安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

近年、お葬式の方法・費用も色々

元警察官現僧侶 に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

葬儀後に行わなければならないこと

葬儀と葬儀後の各種手続き

葬儀と福利厚生
人が亡くなれば、死亡診断書の交付を受け、死亡届を市町村役場へ提出し、火・埋葬許可書の交付・提出などを行わなければなりません。
市町村は居住者に対して、市営葬儀・規格葬儀・葬祭費の支給など色々な福利厚生を行っています。
葬儀後の手続き
葬儀後には、色々な手続きを行わなければなりません。
葬儀後に行わなければならない手続き(葬儀後の手続き)は、葬祭費支給のための申請手続き、年金受給停止手続き、健康保険証返却手続きなどです。
葬儀と葬祭費
葬祭費
1、葬祭費の意義
葬祭を営むための費用のことです。
保険加入者が死亡した場合に保険事業者から支給されます。この葬祭費は、葬祭を行った人に対して支給されるものです。
2、葬祭費の支給
亡くなった方が国民健康保険に加入していた場合は、葬祭費の支給の申請をすることが出来ます。
支給申請は2年以内に行わなければなりません。
3、国民健康保険に加入の方
国民健康保険に加入されている方が死亡した場合、葬祭を行った喪主などに葬祭費の支給を行っています
(1)支給条件
国民健康保険に加入されていた方が死亡した場合。
(2)申請できる方
葬祭の支給の請求できる方は、葬祭を行った方です。
(3)申請に必要な書類など
・亡くなられた方の保険証
・申請者の印鑑
・死亡の確認ができるもの
(火・埋葬許可書など)
・申請者が埋葬を行った事実が確認できるもの
(葬祭費の領収書など)
・申請者の身元確認ができるもの
(運転免許所など)
・申請者の金融機関の口座通帳
(振込できる書類等)
・その他
※注)
各市によって、葬儀に関して他の支給がある場合や支給申請に必要な書類が多少異なるということも考えられますので、事前に電話等で確認しておくことが必要だと思います。
又、国民健康保険以外の方は、加入先或いは市町村役場などに重ねて問い合わせを行った方がよいと思います。
葬儀と健康保険証
亡くなった方の健康保険証の返却をしなければなりません。又、亡くなった方が夫で、厚生年金・健康保険に加入していて、妻が扶養に入っていた場合は、新たに国民年金・国民健康保険に加入しなければなりません。
葬儀と年金受給停止手続き
年金受給停止手続き
死亡した者が年金の受給を受けていた場合は、停止の手続きを行わなければなりません。
※注)
葬儀後に各種申請を行うにあたっては、死亡届を出した市町村に「死亡後にどのような申請手続きが必要か」をよく確認し、手続きの漏れがないようにしましょう。

法事・法要などを行う

法事・法要の実施
葬儀後は、主だった法要としての
・初七日法要
・満中陰(四十九日)法要
・初盆
・百か日法要
・1周忌法要
・3回忌法要
・7回忌法要
・13回忌法要
などがあります。
納骨を行う
四十九日法要が済めば納骨いたしましょう。
只、納骨の期限は「いつまでという期限」はありません。
故人の資産を
故人の残された土地などの資産を活用し、老人ホームなどの建設を行い有効な活用。