安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

話題の無宗教葬

宗教離れからくる無宗教葬

精神面を大切にした葬儀を!!
近年、葬儀(お葬式)に於いて話題になっていますのが、宗教を伴わない葬儀、つまり無宗教葬です。
今までは、殆どの方が型にはまったように仏式・神式での葬儀を行ってきました。
近年は価値観の違い・宗教離れなどから、今まで通りの仏式・神式でのお葬式を行わない方が増えつつあります。
葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式です。
故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではありません。
遺族・知友が相集い、故人を追憶するものなのです。
只、私達は気持ちでは故人を偲んでと思いますが、今日のスピード時代においては、中々思ったようなお葬式はできないものです。
又、私たちは一生のうち葬儀(お葬式)を経験することはあまりなく、お葬式となった場合
◎お葬式どうすれば?
◎葬儀費用はいくら位?
◎葬儀後はどうすれば
◎納骨はどこに? 
など、悩んでしまいます。
このようにあまり経験しないお葬式ですから、型にはまらない葬儀を行う方も出てくると思います。
時代の進展とともに個々人の価値観の違い、あまり経験しないお葬式から、無宗教葬という葬儀形態が生まれたものと考えられます。
根本は全ての人が、宗教離れを起こしていることだと思います。
現代は経済を中心として世の中が回っています。
つまり、「お金」中心の社会となっています。
子供に教育を受けさせるにあたっても、それ相当のお金が必要という事で、あまりにも「お金」が前面に出てきて精神面が置き去りにされている感があります。
この「お金」と「精神面」の調和がとれていないがゆえに、精神面を支える宗教が置き去りにされて、無宗教葬という葬儀形態が出てきたのではないでしょうか。
近年、テレビなどメデァでよく見ますのが「故人が、こういう葬儀を望んでいたから、○○の葬儀にしたという事を見聞きします。
故人を尊重するという事はいいことでしょうが、その故人が「人間としての根本」をよく理解して、このようなお葬式にしてと言われているのでしょうか。
その所が疑問ですが?
葬儀とは前述のように、
「遺族・知友が相集い、故人を追憶するもの」ですから、葬儀の根本は「精神面」だと思います。
そのことを考える葬儀(お葬式)を行えば、最良のお葬式になるのではないでしょうか。

無宗教式の葬儀

一昔までは、仏式の葬儀、キリスト教の葬儀が主流を占めていたと思います。
最近では、音楽葬など無宗教式葬儀も出てきております。
これは前述のように、宗教離れ・仏教離れ・価値観の違いなどによって葬儀が行われるようになったからだと思います。最近では、故人が生前「音楽が好きだった。夫婦で話し合って無宗教の葬儀と決めていた」などの理由によって、音楽を流す音楽葬など無宗教でお葬式を行う方もおられます。
無宗教葬では、宗教色のないように読経(お経)、賛美歌、お焼香は無いようです。
それに代わって献花、黙とうを行っているようです。
音楽葬では、故人の好きだった曲を生演奏で演奏してもらっていることもあります。
又、お供物、位牌などは無く、白木祭壇は使用せず生花祭壇にしているようです。

音楽葬儀

注意事項
参列者は無宗教式の葬儀に慣れていないので十分な説明が必要です。

参列者のことを考えての葬儀

葬儀とは、「遺族・知友が相集い、故人を追憶するもの」ですから、無宗教葬、
例えば、
音楽を流す「音楽葬」という形の葬儀を執り行うにあたって、参列者のことも考慮に入れて、お葬儀を執り行うほうがいいと思います。
あまりにも音楽を中心とした葬儀となった場合、参列者の受け止め方によっては、「故人を追憶」という事が見受けられず、葬儀とは、何か華やかさで故人を送るものという事しか残らないかもしれません。
葬儀はやはり、厳粛という事が必要だと思います。
参列者に「厳粛」「故人を追憶」という気持ちを抱かせる葬儀を執り行うことが、人間としての精神面を大切にしたお葬式ではないでしょうか。

葬儀の無料相談を利用!!

「良心のお葬式」は僧侶・司法書士・行政書士などを中心とした、葬儀のアドバイス・葬儀・法事の読経をお受けする組織ですかあら、身内の方がお亡くなりになった場合、無料相談を利用して頂けらばと思います。
「良心のお葬式」では、元警察官現僧侶が、無料相談に応じています。