安心な葬儀
お坊さんのお経(読経)葬儀
「舞鶴で1日葬の葬儀・家族葬」
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

25,000円~
[ お葬式の読経 ]




火葬場読経・1日葬の読経・家族葬の読経


詳細⟸クリック
25,000
[ 法事・法要 ]




四十九日法要・1周忌法要など


詳細⟸クリック
お坊さんの読経葬儀

葬儀・お坊さんの読経葬儀

現代は、仏教離れ・檀家・門徒制度の崩壊によって、お坊さんのお経による、お坊さんの読経葬儀を行われない方もおられます。
お経は、故人をあの世に送り、遺族の心を癒すと言われていますので、お坊さんの読経葬儀でお葬式を執り行いましょう。

舞鶴で「1日葬」の葬儀・家族葬

1日葬は、通夜を行わず、葬儀・告別式を1日のみで行う葬儀方法(葬儀形態)です。
1日葬にあっても、仏式葬儀の浄土真宗での葬儀が執り行われています。
近年は、舞鶴市にあっても1日葬の葬儀が増えてきております。

お坊さんのお経での葬儀・家族葬

葬儀(お葬式)は1日葬であっても、昔からの仏式で行いましょう。
亡くなってから出来るだけ早く、葬儀社依頼前に枕経(まくらぎょう)をあげましょう

枕経(まくらぎょう)
枕経とは、亡くなって何をおいても、直ぐにあげるお経なのです。
勿論、葬儀社に依頼する前にあげるお経です。
枕経は本来、亡くなろうとする者が、死の間際に、お釈迦さまに対して「ありがとうございました。娑婆では大変お世話になりました。」と、あげるお経なのです。
臨終を迎えようとする者があげるお経ですので「臨終勤行」とも言います。
死を迎えようとする者が、中々自分ではお経をあげにくいため、僧侶がその者に代わって、その者の枕元でお経をあげるのです。
故に、枕経と言います。

葬儀・葬式

葬儀・葬式には、5つの意味があると言われています。
①死を受け止める(儀式としては通夜式)
②死者を送る(葬儀式)
③死者と関係のあった人がお別れを行う(告別式)
④死者を葬る(埋葬)
⑤葬儀後、悲しみを乗り越え、死者の供養(法要)
の意味があります。
遺体は、法律的に24時間火葬に付すことはできません。
どのような葬儀方法を行うにあたっても、24時間どこかにご遺体を安置しておかなければならないのです。
一昔前は、葬儀(式)と告別式が別々の形で行われていましたが、近年では、葬儀(式)と告別式が同時進行つまり葬儀(式)と告別式は一緒のものとして行われています。

近年の葬儀の現状

近年、葬儀となった場合、1日葬や直葬が増加傾向にあります。
近年は、核家族化や葬儀の主催者・無くなっていく方が高齢の為、他の人との付き合いも薄れ参列者が少なく、どうしても小規模な葬儀となっております。
その影響で、葬儀費用のことを考えると、1日葬や直葬が好まれるものと思われます。
只、直葬が増加傾向にあると言っても、直葬の釜前葬で葬儀を執り行われる方が大半です。
この釜前葬とは、火葬場で火葬に付す直前に、僧侶の読経を行う方式です。
やはり、古来よりの葬儀式である「僧侶の読経で故人を送ってあげる」ということを重んじている結果だと思います。

「家族葬」と言う名の葬儀の増加

最近、「葬儀は家族葬でする」「葬儀は家族葬でした」ということをよく聞きます。
この家族葬は、少人数の葬儀ということです。
この言葉が使われだしたのは、核家族化・親戚縁者の疎遠化・近隣住民との希薄化によって、大規模な葬儀がなされなくなり、こじんまりとした少人数の葬儀になってきたため「家族葬」という言葉が生まれてきたものです。
近年は、参列者が少ない少人数の葬儀が多く、この「家族葬」の葬儀が非常に増えてきております。

良い葬儀社・葬儀式場をさがす

舞鶴市は、市民葬儀・規格葬儀はありませんので、葬儀となった場合、自らが葬儀社など探さなくてはなりません。
近年は、故人が高齢であったり葬儀を主宰する人が高齢の為、付き合いが少なく少人数の葬儀となると思います。
少人数・小規模な葬儀式場を考えて、葬儀社や葬儀式場をさがすのも1つの方法です。

