低料金・低価格のお葬式・低額お布施

「良心のお葬式」は元警察官・現僧侶が顧問として在籍
元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀社の設立経緯からの分類

葬儀社の設立経緯から種類別してみますと下記のようになります。
1、本来、葬儀社であったもの 
これは元々、葬儀社として設立し現在に至っている葬儀社です。 
この中には、葬儀会館(式場)を所持している葬儀社と葬儀会館(式場)を所持していない葬儀社があります。


葬儀会館

葬儀会館を所持している葬儀社には、一地域から発展しながら全国に至っている葬儀社もあります。
2、以前葬儀社に勤務し、独立した葬儀社
以前は葬儀社に勤務していたが、葬儀資格などを取得し独立開業している葬儀社です。 
このような葬儀社の中にも葬儀会館(式場)を所持している葬儀社と所持していない葬儀社があります。
3、他業界から葬儀業界へ参入したもの

他業界から参入

このような企業は、葬儀会館(式場)を自己企業としては持っていません。 
他業界で名前が売れており、そのネイムバリューを利用して〇〇の葬儀として宣伝し、葬儀を受理し葬儀社に葬儀を行わせている企業です。
4、葬儀に関して斡旋(派遣)業としての会社
メデァを利用して、葬儀・僧侶読経を受理し、契約している葬儀社などに葬儀を依頼する企業です。

葬儀社の葬儀会館などの規模からの分類

葬儀社には大きな会館を所持している所・小さな会館の所・会館を持たない所など様々な葬儀社があります。
1、大手と言われるところ
全国的に大きな葬儀会館を持ち、会員・組合員を募って積立金を行う葬儀社
2、中規模と言われる葬儀社
特定の地域に於いて、数か所の葬儀会館を持つている葬儀社
3、1地域に葬儀会館を持っている葬儀社
1地域にのみ、葬儀会館を所有し、地域密着で葬儀を行っている葬儀社
4、葬儀会館を持たない葬儀社
親子・夫婦でこじんまりと地域の公民館・集会所などを借り上げて葬儀を行っている葬儀社
5、葬儀社ではないが、PC・スマホなどで集客し葬儀社を斡旋する業者

葬儀社が極端に増加-他業界からも参入

粗雑な葬儀社に注意

現代社会は、高齢者社会で65歳以上の人口は総人口の25%を占めている状況です。 
そのようなことから葬儀業界は一大産業をなしており、他業界からの葬儀業界への参入、そして個人での葬儀社経営と葬儀社が氾濫している状況です。
葬儀費用の価格差が大きい葬儀業界において、葬儀社増加は競争激化によって葬儀費用の低下につながり、私たちにとって喜ばしいことですが、反面利益追求に走るあまり、粗雑な葬儀に繋がりかねないということも事実です。
一昔前と比べますと、「葬儀とは、こう執り行うもの!!」という徹底した指導がされておらず、粗雑観が見受けられる葬儀社・担当者もあります。