「一般葬・家族葬」は
「お布施が、格安の良心のお葬式」へ

低料金・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

お通夜とは?

通夜には、仮通夜と通夜(本通夜)と呼ばれるものがあります。
注意しなければならないのは、ご遺体安置後、葬儀社との打ち合わせ前通夜前に、出来るだけ早く枕経(まくらぎょうをあげることです。

仮通夜(かりつや)とは?

仮通夜

仮通夜とは?
仮通夜とは、亡くなった当日、或は翌日に親族のみで執り行う故人とのお別れの最後の夜と位置づけされています。
通夜(本通夜)の前日の日となります。
何故、仮通夜になるの?
何故、仮通夜が設けられたのかと言いますと、故人が亡くなる時間帯によって、火葬場の休閉日など、或は「友引」を嫌っての日延べ、或は家族・親族が通夜(本通夜)に間に合わないなどの理由によって仮通夜が設けられます。

通夜(本通夜)とは?

通夜とは?
通夜とは、遺族・親族縁者などが集まって、故人を偲び故人との最後の夜を過ごすことをいいます。
この通夜では、遺族や親族、知人・友人、その他、地域の人なども参列して行われます。
通夜は、葬儀の前夜(死亡の翌日、或は翌々日)に執り行われます。
そして、僧侶による読経、その後に簡単な食事「通夜ぶるまい」と言われる食事や飲み物が提供されます。
つまり、弔問客を迎えて行われる葬儀の前夜で、お葬式の1つです。
近年では仕事の関係上、葬儀・告別式には出席出来ないということから、通夜に参列される方が増えてきております。

お通夜の成り立ち

お通夜の原型

お通夜の意味
日本には殯(もがり)と言われる儀式が存在していました。
葬儀儀礼の1つで、故人が亡くなってから本葬する間、棺に安置した死者を見守るのです。
その間は死者の思い出にふけり、その魂を慰めながら遺体の変化を見守ることで、物理的に死者が亡くなったと認識するために行われていました。
この殯の名残がお通夜と言われています。
ですから、近親者が故人との別れを惜しむ期間ということでは、この「殯(もがり)」に通ずるものです。

仮通夜・通夜後の葬儀

葬儀とは、遺族・親戚縁者が相集い、故人を偲び故人をあの世へと送り出す宗教的儀式です。
死亡・遺体安置・枕経・通夜・葬儀・告別式・火葬といった一連の流れを葬儀呼ぶ場合もあります。
一般的には、通夜の翌日の葬儀を葬儀・告別式と呼んでいます。
以前は、葬儀を宗教的儀式告別式を社会的な儀式としてとらえていましたが、近年では葬儀と告別式を一つの儀式として執り行っているのが現実です。
両者の区別は無くなってきております。

告別式とは

野辺送り=告別式

告別式
告別式とは、告別つまり、別れを告げる儀式で、以前は「野辺送り」と言わていたもので、時代とともに現代の告別式に代わってきました。
野辺送りとは、葬儀後に遺体を火葬場、或は埋葬先まで行列を組んで運ぶ儀式をいいます。
現代の告別式は、葬儀式と一緒になっており遺族、親族、友人・知人など、生前に故人と交流のあった人が最後のお別れとして見送る儀式をいっています。
葬式
葬儀を「葬式」という言い方もあり、この葬式は葬儀と告別式を合わせて「葬式」といういい方となっています。

葬儀・葬式の行い方

音楽葬

近年、色々なお葬式の行い方がされています。
故人が、音楽が好きだったならば「音楽葬」というお葬式、故人がワインが好きだったならば「ワイン葬」と、色々なお葬式名で執り行われています。
「音楽葬」はどう行うの?「ワイン葬」はどう行うの?と迷いがちですが、「音楽葬」「ワイン葬」という名前は色々あっても、お葬式方法は3方法しかありませんので、そのうちの1つを当てはめて「音楽葬」「ワイン葬」を執り行えばよいのです。
その3つとは、
・直葬(釜前葬)・1日葬 ・一般葬です。
このお葬式方法に直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬の行い方を当てはめればよいのです。
但し、直葬(釜前葬)は、葬儀式が無いお葬式ですので、「音楽葬」「ワイン葬」は執り行えません。

(注意点)遺体安置後、早く枕経をあげる

「仮通夜・通夜」前に必ず、枕経をあげる

安置後、直ぐに枕経

病院でお亡くなりになった後、ご遺体の安置場所に遺体搬送を行います。
ご遺体を安置後、出来るだけ早く「枕経(まくらぎょう)」をあげなくてはなりません。
この枕経は、「娑婆では、今までお世話になりました。長い間、見守って頂きありがとうございました。」と、お釈迦さまにお礼のお経をあげるものなのです。
本来ならば、臨終に臨んで、本人がお経をあげるものなのですが、いつ絶える命か分かりませんので、本人に代わって僧侶があげるのです。
これが枕経なのです。
この枕経をあげると「お顔が奇麗になる」と言われています。
近年では、宗教離れ・仏教離れから、この枕経が省略されがちですが、故人に代わって必ず枕経をあげましょう。
枕経は、通夜経とは違うお経なのです。

「良心のお葬式」葬儀の読経対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・川西・宝塚、豊中・茨木・摂津・池田・箕面・吹田・枚方・大阪~京都
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。