葬儀と喪主

葬儀と喪主の意義
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。
この葬儀式は、仏教が伝来する以前から火葬式の葬儀として行われていたようです。
喪主とは、葬儀の主宰者のことです。

喪主は誰がするのか?

喪主は、殆どの場合は、家長に相当する人が喪主を務めます。
一般的には故人の配偶者や親、子供など家族が務めます。
家族に適任者がいない時は、伯父(叔父)・伯母(叔母)など、血縁関係の人が引き受けて喪主を務めます。
家族・親族がいない場合は、友人・知人が喪主を務める場合があります。
喪主は、僧侶・葬儀の参列者への挨拶など重要な事柄をこなさなければならないことがありますので、喪主としての適任者を選ぶことは大切です。
喪主の考えによって、その葬儀の良しあしを決定するといっても過言ではありません。
そのためには、喪主は葬儀に関する多くの知識を得ることが大切です。
只、通常喪主の立場であるにもかかわらず、身体的な具合や葬儀式に間に合わない外国での生活を行っている者は、その任務を果たすことが出来ませんので、その者に代わる親族が喪主を務めることになります。

喪主の役割

喪主として!!

喪主とは、遺族の代表者で、葬儀・お葬式の主催者です。
喪主は、葬儀の代表者・主催者ですから、葬儀に関わる諸々の事柄に対処・決定し、遺族の代表者として葬儀の参列者や僧侶への対処などお葬式全般を取り仕切ります。
喪主の任務概要
① どのような葬儀にするかを決定(葬儀の規模など)
② 葬儀の役割分担
③ 弔問客や会葬者への挨拶
④ 僧侶への挨拶
⑤ 親族の席順
この場合、血族・姻族の順で故人との繋がりが近い順に席順を決めればよいと思います。最近ではこの席順に拘ることは少なくなりました。
⑥ 弔電の拝読の順番
など。

葬儀と葬儀委員長

葬儀委員長
身内だけの葬儀ではなく、友人・知人が参列する葬儀或いは中・大規模の葬儀では、葬儀委員長を置くとその葬儀がスムーズに行われます。
葬儀委員長とは、葬儀における役割分担の役職名で、喪主に命じられて葬儀を取り仕切る責任者のことです。
その葬儀をスムーズに進める人と思えばいいでしょう。
葬儀と葬儀委員長の関係
葬儀において、家族葬など小規模の葬儀であれば、喪主がその葬儀をスムーズに取り仕切ることが出来ると思います。
ところが、家族葬ではない葬儀となると参列者も身内だけでなく、友人・知人も参列することが予想されます。
その場合、どうしても葬儀全般の流れを取り仕切る人が必要になってきます。
喪主が、全てを取り仕切ればいいのですが、やはり参列者が多く、又地域関係者だけでなく勤め先関係者など、それぞれの分野の方が参列するとなれば、喪主一人が葬儀全般を取り仕切るわけにはいきません。
そのためには、その葬儀の取り仕切り・スムーズな流れを考えて、実行していく葬儀委員長が必要になってくるのです。
葬儀委員長の現在の立場
近年、直葬(釜前葬)や家族葬と呼ばれる身内だけの葬儀が増えてきているため、はっきりと葬儀委員長としての役を置く葬儀は減ってきております。
しかし、故人には人として生きてきた長い歴史があるのです。
故人が接した多くの人達と伴に故人を偲ぶという心を持つことが、残された者の幸せに繋がるという認識が必要だと思います。
故人を偲ぶという認識が無ければ、幸せは当然なくて当たり前ではないでしょうか。
脈々と受け継がれてきた先祖を大切にする気持ちがあってこその、「幸せ」なのではないでしょうか。

具体的に喪主のやるべきこと!!

