元警察官・現僧侶が顧問の安心・誠実な
「良心のお葬式」

25,000
[ 法事・法要 ]




四十九日法要・1周忌法要など


詳細⟸クリック
25,000円~
[ お葬式の読経 ]




火葬場読経・1日葬の読経・家族葬の読経


詳細⟸クリック
お坊さんの読経葬儀

葬儀のサポート・お坊さんの読経
「姫路市で小規模葬儀」

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀・お坊さんの読経葬儀

現代は、仏教離れ・檀家・門徒制度の崩壊によって、お坊さんのお経による、お坊さんの読経葬儀を行われない方もおられます。
お経は、故人をあの世に送り、遺族の心を癒すと言われていますので、お坊さんの読経葬儀でお葬式を執り行いましょう。

姫路市で小規模葬儀

近年のお葬式は、核家族化・親戚縁者の疎遠化・地域住民との希薄化、そしてコロナ感染症の影響によって「小規模化」しております。
姫路市にあっても、「小規模葬儀」が大半となってきております。

お葬式・小さく(小規模葬儀)

葬儀・お葬式とは?
葬儀・お葬式とは、遺族、友人・知人が故人を偲び、あの世に送るための儀式です。
葬儀は、葬儀・告別式などと言われていますが、本来は葬儀式と告別式は別のものでした。
現代は、葬儀式と告別式の区別が亡くなり、火葬も近親者のみの少人数で行うようになってきました。

現代のお葬式は、時代の流れに合わせて小さく!!

お葬式は小さく

お葬式は小さく(小規模葬儀)
近年、核家族化・親戚縁者の稀薄化・近隣者との疎遠化などから、お葬式は出来るだけお金をかけない、葬儀費用を抑えた小さな少人数のお葬式となっています。
「家族葬」というお葬式形態です。
「お葬式は小さく」こじんまりとまとまった心に残るお葬式を行えばいいと思います。

お金をかけない

お金をかけないお葬式
近年、お葬式にはお金をかけない少予算でのお葬式が言われています。
近年は、核家族化やお金の使い道が一昔前と違い、お葬式にはお金をかけなくなっています。
お葬式はご遺族の、「故人を送ってあげる」という気持ちが一番大切です。

姫路市の近年の葬儀・家族葬

近年、葬儀業界は高齢化社会を反映して、一大産業となっております。
各葬儀社・葬儀斡旋業社は、色々な葬儀方法で葬儀を打ち出しております。
市民のアドバイザー「良心のお葬式」にご相談下さい。

姫路市での葬儀

姫路市には、市民葬儀・規格葬儀はありません。
勿論、西宮市など市によっては、市が葬儀を受け付け、市民葬として葬儀を執り行うところもありますが、姫路市は市民葬儀など市が関係する葬儀はありませんので、施主(喪主など)が葬儀社を探さなければなりません。
只、仏式においては西宮市など市民葬・規格葬儀を執り行う市にあっても、僧侶の読経依頼は、施主(喪主など)が独自で僧侶を探し、読経依頼をしなければなりません。
姫路市には、名古山斎場に併設されている葬儀式場があります。
姫路の葬儀広報⇒姫路市おくやみ

姫路市での葬儀の取り組み

姫路市には、名古山斎場があり、火葬場付設の葬儀式場があります。
式場を使用する場合は葬儀社に申し込んでからの利用となるようです。

名古山斎場
 
所在地:姫路市名古山町14番1号

葬儀式場借り上げ費用を比較

お葬式となった場合は、葬儀社に依頼しなければなりませんから、葬儀社が用意する祭壇など葬儀一式の費用は別費用となります。
ですから、葬儀社が葬儀式場を所持していた場合、式場の借り上げ費用はどちらが安いか又、名古山斎場を借り上げた場合、即火葬場ですから火葬場までの交通費は不要ですので、その交通費をプラスしてどちらが安くつくか、になると思います。
これは費用面だけを考えてのことですが、式場の清潔さ・綺麗さ・新しさを加えた場合も考えなくてはならないと思います。

姫路市での火葬

姫路市には、名古山斎場があり、火葬場付設の葬儀式場があります。
式場を使用する場合は葬儀社に申し込んでからの利用となるようです。

名古山斎場
 
所在地:姫路市名古山町14番1号


火葬の手続き
姫路市の窓口に届け出し、名古山斎場、清水谷斎場を利用することが出来ます。
死亡届により、火葬許可証が交付されます。
通夜・告別式が執り行えます。
詳細な問い合わせ先
姫路市役所市民局市民生活部名古山霊苑管理事務所

葬儀に於いて市の関与が無いため、事前に良い葬儀社をさがす

姫路には市営葬儀・規格葬儀の取り扱いはありません。
又、市の葬儀式場の使用は出来ますが、故人での借り上げは出来ず、葬儀社を通じての借り上げとなります。
ですから、姫路市の役所としての葬儀への関与が無いため、「葬儀社を通じて」では、事前に良い葬儀社をさがしておかなければなりません。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

葬儀社依頼前に、早く枕経をあげる

「仮通夜・通夜」前に必ず、枕経をあげる

安置後、直ぐに枕経

病院でお亡くなりになった後、ご遺体の安置場所に遺体搬送を行います。
ご遺体安置後、葬儀社依頼前に、出来るだけ早く「枕経(まくらぎょう)」をあげなくてはなりません。
この枕経は、「娑婆では、今までお世話になりました。長い間、見守って頂きありがとうございました。」と、お釈迦さまにお礼のお経をあげるものなのです。
本来ならば、臨終に臨んで、本人がお経をあげるものなのです(そのため臨終勤行と言われる)が、いつ絶える命か分かりませんので、本人に代わって僧侶があげるのです。
ご遺体の枕元で亡くなろうとする者に代わって、僧侶がお経をあげることから「枕経(まくらぎょう)」と言われます。
この枕経をあげると「お顔が奇麗になる」と言われています。
近年では、宗教離れ・仏教離れから、この枕経が省略されがちですが、故人に代わって必ず枕経をあげましょう。
枕経は、通夜経とは違うお経なのです。