人の最期は、豪華なお葬式で

一昔前は、お金をかけた豪華なお葬式

人はいずれかは亡くなっていきます。
日本は仏教国として、人の最期は僧侶の読経でお葬式を執り行ってきました。
日本の葬儀は、故人を浄土に送り、残された者の幸せを願って行われてきた葬儀の式典なのです。
以前は立派な祭壇、食べきれない程の豪華な食事など、お葬式にはお金をかけたものです。
一昔前はそれ程、お金をかけた豪華なお葬式が行われてきたと思います。
しかし、お金をかければいくらでも豪華お葬式が出来ると思います。
近年は、お葬式にお金をかけなくなっています。
お金をかけずに豪華なお葬式を考えなければならないと思います。

近年は、お金をかけないお葬式

近年は核家族化・親戚縁者との疎遠化・近隣者との希薄化、そして宗教離れ・仏教離れから、お葬式はこじんまりとしたお金をかけないお葬式に変わってきております。
葬儀式をしない「直葬」という、お葬式方法も出てきております。

お金をかけず豪華なお葬式を!!

近年のお葬式は、時の流れとともに変遷してきております。一昔前は、白木祭壇が主流を占めていました。
この白木祭壇は、回し使いするにもかかわらず高額な祭壇となっていました。
只、欠点は白木の真っ白な祭壇から時間とともに、木の色が茶色く変色してくるのが難点でした。
そのような事もあってか、近年はこの白木祭壇よりも生花祭壇が主流となってきております。
旧来の白木祭壇を利用し、尚且つ近年の生花祭壇を生かせば豪華な祭壇になると思います。

豪華なお葬式方法

お金をかけないで豪華なお葬式にすることは出来ます。
お葬式は、故人にとっても私たちにとっても最後の別れの式典なのです。
それを実現することが、又私たちの幸せにも繋がります。
豪華なお葬式にする方法は
◎ 葬儀式場の全体の見映え
◎ 葬儀式場の出入り口の広さ
◎ 式場出入口は、即式場ではなく、式場までに空間がある
◎ 参列者に見合った式場の広さ
(参列者が少ないにもかかわらず、広すぎれば逆に貧弱に感じる・逆に参列者が多いにもかかわらず、狭すぎればごちゃごちゃした感)
◎ 生花数を出来るだけ増やす
◎ 親戚縁者が多ければ、供花をして頂く
◎ 祭壇前後が広々としている事
◎ 参列者どうしの間が広く取れること
などを行えば、華やかな見映えとなり、豪華なお葬式となります。

葬儀は、葬儀相談からが始まり

葬儀は相談から

「良心のお葬式」とは
☆ 市民の相談所
(アドバイス組織)
元警察官・現僧侶が顧問として在籍
☆ 葬儀時の僧侶の読経の受理

葬儀社依頼前に、まず無料相談を!!

元警察官・現僧侶

「良心のお葬式」は、元警察官・現僧侶が顧問で無料相談に対応しています

まず相談

葬儀となった場合、葬儀社依頼前に、必ず中立的立場の所に相談が必要!!