やるべき事の流れ
死亡

医師より死亡診断書を貰う

親族等への訃報の連絡
(葬儀方法を考えておく)


遺体搬送

安置

枕経をあげる

葬儀相談

葬儀社決定

葬儀社との打ち合わせ

喪主としての挨拶・諸々の決定

死亡診断書を貰う

死亡診断書(死体検案書)

死亡の確認の書類である死亡診断書を病院或は医師からもらいます。
生前に治療を受けていた病気など死因が明らかな場合には、死亡診断書が発行されます。
近年は一昔と比べて、中々、死亡診断書がもらえないことが多くなりましたが、その際には警察からの死体検案書が発行されます。
この死亡診断書或は死体検案書は、役所に提出しなければなりません。

親族などへ訃報の連絡

身内の死に対し、親戚や友人・知人・会社関係者などお付き合いのある人に電話などで連絡します。
訃報の連絡において大切なのは、どこまで連絡するかということだと思います。
家族葬でお葬式を執り行う場合は、訃報の連絡がかなり絞られてくると思います。



参列者数によっては、お葬式方法・お葬式にかける費用も違ってきますので、訃報の連絡に際しては、葬儀方法の検討が必要です。
又、近年では一般葬家族葬1日葬に限らず、香典や供花の辞退が行われておりますが、そのような香典や供花の辞退を行う場合は、訃報の連絡の際に一緒に伝えておきましょう。
訃報は、出来るだけ早く伝えなければなりませんので、親戚関係・会社関係は、信頼できる方にリレー方式で連絡して頂くのも一つの方法です。

遺体搬送

遺体搬送

最近は、病院で亡くなられる方が大半だと思います。
病院にご遺体を永く留め置くわけにはいきませんので、安置場所へ搬送をしなければなりません。
遺体搬送は、殆どが葬儀業者になると思いますので、依頼に当たっては、遺体搬送後のお葬式の事も考えて搬送依頼することが大切です。
葬儀社に葬儀を依頼すると決まっていなくても、葬儀社に遺体搬送のみを依頼することも可能です。

ご遺体安置

安置とは、臨終から葬儀の時までご遺体を留め置くことをいいます。
自宅にご遺体を搬送する場合は、安置する場所、布団を用意しておきましょう。
遺体は24時間、火葬・埋葬することは出来ません。
現代は医療の発達によって、仮死が見過ごされることはないと思いますが、24時間以内は蘇生する可能性があるため24時間の安置が義務付けられています。
遺体の安置の期間ですが、法律的に何時までという期限はありません。
一般的に安置期間は2~3日だと思いますが、年末年始、連休、火葬場の混雑状況によっては長期間安置される場合もあります。
又、日本は昔から「友引」にお葬式を出さないという風習がありますから、遺族の気持ちを尊重して葬儀の日にちを伸ばす場合もあります。
遺体の安置する期間には法律的に決まりはありません。

お坊さんの手配枕経をあげる

枕経(まくらぎょう)を出来るだけ早くあげる

身内が亡くなれば、まず、しなければならないのが、お坊さんの手配です。
ご遺体の安置が終われば出来るだけ早く、「枕経(まくらぎょう)」をあげなくてはなりません。
そのお坊さんの手配が大切です。
この枕経をあげることによって、「故人のお顔が奇麗になる」と言われています。
枕経の後に、葬儀日程の調整・戒名(法名)お布施などについて、お坊さんと調整すればいいと思います。

利害関係のない所に葬儀相談ー葬儀社の決定

葬儀社選びが「葬儀の良し悪しを左右」!!

良い葬儀社選び

身内の死に臨み、残された遺族は悲しみに暮れながらも、故人の生きてきた証を大切にし、故人の最後のはなむけとしてのお葬式を執り行わなければいけません。
精神的に余裕がなく、殆ど経験しないお葬式ですから、尚更慎重に葬儀社選びをしなければならないと思います。
葬儀社選びは、そのお家の「お葬式の良し悪しを左右する」と言っても過言ではありません。

葬儀社を簡単に決めない-相談し検討する!!

