駅近の葬儀社での葬儀の実施

駅近の葬儀社を選ぶ
葬儀・お葬式を行うにあたって、大切なことは葬儀を執り行う式場が「駅近」であれば非常に便利だと思います。

利便性を考えての葬儀式場選び

お葬式となった場合、葬儀式場が駅から遠ければ、車両を所持していない方は、列車、タクシー、バスを利用しての参列となります。
葬儀主催者(遺族)にとっても、葬儀会館が駅近であれば万が一の時、列車・バス・タクシーなども利用可能ですし、物品の購入にしても、駅付近には色々な店があり便利だと思います。
遠方からの参列者であれば、宿泊も考えなければならない場合もありますので、駅付近にはホテル・旅館がある可能性が大で、宿泊にも備えることが出来ると思います。

葬儀業の種類

葬儀業(社)を分類

全国規模の葬儀社
葬儀式場を各地域ごとに所有し全国展開している葬儀社
中規模の葬儀社
数地域、或は一地域に於いて、葬儀式場を所有し一定地域で葬儀業を行っている葬儀社
小規模の葬儀社
葬儀式場を所有せず、公民館・集会所・お寺などを借り上げ葬儀式場としている葬儀社
葬儀斡旋を業としている企業
パソコンなどメデァを活用して、葬儀の集客を行い、葬儀を葬儀社に下請けさせる企業

葬儀社・葬儀場所などの葬儀相談

色々考える

葬儀を依頼するにあたって、葬儀場所をどこにするか?を決めることは大切なことです。
利便性を考えて、駅近の葬儀式場とするのもいいことだと思います。
又、葬儀となって心配しなければならないのが葬儀社依頼と葬儀費用でもあります。
葬儀は急な出費となりますし、高額な出費です。
葬儀場所を何処にするか?と合わせて考えなければならないのが、葬儀社を何処に依頼するか?葬儀費用・葬儀方法などです。
葬儀となった場合、やはり第三者的立場の人に相談するのがベストです。

安心・信頼で出来る者に相談

元警察官・現僧侶

元警察官・現僧侶の無料相談
葬儀社を決めるにあたって、無料相談などを行ったうえ、葬儀社を決めたほうが良い葬儀・後々後悔しないお葬式が出来ると思います。
又、葬儀相談は、第三者的立場の者に相談するほうが偏った内容とならないと思います。
被相談者によっては、相談者を自分の方向に向かせ、誘導する内容となりかねません。

葬儀をどう行うか?

葬儀となった場合、葬儀費用・葬儀場所・親戚などへの連絡・参列者数などを考えなければならないと思います。
その為には、お葬式をどのように執り行うか?という葬儀方法を考えなくてはなりません。
葬儀の方法によって葬儀費用も決まりますし、参列者数も決まってきます。

葬儀方法は大分類として3種類
(そのうちから1つを選ぶ)

直葬

直葬(釜前葬)
直葬とは、24時間遺体を安置した後、葬儀式を行わず火葬に付す葬儀形態です。
火葬式とは、直葬であっても火葬の直前に僧侶の読経を行って頂く葬儀方法です。

1日葬

1日葬
1日葬とは、通夜式はなく、1日で告別式のみを行う葬儀形態です。
近年増えつつある方法です。

一般葬

一般葬
従来から行われている通夜式のある葬儀形態です。
近年減少傾向にある葬儀方法です。

大分類から小分類したお葬式

家族葬
少人数で
密葬
後日、告別式を再度
社葬
主催は会社など
無宗教葬
宗教色が無い
生前葬
生きている間に行う
音楽葬
故人の好きだった音楽を流して
自宅葬
自宅でのお葬式
福祉葬
近親者がいないため役場が出す葬儀
宇宙葬
遺骨を宇宙に打ち上げる
上記は、細分化した葬儀の種類(小分類)