低料金・低価格・安心な葬儀サポート
葬儀「依頼先・葬儀方法・地域」によって葬儀費用に価格差

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・依頼先によって葬儀費用に価格差

葬儀社によって、葬儀費用に価格差

葬儀料金は、一昔と違い明瞭になっているようですが、葬儀社によって価格差が大きく、そして多種多様な葬儀形態のために、葬儀をあまり経験しない私たちにとっては、どれが良い葬儀に繋がる料金設定なのか、分かりにくいのが現状です。
その為には、葬儀がなぜ高くつくか・どうすれば安く葬儀を行うことが出来るか・そのコツはあるのか・落とし穴はないのか、等を考えなくてはなりません。
そして、出来るだけ葬儀費用を抑え、費用の掛からないお葬式を行いたいと思います。
葬儀費用は高額なものです。
ですから、簡単に葬儀社を決めるわけにはいきません。
出来るだけ多くの正確な情報を得て、葬儀社を決めるのが最良の決め方です。

近年、お葬式の方法で葬儀費用も色々

近年は高齢化社会となっており、葬儀業界は一大産業となっています。
各葬儀業者は色々な葬儀方法を打ち出し、集客を図っております。
葬儀はあまり経験することではありませんので、葬儀方法がピンとこないのが事実です。
葬儀の基本は・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬の方法が基本です。
又、家族葬は少人数で行うお葬式と思えばいいでしょう。
葬儀に関する資料⇒葬儀

葬儀の相場と葬儀の平均額は違う!!

葬儀に於いて、葬儀費用が地域によって慣習で決まっている金額を「相場」と言います。
「葬儀の平均額」という言葉もよく聞きますが、この葬儀の平均額は葬儀の相場とは、違うものと理解したほうが良いでしょう。

葬儀の平均額は高い?

平均額は統計上の金額と思って下さい。
何故ならば、「全国平均が100万円」という場合、この平均額の中には、社葬のように500~600万円の葬儀も含まれているのです。
ですから、平均額は高くなってしまい、私達からすれば「あれ、おかしいのでは?」と、なってしまうと思います。

「自分宅の葬儀」で、費用を考える

葬儀で一番大事なのは、「自分宅の葬儀をどのような葬儀にするか」で、葬儀内容・葬儀費用を考えるのが良いと思います。
「葬儀社に進められたから」とか、「親戚縁者の手前があって」などの理由で葬儀を行わないことです。
このような考えで葬儀を行って、後から悔やんでおられる方が沢山おられます。

葬儀一式費用とは?

葬儀(お葬式)に於いて、葬儀一式費用とは、葬儀式場の式場使用料にかかる費用、祭壇や棺・骨壺など物品、遺影などにかかる費用、司会・スタッフの人件費、ご遺体搬送の寝台車・霊柩車にかかる費用など、通夜と葬儀・告別式を執り行うのに必要な代金のことです。

葬儀一式費用と別枠費用になるのは、
僧侶のお布施と食事費用

葬儀に於いて注意が必要なのは、葬儀一式費用お坊さんのお布施や通夜振る舞いなど食事関係の費用が、全く別枠費用だということです。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。