安いお布施の「良心のお葬式」

元警察官・現僧侶が顧問として在籍
(無料相談対応)

「良心のお葬式」は、元警察官・現僧侶が顧問として在籍し、葬儀・法事のアドバイス並びに葬儀時の読経・その後の法事法要・遺産相続・土地活用などを取り扱っている市民サポートセンターです。
同センターでは、西宮・神戸・尼崎・伊丹・豊中・吹田・大阪~京都などを基盤として、京阪神・関西一円・西日本で活動しております。
特に、葬儀の相談・サポート並びに葬儀時の読経(お経)は、24時間、即対応させて頂いております。
お葬式は24時間、即対応

近年のお葬式の基本は3方法!!



・直葬(釜前葬)・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで葬儀(お葬式)を行います。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

元警察官・現僧侶が相談対応(無料)

元警察官・現僧侶に相談(中立的立場)
出来るだけお金を使わない葬儀の為には、中立的立場の者に葬儀相談するのが一番です。
葬儀相談を行うことによって、ある程度の葬儀知識を得て葬儀社に依頼すれば、葬儀費用を抑えた良い葬儀になると思います。

お坊さんの実態

近年、お寺との檀家・門徒制度は崩れておりますので、
◎ お寺とのお付き合いの無い方!!
◎ お寺とお付き合いをしたくない方!!
◎ お寺とは、その時々の付き合いでよい方!!
◎ 家の宗派がわからない方!!
などの方も多数おられます。
又、お寺とのお付き合いが無いばかりにお葬式となった場合、「どこに連絡すれば?」と困っておられる方もおられます。
そのようにお困りの方は、僧侶派遣(僧侶紹介)を利用されればいいと思います。
お寺維持のため、僧侶派遣の僧侶へ
多くのお寺は、葬儀社からの依頼、派遣会社からの依頼によって葬儀、法事をお受けしているのが現実です。
勿論、お寺が無い一般家庭からの住職資格のある僧侶も派遣会社からお勤めを貰っています。
お寺がある僧侶も、お寺が無い僧侶も派遣僧侶になっているのです。
ですから、派遣僧侶が如何わしいわけではありません。
★ 派遣僧侶イコール悪徳僧侶ではない

偽坊主

派遣僧侶とは、組織などから依頼されてお葬式、法事などに於いて読経をあげるために、その場所に赴く僧侶を言います。
よく派遣僧侶は「お経をあげるだけ」「色々問題が生じている」など派遣僧侶に問題があるように言われていますが、事実はそうではありません。
派遣僧侶に問題があるわけではないのです。
派遣僧侶とは、ある組織などに依頼されて「お経をあげる」のですから、
その派遣僧侶の中には、
・お寺だけでは生計を立てることが難しい、お寺の住職をされている方
・お寺では生まれ育ったが次男坊
・次男、三男坊であるため実質お寺を所持せず、生計を立てるため派遣僧侶として活動されている方
・生まれ育った環境はお寺ではないが、その宗派の正規の学校で学び僧侶となった方
・お寺に努めて、そのお寺から派遣されている僧侶 が派遣僧侶としてお勤めをしている方
などが派遣僧侶としてお勤めをしております。
前述したようにお寺持ちの住職も派遣僧侶として活動していますから、お寺無しの僧侶だけが派遣僧侶ではないのです。
又、「色々な宗派のお経をあげる派遣僧侶がいる」ということを聞いたことがありますが、お寺持ち(自坊がある)の住職がそのようなことをされている方もいます。
ですから、派遣僧侶イコール悪徳坊主ではない

のです。
このことは是非、認識を新たにしておくべきでしょう。
僧侶手配・依頼を行うにあたって「派遣僧侶は駄目」という認識ではなく、その僧侶がその宗派の資格を確実にもっているか、そして常にその宗派の教義を勉強しているかだと思います。
私達が僧侶を依頼する場合、その僧侶の身分を明らかにして頂くことだと思います。
僧侶資格の確認が大切
前述の「身分を明らかにして頂く」
このことは、仕事(お勤め)を受けた僧侶が出向かず他の者に行かす。
ということを耳にすることがあるからなのです。
勿論、急なこともありますので、代わりの僧侶が行くこともあろうかと思います。
只、この代わりの者が僧侶かどうか、僧侶風であっても僧侶資格、或いはその宗派の資格を持っているかどうかということです。
そのために、「身分を明らかにして頂く」、この事が大切なのです。