葬儀(吹田市)

ホーム > 葬儀(吹田市)

   「急な葬儀」、どうすればと困ってしまいます
         
市営葬儀に僧侶読経(お経)は付いていません。
僧侶のお経は、別依頼となります。 

〇 葬儀社を何処にするか、決めかねている方
〇 葬儀の時、お寺・僧侶を何処に依頼すればよいか、
  分からない方
  市民サポートセンター
僧侶・司法書士などのグループ

  元警察官の僧侶が顧問の
  「良心のお葬式」

吹田市の葬儀

 

吹田市役所の葬儀取り組み

吹田市内に於いて、葬儀に関する問い合わせは地域環境課です。又、葬儀を行った後も色々な手続きがありますので、吹田市役所に問い合わせが必要です。
吹田市役所地域環境課
〒564-8550吹田市泉町1丁目3番40号
電話06-6384-1361
に直接問い合わせるか
電話:06-6384-1231(代表)
です。

吹田市規格葬儀

吹田市の葬儀関係の取組として、「規格葬儀」を行っています。以前(平成29年6月末まで)は市営葬儀がありましたが、規格葬儀(平成29年7月から)が始まることによって市営葬儀は廃止になりました。

規格葬儀
規格葬儀とは、手続きの簡略化及び「簡素にして厳粛な葬儀」を提供するため、平成29年7月より規格葬儀制度が実施されました。
これは、吹田市が定める規格・料金に従い、市が指定する永年の経験を有する葬儀業者の協力により行うものです。

葬儀の申し込みについては、吹田市指定業者へ直接お申付けください。なお、規格葬儀実施に伴い、現行の吹田市営葬儀制度は平成6月をもって廃止します。

規格葬儀を利用できる方
喪主(施主)、又は死亡者が吹田市民であり、吹田市内で葬儀を執り行う方

問い合わせ先
〒564-8550大阪府吹田市泉町1丁目3番40号地 域環境課 電話 06-6384-1361

吹田市の火葬場(斎場)
葬儀と火葬
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式のことをいいます。法律的に遺体は24時間火葬に付すことはできません。どのような葬儀方法を行うにあたっても24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。

吹田市の斎場・火葬場
名称 吹田市立やすらぎ苑
所在地 吹田市吹東町17-1
電話 06-6381-1689
アクセス JR吹田駅から1,2km、徒歩15分、阪急電鉄相川駅から0,9km、徒歩13分

・特徴
火葬炉があるので、直葬(火葬式)を行うことが可能です。宗教・宗派を問わず利用できます。吹田市による運営です。市営斎場なので、係員へ心づけ(チップ)は渡してはいけません。(吹田市の広報より)

吹田市では市管理の墓地(川面墓地)があります。

 

 僧侶の読経(おきょう)は、葬儀社依頼とは別の依頼となります。

    吹田市での、お葬式の時の「お経」の依頼は「良心のお葬式」へ

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方
   元警察官が僧侶で顧問の
      「良心のお葬式」

 

身内が亡くなって行うこと(臨終から火葬までの手続き)
吹田市役所にまず届け出をすることを念頭に、
① 死亡診断書をもらう
最初にしなければならないのは、死亡診断書をもらうことです。
死亡診断書とは、その人が死亡したことを医師が証明する書類で、内容は死亡時刻、場所、死因などが記載されています。

② 死亡届の提出
この死亡診断書は死亡届と一枚の用紙となっており、これを故人の本籍地或いは亡くなった先の市町村役場に提出します。

③ 死体火・埋葬許可書を貰う
死亡届を出さないと遺体を火葬することはできません。この時に死体火・埋葬許可書をもらって火葬することになります。

死亡診断書は、その臨終に立ち会った医師が作成します。事故や変死の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書が作成される事になります。
死体検案書は、監察医や警察に委託された医師が解剖(検死)して、死因を明確にするための書類です。この死体検案書を死亡診断書の代わりとして提出します。

※注)市などへの死亡時の手続き
葬儀社が無料で行ってくれることが大半だと思いますが、有料であれば自分自身でも出来ることです。

 

         吹田市での、お葬式の時の「お経」

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官が僧侶で顧問の
「良心のお葬式」