お葬式後の法事・法要

元警察官・現僧侶

法要とは、本来、仏教の釈迦の教えを知ることをいいます。
時の流れとともに、供養(追善供養)のことをいうようになりました。
一般的には、僧侶に読経をあげてもらう追善供養のことを「法要」といい、その後の会食を含んだことを「法事」と呼んでいます。
つまり法要とは、遺族が故人を偲び、故人の冥福を願うとともに、そのことを縁として仏法に接し、残された者の幸せを願う仏事という事なのです。
葬儀後の法要は、
◎ 初七日、二七日などの中陰法要
◎ 七日ごとの七七日である満中陰法要(四十九日法要)
◎ お盆(初盆)
◎ 年忌法要(1周忌法要、3回忌法要、7回忌法要、13回忌法要・・・)
◎ 納骨法要など

各法要

中陰法要

中陰法要の流れ

中陰法要とは
人が亡くなって四十九日間のことをいいます。
この間、七日毎に、
初七日・二七日・三七日・四七日・五七日・六七日と法要をお勤めします。
七七日(四十九日)を満中陰といいます。
浄土真宗は、南無阿弥陀仏のはたらきに出会った時に、浄土に往生することが定まり、本願のお救いによって命終の時、浄土に往生し、同時に仏とならせて頂くという教えです。
ですから、中陰法要は亡くなられた方への追善の為の供養ではありません。
故人の遺徳を偲び、この世に自分自身が命を賜った意味を心に刻み、良き仏縁として念仏の教えに耳を傾け、仏法を深く味わう法要なのです。

初七日法要

高度経済成長期頃から初七日法要は、葬儀式の骨上げ後に行うようになってきておりました。
ですが、近年ではこの初七日法要が、骨上げ前の葬儀式内で行われるようになってきております(式中初七日法要)。
この式中初七日法要は、東京方面から行われるようになったとも言われています。
今後、初七日法要は、お葬式に於いてこの式中初七日法要が主流となるかもしれません。

お盆(初盆)

お盆(初盆)

お盆とは、目連尊者の故事に由来する、夏に行われる祖先の霊を祀る一連の行事をいいます。
亡くなられて最初のお盆を「初盆」といいます。
お盆は、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。
お盆は、8月13日から15日の期間に行われていましたが、最近では、7月当初頃より行われています。

年忌法要

年忌法要

亡くなられた翌年から、祥月命日に行う仏事を年忌法要といいます。
年忌法要には、
一周忌法要・・死亡の翌年に行います。
三回忌法要・・死亡の年を1年として数えますので、1周忌の翌年に行います。
七回忌法要・・死亡の年を1年として数えて行う法要です。
その後は、十三回忌法要、十七回忌法要、二十五回忌法要、三十三回忌法要、五十回忌法要となり、五十回忌法要後は、五十年目ごとに行います。
以降は、五十回忌、百回忌となります。

納骨法要

納骨法要

納骨法要とは、お骨をお墓に納めることで、お坊さんによるお経・参列者によるお焼香など、を執り行う一連の法要儀式をいいます。
納骨は、四十九日後に執り行います。
期限については、いついつまでという期限はありません。

建碑(開眼)法要

建碑法要

建碑法要とは、新しく墓石や記念碑を建立した時に行います。
魂や性根を入れるという事ではなく、自分自身の心を新たにして、これからの維持だけではなく、先人の願い・思いを偲んで、阿弥陀如来さまのお徳を讃嘆させて頂く法要のことです。
他宗では、開眼供養といいます。

閉眼法要

墓じまい

お墓を移したり、処分したりする際に、僧侶の読経によって行う儀式のことです。
一般的には、お墓に宿っている魂を抜き、墓石をただの石に返すという意味を持つ儀式です。
この儀式を行うことを「墓じまい」ともいいます。
近年、この墓じまいが増えているようです。

入仏法要

入仏法要

お仏壇を新しくしたり、ご本尊を新しくお迎えするときに、入仏式というお祝いをします。
このことが入仏法要です。
一般的には、「お性根入れ」と呼んでいます。
お仏壇を購入することや納入する日について様々なことをいう人がいますが、気にすることはありません。

遷仏法要

遷仏法要

お仏壇を移動させる場合や、お仏壇をお洗濯するなど一時的に移す場合、或はどうしてもお仏壇を処分するときには、僧侶の読経を行います。
このことを遷仏法要といいます。
一般的には、「お性根抜き」と言っているようです。
<遷仏を行う場合>
・引っ越しでお仏壇を移動するとき
・お仏壇を洗濯する時
・同じ家の中で別の部屋にお仏壇を移動するとき
・ご本尊・お位牌を修理に出す時
・ご本尊・お位牌を買い換える時
などです。

各種法要のお布施

葬儀後などには各所法要を行いますが、各種法要によってお布施額が違います。
お布施額 クリック