葬儀・家族葬後の法事

葬儀・家族葬後に執り行う法事・法要

お葬式となった場合、お葬式を執り行うのも大変ですが、お葬式後も仏壇が無い場合は仏壇購入、故人が旅立っていかれるという四十九日法要、その他の法事・法要・納骨など色々な仏事ごとを行わなければなりません。
又、亡くなられた方によっては、その後遺産問題、財産分け、住宅問題、保険関係など色々な事柄を処理していかなければならないと思います。

各法事・法要の種別

葬儀後には必ず、七日ごとのお勤め(お経)並びに各法要などを行っていきましょう。
故人は、お浄土から私達を見守って下さっているのです。
私達はそのことに感謝し、「何時何時までも見守って下さい」と、法事・法要を行っていきたいものです。
葬儀義の法要は、
◎ 初七日、二七日などの中陰法要
◎ 七日ごとの七七日である満中陰法要(四十九日法要)
◎ 初盆
◎ 年忌法要(1周忌法要、3回忌法要、7回忌法要、13回忌法要・・・など)
◎ 納骨法要

法事・法要は葬儀後の儀式

葬儀は、故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではなく、遺族・知友が相集い、故人を追憶しながら、人生の無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事のことです。
つまり、故人を偲び仏縁を頂いてお釈迦さまに残された者を見守って頂くための儀式なのです。
一般的に法要は、遺族が故人の供養をと行うものです。
法要を行うことによって、故人は極楽浄土に往生できるとされています。
故人を供養するためには必要な儀式です。
法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う追善供養と残された者の幸せを願って行う儀式です。
一般的に法要は「法事」と呼ばれたりしますが、正確にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、「法事」は追善供養の後の会食を含んだことををいいます。
浄土真宗では、臨終と同時に極楽往生するという考えますので、中陰法要は故人を偲び仏法に接するためのものと考えます。

葬儀と法要の関係

中陰・満中陰法要

人として生きている限り、いつかは命絶えるのですから葬儀は欠かせないものです。
人として生きてきた限り、やはり先人の追善供養は必要なものですので、葬儀と法要は切り離せないものです。
葬儀直後
葬儀式、火葬を終えた後、自宅に戻ってきた遺骨は、葬儀社などが用意した中陰壇に安置します。
中陰壇には、三具足や白木の位牌、供物、遺影を置きます。
この中陰壇は、お仏壇の横に設置します。
初七日など法要はお仏壇の前でします。
只、習俗では、死後四十九日の中陰の間は、死者の行き先が定まらないとされていますので、中陰の間は中陰壇の前でお勤めしてもよいでしょう。
浄土真宗では、即仏といってお浄土に行かれているのですから、死者は行き先に迷ってはいないという教えです。
初七日法要
初七日法要とは、亡くなられてから数えて七日目に行う法要です。
亡くなられてから四十九日間のことを中陰といいますが、この七日ごとに法要を行う最初の 七日目の法要の日を初七日法要といいます。
葬儀と満中陰法要
葬儀後の満中陰法要(四十九法要)
中陰とは、人が亡くなつてから四十九日間のことをいいます。
人が亡くなった時、七日毎に、初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日、と法要を勤めます。
この七七日を、満中陰法要といいます。
或いは四十九日法要ともいいます。
中陰の七日ごとの法要は、家族そろって法要を行い、満中陰法要(四十九日法要)は、遺族、近親者が揃ってお勤めをします。
満中陰法要(四十九法要)後   
① 満中陰法要(四十九法要)後は、中陰壇を取り除きます。
② 浄土真宗は「位牌」がありませんので、お仏壇での位牌使用はありません。
只、位牌の代わりとして過去帳を使用します。
③ 遺影はしまっておいてもいいですし、お仏壇の真上を避けた所にかけてもいいでしょう。
④満中陰までの間は、お花は華美なものを避け、満中陰法要後は普段通りのお花を飾ればいいでしょう。

年忌法要

 ★1周忌法要
1周忌法要とは、亡くなられてから1年が経過した際に行う法要です。
★3回忌法要
亡くなられてから2年目に行う法要です。
その後に、7・13・17・25・33・50・100回忌法要を行います。
★お盆・初盆
お盆とは、先祖や亡くなった人の霊を祀る行事で、お釈迦さまの弟子の一人である目連尊者の故事に由来している法要です。
初盆は、四十九日(満中陰)が過ぎてから初めて迎えるお盆をいいます。

納骨法要

四十九日(満中陰)後に納骨を行いますが、その際の墓前での法要です。