お葬式の現状

小規模葬儀

近年、お葬式は簡素化してきております。
現代は、核家族化、親戚縁者・近隣住民との疎遠化などから、少人数のお葬式・お金をかけない小さなお葬式となっております。
つまり、家族葬が主流となっているのです。
そのことに加え、令和2年頃からのコロナ感染症によって益々、お葬式が小規模化して同居葬形のお葬式が出てきております。

池田市民の市営葬儀

市営葬儀の利用(2021年2月1日現在)
池田市には市営葬儀があります。
池田市営葬儀の利用は、「亡くなられた方、または喪主が市民の場合に利用できますが、葬儀の場所は市内に限られる」となっています。
問い合わせ先:特定非営利活動法人関西コミュニティ協会(072-751-3588)

市営葬儀の基本料金

葬祭用具利用料
仏式・神式・キリスト教式と料金が様々です。
別料金
葬儀消耗品(棺や骨壺など)、ドライアイス、供花、粗供養、料理等の費用

遺体移送(遺体搬送)

遺体移送(遺体搬送)料金も別料金となっています。

距離金額
10キロメートルまで12,000円
10キロメートルから20キロメートルまで14,100円
遺体移送料金も別料金

※ 注意事項として、池田市外からの移送や夜間移送は提携している業者での搬送となり料金が異なるとなっています。

葬儀式場借り上げ(別料金)

斎場(100~150名収容できる)

使用区分金額
告別式15,200円
通夜及び告別式15,2700円
使用時間が決められ、時間超過ごとに料金加算

やすらぎ会館(16畳ほど)

施設使用区分金額
白露の間
浄心の間
通夜及び通夜以外36,600円
寺院控室3,000円
使用時間が決められ、時間超過ごとに料金加算

オプション料金に注意

葬儀消耗品(棺や骨壺など)、ドライアイス、供花、粗供養、料理等の費用などはオプション・別料金となっていますので、よく吟味して依頼することが必要です。

僧侶読経も別依頼、お布施額に注意

一番大切なことは、僧侶依頼を行った場合のお布施額です。
市が紹介するところが「お布施が、高いか安いか」注意が必要です。
いくら葬儀費用を抑えても、お布施額が高ければ、後々後悔するお葬式になりかねません。

遺族の立場に立った「葬儀とお布施」の無料相談!!

元警察官現僧侶 に、葬儀相談
現僧侶の携帯 09015882757