身内の死に対し、慌てたり、困惑したりするのは当然です。ですから、尚更、慎重に行動することが大切です。
病院に紹介された葬儀社に直ぐに連絡・依頼したり、斡旋業から紹介された葬儀社に連絡・依頼したり、と簡単に依頼すれば「葬儀社を探すという面倒さはありませんが、後々後悔するやもしれません。
後々、後悔しないためには、無料の葬儀相談を利用し、よく検討して葬儀社を決めることが大切です。
・遺族の身になって対応してくれる親切な葬儀社か?
・葬儀費用は高くないか?
・参列者・僧侶にも丁寧、親切に対応する葬儀社か?
・葬儀費用に見合った或はそれ以上の設備、備品でされているか?
・家族葬で葬儀を執り行うのか
等は、最低限考えなければならないことだと思います。

「良心のお葬式」は、葬儀のアドバイス組織

「良心のお葬式」に元警察官・現僧侶が顧問として在籍

元警察官現僧侶 に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

「良心のお葬式」は、皆さまに出来るだけ低料金・低価格の安いお葬式の実現と良き僧侶の安いお布施での読経を願って組織したサポート・アドバイス組織です。
中々、経験しないお葬式ですので、分からなくて当たり前です。
後々後悔しないためにも、是非、相談を行ってから葬儀社依頼を行って下さい。
特に近年では、お葬式に際して「家族葬」という言葉が使われているが、「家族葬」はどのようなお葬式なのか、具体的に知ることは大切です。

葬儀社との打ち合わせ

葬儀社との打ち合わせによって、葬儀日程・葬儀方法・葬儀プラン内容・料理・返礼品などを決めていきます。

葬儀日程を決める

打ち合わせ

・役所への火葬の手続き(順番取り)
死亡が確認され葬儀を行うとなった際、市役所へ連絡して火葬の手続きをしなければなりません。
依頼した葬儀社が行ってくれると思いますが、遺族も行うことが出来ます。
葬儀日程は、故人が亡くなる時間帯や火葬場の休閉日、或は「友引」を嫌っての日延べ、又、家族・親族が間に合わないなど又、お坊さんの都合も加味しながら決定します。
・死亡診断書の役所への提出
7日以内に死亡地・死亡者の本籍地・届出人の住所地の市区町村に届けなければならないようになっています。
その際、役所より「火葬(埋葬)許可証」が交付されます。
この「火葬(埋葬)許可証」が無いと火葬・埋葬が出来ませんので、火葬が終わった後も埋葬まで紛失しないように大切に保管しましょう。

葬儀方法を決める

自分宅に見合った葬儀方法は「どの方法か?家族葬で行うほうがいいのか?」を考え、葬儀方法を決定します。
その際、葬儀予算を考慮して葬儀物品なども決定します。
葬儀方法は、3方法から1方法を選んで行います。
故人の為に、「音楽葬」で葬儀を執り行いたいと思えば、葬儀方法の3方法から1方法を選んで「音楽葬」で行いたい、と葬儀社と協議すればよいのです。

通夜・葬儀の挨拶

通夜・葬儀の際の挨拶は、喪主の役割ですが、喪主として挨拶が難しい場合には、代理人が行うことになります。

通夜での挨拶

通夜での挨拶例
本日はご多忙中にもかかわらず、○○の通夜にご弔問頂きまして誠にありがとうございます。
ここに、生前賜りましたご厚情に対し厚くお礼申し上げます。
尚、明日の葬儀・告別式は○○時より執り行わさせて頂きますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

通夜ぶるまいでの挨拶

通夜ぶるまい

本日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。
皆様にお越し頂き、○○もさぞかし喜んでいることと存じます。
ささやかではございますが、お食事の用意をしております。
又、お時間の許す限り、故人の生前のお話などをお聞かせいただければ幸いです。

葬儀・告別式での挨拶

葬儀・告別式での挨拶例
本日はご多忙中にもかかわらず、故○○の葬儀に当たりまして、多数の方のご会葬を頂き誠にありがとうございました。
ここに、生前賜りましたご厚情に対し厚くお礼申し上げますとともに、今後残された遺族に変わりなきご厚情を賜りますようお願いいたします。
簡単ではございますが、これを持ちましてお礼の挨拶にかえさせて頂きます。

