安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

近年、お葬式の方法・費用も色々

元警察官現僧侶 に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

葬儀はいくら?かかるのか!

葬儀費用いくら?は、直ぐに解決!

お葬式となった場合、葬儀費用はいくらかかるのか?一番、気になることです。
でも、お葬式のことを少しでも知っていれば困惑することはありません。
安心して下さい。

「お葬式は3つの方法から1つを選ぶ」を知っておくー惑わされることが無い!!


お葬式の方法は3つあるということを覚えておいて下さい。

1つ目は直葬(釜前葬)2つ目は1日葬 3つ目は一般葬

この3つ、なのです。
この3つのうちから1つを選んでお葬式を行う。

これで、葬儀費用はいくらなのか?は、大体分かります

葬儀のことを全く知らなければ、高額なお葬式になりかねません。
葬儀費用はピンキリですから。

葬儀社によっても値段が違い、1つの葬儀社でも葬儀値段にランク付け!!

葬儀費用は、葬儀社によってそれぞれ違いますし、同じ葬儀社でも、葬儀内容にランク付けをして、ン十万円の差を付けております。
このような中にあって、私達は何処の葬儀社を選べばいいのか、どのランクの葬儀内容を選べばいいのか、葬儀の知識が全くなければ、分からないのが当たり前です。

葬儀費用はいくら?は、葬儀方法を決めてから!

私達はお葬式となった場合、「(頭の中で)葬儀費用はいくら?」と考えると思います。
そして、人から「お葬式はどうするの?」と聞かれて、大半の方が葬儀費用は「○○万円で考えている」と答えると思います。
そうではないのです。
自分宅のお葬式は、上記記載の3つの方法『1つ目は直葬(釜前葬)、2つ目は1日葬、3つ目は一般葬』の中の、1つの方法でする、とまず決めることが非常に大切なのです。
ここからが、お葬式を考える始まりなのです。
その事で葬儀費用はいくら?が、明瞭になってくるのです。

葬儀費用いくら?は、自分宅の予算を考慮!

自分宅の葬儀予算が大切!!

いざお葬式となった場合、「どこの葬儀社に依頼しようか?」と考え、私たちはどうしても葬儀費用から選びがちです。
ですが、1葬儀社にあっても、色々な葬儀パタンの葬儀費用が掲載され、選ぶのに迷ってしまいます。
高額の葬儀を選んだから「良い葬儀になる」とは限りません。
勿論、葬儀物品選びなどによっても、「葬儀の良し悪しが決まる」こともあります。
そのようなことを考えると、葬儀社の決定は、葬儀費用から選ぶべきではありません。
自分宅の葬儀予算から、葬儀方法・葬儀社・葬儀物品を選ぶべきなのです。
その事によって、おのずと葬儀費用が算出されます。

葬儀費用の実態(具体的費用)

葬儀の具体的費用はいったいどれ位なのか。
最近のPCに記載されている葬儀費用は、全国平均は、約195万円となっています。
下記費用は、おおよその葬儀費用額の目安です。

直葬1日葬一般葬
最近のPC掲載費用約45万円約85万円約96万円
近年の関西の費用約10万円~20万円約50万円前後約50万円~100万円
葬儀費用の目安額

※注)
葬儀費用額で注意が必要なのは、公の機関が葬儀費用額を出していない点です。
上記の「最近のPC掲載費用」は、色々掲出している所の平均額と思って下さい。
「近年の関西の費用」は、「良心のお葬式」が独自に分析した葬儀費用額です。

葬儀費用を抑えてよい葬儀を!!

葬儀費用は、葬儀社によっても違いますし、葬儀物品にも価格差があるため、葬儀実態を知って葬儀費用を抑えるようにしなければなりません。