葬儀に於いて葬儀社さがしより、お坊さん依頼を優先

葬儀依頼と僧侶の読経依頼は別依頼です。
まずは最初に枕経をあげなくてはなりませんので、僧侶依頼を優先したほうがいいと思います。
近年では、宗教離れ・仏教離れから葬儀社主導で葬儀が進められていますが、古来より人が亡くなった場合は、まず僧侶がお経をあげたものです。
その後、葬儀式の準備・告別式とすすめられていました。
昔からの方法でなければということはありませんが、先人はそれなりの良き方法を持って葬儀を行ったものです。
その事が言えるのが、枕経(まくらぎょう)です。
この枕経は、亡くなっていく者が死の間際にお釈迦さまに対し「娑婆ではお世話になりました。ありがとうございました。」とあげるものなのです。
このことからもお坊さんに最初に依頼すべきなのです。

葬儀・家族葬の流れと説明

危篤・親戚や知人に連絡

危篤となった場合は、一刻も早く知らせる
身内の危篤を医師から告げられた時には、家族、親族、友人・知人等本人が会いたがっている人に一刻も早く知らせましょう。
特に遠方の方には、危篤となる以前に病状などを知らせてあげましょう。

臨終⇒死

臨終
臨終とは、人が死のうとする間際をいいます。
死ぬことと思えばいいでしょう。
私達は身内の臨終を告げられた時、悲しみのあまり何も考えられないと思います。
医師などから臨終を知らされた後、
1、ご遺体を、どこに安置するのか考えましょう。
2、臨終に際しての枕経(まくらぎょう)の依頼先(僧侶)を探しましょう。
3、葬儀に関する無料相談を利用し、葬儀相談を行いましょう。
4、葬儀依頼は、何処の葬儀社にするか検討しましょう。
※安置場所までの遺体搬送は、葬儀社へ依頼すると思いますが、依頼にあたっては「搬送だけなのか」「葬儀依頼を同時に行うのか」を、よく検討して搬送を依頼しましょう。
5、死亡診断書
葬儀を行うにあたっては、法律上の手続きが必要となってきますので、臨終となった場合には、臨終に立ち会った医師から死亡診断書を貰う必要があります。

医師より死亡診断書を貰う

死亡届・死亡診断書

葬儀に際して、どうしても必要なのがこの死亡診断書です。
人が死亡した場合、勝手に埋葬するわけにはいきません。
やはり、法律に乗っ取った手続きが必要で、葬儀には死亡診断書が必要となります。

死亡診断書の役所への提出

葬儀と火・埋葬許可書
死亡届を役所に提出した際、役所から火葬許可書が交付されます。
この火葬許可書を火葬場に提出して火葬となります。
火葬が済んだ後に、この火葬許可書に裏書、押印して返してくれるものが埋葬許可書です。
埋葬許可書は、5年間の保存義務があります。
埋葬する際は、墓地等の管理事務所に提出しなければなりません。

死亡から埋葬までの手続き

死亡

死亡診断書を医師から受け取る

死亡届を役所に提出

火葬許可書を受け取る

火葬場に火葬許可書を提出

火葬後、埋葬許可書を受け取る

墓地等の管理者に埋葬許可書を提出

埋葬

遺体搬送(死亡先から安置場所へ)

搬送

葬儀を考えた安置場所への遺体搬送
亡くなられた所から、遺体安置場所へ遺体搬送しなければなりません。近年、殆どの方が病院で亡くなられますので、自宅或は葬儀式場への遺体搬送となります。

遺体の安置

ご遺体安置(枕直し)
安置とは、ご遺体を丁寧に据え置くことをいいます。人が亡くなれば、ご遺体を丁寧に安置し最初に枕経を出来るだけ早くあげなければなりません。

枕経(まくらぎょう)をあげる

枕経をあげる

枕経(まくらぎょう)とは、死の直前に本人が仏さまに対し「娑婆ではお世話になりました。ありがとうございました。」とあげるお経です。
只、死の直前に本人がお経をあげにくいことから、代わって僧侶がお経をあげるのです。

通夜

葬儀と通夜の関係
葬儀とは、遺族、親戚縁者などが故人を成仏させるための儀式です。
この葬儀の前夜が通夜で、遺族、親戚縁者、故人の友人・知人などが集まって最後の夜を過ごすことをいいます。

