近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!
お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

僧侶の意味

僧侶は、サンスクリット語の「サンガ」の音を漢字で略した「僧伽(そうぎゃ)」を略したもので、仏教では出家した修行者の教団を意味します。
つまり、集団をさす言葉ですが、日本では一人でも僧侶と呼ばれてきて今日に至っています。

僧侶の役割

日本では、聖徳太子が「十七条憲法」を定め、その中で「篤く三宝を敬え。三宝とは、仏と法と僧となり」と、仏教伝来から「僧」という言葉が使われてきましたが、正式な僧は存在しませんでした。
日本で初めて僧が誕生するのは、鑑真が来日した時からです。
僧の役割は、修行によって悟りを開くことや、教えによって人々を救済することです。
只、江戸時代の檀家・門徒制度によって、僧は檀家である庶民の葬儀や法要を取り仕切るようになり、死者の霊を弔う役目を担うようになったのです。
この檀家・門徒制度は、江戸幕府が庶民を管理するために制定したものであり、民主主義の発展した現在、「檀家・門徒制度」を考える時期ではあります。

葬儀の相談・葬儀の時の読経

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。