定は亡くなってからなのです。
皆さんが利用しているスマートフォン、PCで探したとしてもお葬式の費用、葬儀ホールなど一部の葬儀に関することしか分かりません。
ましてや、葬儀ホールなど写真で見た場合、写真の写しかたによって、どれも良く見えるものです。
しかし、現場に行っていちいち確認するわけにはいかないと思います。
どのような葬儀社を選ぶかによって、そのお葬式の良し悪しを決定してしまいます。
良い葬儀社をさがすには、各葬儀社の情報を得ることです。多くの葬儀社の情報を得ることによって、自分宅にあった葬儀社を決定すれば良い葬儀につながっていきます。

葬儀内容は葬儀社任せにしない

葬儀社はどうしても豪華な葬儀をすすめます⇔ですから、どうしても高額な葬儀となりがちです。
予算内で、自分の思う葬儀を実施することが良い葬儀に繋がります。
現代は、自宅で亡くなることが殆どなくなり、病院
で亡くなる方が大半となっています。
そのため、病院から遺体を出来るだけ早く安置場所に搬送しなければならないため、ついつい行き当たりばったりてきに葬儀社を決めてしまうところがあります。
行き当たりばったりてきで、良い葬儀社に当たればよいのですが、往々にして納得いかない葬儀社に当たる場合が多いのです。
葬儀社への依頼が、その葬儀の良し悪しを大きく左右することを考え、葬儀社依頼は慎重にしなければなりません。葬儀社の中には、儲けを優先する粗悪な所もあると思います。