精進落としでの挨拶

精進落としの意味
精進落としとは、初七日法要を終えた後に僧侶・会葬者・故人の親戚が集まって食事をする席のことをいいます。
現在では、殆どが繰り上げ初七日法要で行われますので、その後に精進落としが行われるのが一般的です。
精進落としの際の挨拶例
皆さま、この度は○○の葬儀に参列して頂きありがとうございました。
皆様のおかげで故○○の通夜・告別式を滞りなく行うことが出来ました。
ささやかではございますが、皆様の慰労と感謝の意を込めまして精進落としとしてお食事をご用意いたしました。
故人の思い出をお聞かせ頂きながら、ごゆっくりお召し上がりください。
本日はありがとうございました。

式場の席順・焼香順の決定

式場内の席順は、祭壇に向かって右側の前列の最も祭壇に近い所が喪主席で、その後は血縁順となります。
右側の席が埋まれば、左側の前列・後列の順に座ります。
故人の配偶者は、棺に寄り添うという役目がありますので、ご本人が喪主でなくても、喪主の上座もしくは喪主の次の席がよいと思います。
近年では、核家族化、親戚縁者との希薄化等によって、席順を決めて座るという行為は薄れてきております。
特に家族葬では、席順はあまり考えなくてよいと思います。
焼香の順番は、席に着いた順番で行っていけばよいでしょう。

供花・供物の並べ順

お供えの順番は、故人と関係の深い方から順番に祭壇に近い所より順にお供えします。
祭壇の左右どちらが上座か迷う場合は、故人の頭の方を上座、足元の方を下座と考えればいいでしょう。

受付係を決める

受付

葬儀の受付は、現金を預かりますから、最低2名で行いたいものです。
一般葬では、親族関係、会社関係、近隣住民の方と分けてお願いするほうがスムーズに事が運ぶと思います。
近年の家族葬では、故人に近い親族が行った方がいいでしょう。
近年では、家族葬でのお葬式が増えてきている為、香典を受け取らないで、参列された方に几帳のみをお願いすることも増えてきているようです。

弔電の順番を決める

弔電は、普通は1,親族、2,会社関係、3,地域住民の順に読み上げますが、公職者や地域の有力者を先に読む場合もあります。
弔電拝読では、時間的関係から司会者が数通のみを本文・肩書・氏名を読み上げますが、その他の弔電は肩書・お名前のみを読み上げるのが一般的です。
弔電の順番・肩書・氏名のみの割り振りが喪主の務めです。社葬など公的な葬儀の場合は、肩書を優先して読み上げるようにし、一般の葬儀では故人と交流が深かった方を優先して読み上げるのもいいでしょう。
故人を偲ぶ心のこもった文章の場合は、優先的に読み上げるのもいいと思います。
注意しなければならないのは、故人や喪主の勤務先の方が参列されている場合には、その勤務先からの弔電は確実にはっきりと読み上げる配慮も必要です。

火葬場への車両の手配

親族が火葬場に向かう際の車両の手配が必要です。
霊柩車と一緒に向かう車を供車と言いますが、この車の手配もしなければならないと思います。
マイクロバス・タクシー・自家用車、いずれかで行くことになると思いますが、火葬場までの距離など葬儀で疲れているということもありますので、マイクロバス或はタクシーの方が無難だと思います。

棺へ納めたい物の準備

副葬品

棺に納める故人の思い出の品々を「副葬品」と言いますが、最後のお別れの際にその副葬品を棺の中に納めます。
この副葬品は、故人が集めていた趣味の物やご家族との思い出の品、写真・衣類などとなります。
只、注意しなければならないのは、「金属の品物」「ガラス製品」「陶器」など、燃えないものは一緒に入れることは出来ません。

「良心のお葬式」の活動範囲

「良心のお葬式」の活動範囲は、一応関西、特に京阪神方面とさせて頂いております。
只、「良心のお葬式」の顧問である元警察官・現僧侶が神戸・西宮で勤務していたことから、主に神戸・西宮を中心に活動しております。
姫路は、元警察官・現僧侶の出身地域であります。

葬儀(お葬式)読経の対応地域

姫路神戸芦屋
西宮尼崎伊丹
宝塚三田川西
摂津茨木豊中
吹田池田箕面
大阪枚方高槻
寝屋川京都
東大阪明石加古川
たつの市太子町長岡京市
※相談することによって大半が解決します