低料金・低価格のお葬式・低額お布施

直葬・1日葬・一般葬の費用 ← クリック

「良心のお葬式」は元警察官・現僧侶が顧問として在籍
元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

各葬儀社の葬儀費用に注意

葬儀社によって、葬儀費用に価格差
葬儀料金的にも昔と違い明確化になっているようですが、葬儀社によって価格差が大きく、そして多種多様な葬儀形態のために、葬儀をあまり経験しない私たちにとっては、どれが良い葬儀に繋がる料金設定なのか分かりにくいのが現状です。
葬儀費用は高額なものです。
ですから、簡単に葬儀社を決めるわけにはいきません。
出来るだけ多くの正確な情報を得て葬儀社を決めるのが最良の決め方です。
◎ 葬儀物品に価格差
葬儀物品にしても、高額なものから少額なものまであります。
そこで、値段ごとに見映えに差がつけられています。
祭壇においては、最近では生花祭壇が主流を占めつつありますが、使用するお花の種類、お花数によってもかなりの価格差が出てきます。
◎ 式場の借り上げに価格差
お葬式の最後のお別れの場としての葬儀式場においても、各葬儀社の式場によって、広く、清潔で、奇麗な所など式場使用料もピンからキリまであります。
◎ 火葬料金の違い
現代は、人の埋葬は火葬で行われます。
各市の火葬場は、亡くなられた方等がその市の居住者であるかによって火葬料金に違いが出てきます。
居住者以外ならば数倍の火葬料金を取られてしまいます。

葬儀社の見分けが必要

葬儀社には、低価格にして集客しようとする葬儀社、見映えを主にして集客しようとする葬儀社など葬儀社に違いがあります。
その見分け方が重要なのです。