資格ある良い僧侶を選ぶ

近年の葬儀・家族葬に於いては檀家・門徒離れしていることから、自ら良いお坊さんを選ぶことは大切です
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

元警察官・現僧侶が相談対応(無料)

元警察官・現僧侶に相談(中立的立場)
出来るだけお金を使わない葬儀の為には、中立的立場の者に葬儀相談するのが一番です。
葬儀相談を行うことによって、ある程度の葬儀知識を得て葬儀社に依頼すれば、葬儀費用を抑えた良い葬儀になると思います。

資格ある良い僧侶を選ぶ
お寺の有り無りしは関係ない

大切なことはお寺でお葬式をしない場合は、葬儀の時のお経は お寺で決めるのではなく、

資格ある僧侶坊主に

を選べばいいのです。
僧侶資格は、お寺の住職、或はその親族だけが資格を持っているものではありません。
現代は、宗教界も開かれ一般家庭から、或いは医者を勤めた後、僧侶資格を取得した立派な僧侶もおられます。
お寺は世襲制ですので、お寺を持たない僧侶のほうが多いと思います。
現代は、宗教離れ・仏教離れから、お寺を所持している住職の方も檀家・門徒離れから、派遣業者に登録してお勤めをされておられます。
資格があれば、お寺の有る住職とお寺の無い僧侶も同等なのです。
昔のように祖母・祖父などに連れられてお寺に出入りしていた頃、身内にお葬式が取れた場合は、お寺にすぐ連絡したものです。
近年はそういうこと(お寺に出入りすること)もなくなりました。 
ですから、僧侶の人物もわかりません。
ですが、故人は昔のように僧侶の読経で送って欲しいと思うでしょうし、残された家族もその気持ちだけは失っていないと思います。
只、身内のお葬式となった場合、菩提寺がある方は、そのお寺に依頼すればいいのですが、
・お寺とのお付き合いの無い方
・家の宗派が分らない方
などは、ついつい人任せになってしまい後々、後悔する不本意な依頼となっているのが現実です。