お布施(2万5千円~)が、格安の
「良心のお葬式」

近年の葬儀状況と葬儀費用・葬儀相談!!



低料金・低価格・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀は先祖供養との結びつきから

ブッダ(お釈迦さま)が生存していた当時のインドでは、仏教は葬儀とは関係ありませんでした。
しかし、インドから中国へと仏教が伝播していくにつれて、仏教は先祖供養の民間信仰と結びつくようになっていきました。

仏教と葬儀の結びつき

日本では、538年仏教が伝わり、6世紀末に聖徳太子が仏教を国つくりの基本としたことから、様々な仏教文化が育まれ、儀礼や習俗が確立されていきました。
その代表格が葬儀です。
平安時代には、貴族の葬儀が寺院で行われるようになりました。

僧侶が葬儀を取り仕切る

一般庶民の葬儀は、鎌倉時代以降に仏教の影響が見られるようになってきました。
当時、基本的には村落共同体で葬儀を取り仕切り、棺などを作っていたと言われています。
現在のように、僧侶が庶民の葬儀を執り行うことが一般化するのは、江戸幕府によって「檀家制度」が定められた時からです。
この檀家制度によって、全ての民衆が、いづれかの寺院を菩提寺として、その檀家になることが義務づけされることになり、葬儀も僧侶が取り仕切るようになりました。
近年では、職業が区分化され、葬儀社が葬儀を取り仕切っています。

「良心のお葬式」葬儀対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・豊中
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。