葬儀・告別式

通夜の翌日が葬儀となります。
葬儀となった場合、葬儀や告別式という言葉を使用しますが、葬儀は、亡くなられた方を偲んで執り行われる宗教的儀式です。
告別式とは、本来は葬儀の後に行われる故人の友人・知人などが、故人とお別れを告げる儀式のことをいいます。
近年では、葬儀と告別式は同一のものとして執り行われています。
又、以前は葬儀に参列される方が殆どでしたが、近年では、通夜に参列される方が増え、翌日の葬儀に参列される方は減ってきております。

葬儀後の初七日法要

繰り上げ初七日

初七日法要とは、亡くなられた時から7日目に行う法要のことです。
この初七日法要は、中陰法要といわれる最初の七日毎の法要で、極楽浄土に行けるように読経し成仏を願います。
この初七日法要は、高度経済成長期頃から、葬儀の骨上げ後の当日に行われるようになりました。

式中初七日法要

亡くなられて七日目に執り行うのが初七日法要ですが、
近年では、その初七日法要が、葬儀式の読経のすぐ後に、初七日法要の読経として行われるようになってきました。
つまり、葬儀式中内に「初七日法要」として行われるようになってきたのです。
これを「式中初七日法要」と言います。

色々な葬儀方法の名称

葬儀方法は色々な方法があります。
大原則は、一般葬1日葬直葬の方法です。
この大原則の葬儀方法から、家族葬、密葬、宇宙葬、音楽葬、無宗教葬、ワイン葬、シンプル葬、仏式葬儀、浄土真宗葬儀など色々な呼び名の葬儀があります。

舞鶴の葬儀関係

舞鶴葬儀の状況

舞鶴には、市が運営する市営葬儀・規格葬儀などはありません。
市の運営する式場もありません。
市営葬儀などがありませんので、市民の葬儀サポート「良心のお葬式」へご相談下さい。
舞鶴市の葬儀広報⇒市民課 | 斎場 | 舞鶴市 公式ホームペー
舞鶴市の人口・世帯数(令和4年3月1日現在)
人口:79,265人 世帯数:39,793人
舞鶴市の概要
舞鶴市は、京都府の北部に位置し、北は日本海(若狭湾)に面し、東は福井県高浜町、南は綾部市と福知山市、西は宮津市と接しています。
その面積は 342.12 ㎢、京都府の約 7.4%を占め、東西29.7km、南北 24.9km、海岸線は 119.9km に及んでいます。又、オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定されている冠島や沓島などの島々も舞鶴市に属しています。
舞鶴市の市街地は大きく2つに分かれており、田辺藩の城下町・商港から発展した西地区、海軍の軍港から発展した東地区と両地区とも特徴的な市街地を形成しております。
その他にも地勢的に中地区、加佐地区、大浦地区の5地区で構成されています。
また、日本海の海運が発達した江戸・明治時代には、神崎、田辺、市場などに湊をもち、北前船の寄港地として日本海海運の一翼を担い、北海道・東北と大阪を結ぶ海の交通の要衝となっていました。
ホーム(トップ)に戻る⥢クリック

舞鶴市の火葬

舞鶴運営の火葬場はあります
舞鶴市の火葬場所在地:京都府舞鶴市字余部上729番地

舞鶴の状況

舞鶴市の人口・世帯数(令和4年3月1日現在)
人口:79,265人 世帯数:39,793人
舞鶴市の概要
舞鶴市は、京都府の北部に位置し、北は日本海(若狭湾)に面し、東は福井県高浜町、南は綾部市と福知山市、西は宮津市と接しています。
その面積は 342.12 ㎢、京都府の約 7.4%を占め、東西29.7km、南北 24.9km、海岸線は 119.9km に及んでいます。又、オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定されている冠島や沓島などの島々も舞鶴市に属しています。
舞鶴市の市街地は大きく2つに分かれており、田辺藩の城下町・商港から発展した西地区、海軍の軍港から発展した東地区と両地区とも特徴的な市街地を形成しております。
その他にも地勢的に中地区、加佐地区、大浦地区の5地区で構成されています。
また、日本海の海運が発達した江戸・明治時代には、神崎、田辺、市場などに湊をもち、北前船の寄港地として日本海海運の一翼を担い、北海道・東北と大阪を結ぶ海の交通の要衝となっていました。

葬儀・家族葬の時の読経・対応地域

西宮・神戸を基軸として京阪神・京都府などの地域に於いて、
葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市・舞鶴市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。