安いお布施の「良心のお葬式」
低料金・低価格で、いい葬儀・家族葬の実現
格安・お布施の「お坊さん」へ依頼

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(葬儀には24時間、即対応)

近年、お葬式の方法・費用も色々

元警察官現僧侶 に葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757

お葬式のことなら「良心のお葬式」

近年のお葬式の基本は3方法!!

・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

人の最期は、豪華なお葬式で

一昔前は、お金をかけた豪華なお葬式

人はいずれかは亡くなっていきます。
日本は仏教国として、人の最期は僧侶の読経でお葬式を執り行ってきました。
日本の葬儀は、故人を浄土に送り、残された者の幸せを願って行われてきた葬儀の式典なのです。
以前は立派な祭壇、食べきれない程の豪華な食事など、お葬式にはお金をかけたものです。
一昔前はそれ程、お金をかけた豪華なお葬式が行われてきたと思います。
しかし、お金をかければいくらでも豪華お葬式が出来ると思います。
近年は、お葬式にお金をかけなくなっています。
お金をかけずに豪華なお葬式を考えなければならないと思います。

近年は、お金をかけないお葬式

近年は核家族化・親戚縁者との疎遠化・近隣者との希薄化、そして宗教離れ・仏教離れから、お葬式はこじんまりとしたお金をかけないお葬式に変わってきております。
葬儀式をしない「直葬」という、お葬式方法も出てきております。

お金をかけず豪華なお葬式を!!

近年のお葬式は、時の流れとともに変遷してきております。一昔前は、白木祭壇が主流を占めていました。
この白木祭壇は、回し使いするにもかかわらず高額な祭壇となっていました。
只、欠点は白木の真っ白な祭壇から時間とともに、木の色が茶色く変色してくるのが難点でした。
そのような事もあってか、近年はこの白木祭壇よりも生花祭壇が主流となってきております。
旧来の白木祭壇を利用し、尚且つ近年の生花祭壇を生かせば豪華な祭壇になると思います。