葬儀のサポート・お坊さんの読経
これからの葬儀・大きく変化

お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が読経対応
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

家族葬の増加

家族葬とは、少人数のお葬式のことです。
近年は、核家族化・親戚縁者との疎遠化・近隣住民との希薄化等によって、葬儀参列者が少なくなってきております。又、令和元年暮れからのコロナ感染症によって、少人数のお葬式に拍車がかかっております。
今後一層、家族葬になると思われます。

今後の葬儀は、一般葬が減少

葬儀は時代ごとに葬儀方法が変遷していくと思います。
近年は、核家族化・親族との疎遠化・近隣住民との希薄化によって、葬儀自体が小さくこじんまりとした葬儀に代わっていくものと思われます。
今まで通夜を行っての葬儀が主流でしたが、近年は通夜の無い1日葬や葬儀式自体を行わない直葬が増えてきております。

今後の葬儀は、1日葬が増加

近年では、一般葬の葬儀が減少傾向にあり、その分1日葬が増加しております。
核家族化の定着によって、一般葬の減少、1日葬の増加がますます進むものと思料されます。

今後の葬儀は、直葬が増加

近年、宗教離れ・仏教離れしている時代を反映し、葬儀・告別式を行わない「直葬」という葬儀形態も増えてきております。
この現象が今後も続き、直葬が増えるものと思われます。

直葬にあっても、「釜前葬」での葬儀が増加

直葬とは、24時間遺体を安置した後、葬儀式を行わず火葬に付す葬儀方法ですが、この直葬にあっても、火葬に付す直前に僧侶の読経を行うのを「釜前葬」と言っています。
この釜前葬も、直葬の増加とともに増えると思われます。

葬儀は「自宅で」の増加

近年、核家族化などの影響により、少人数の身内だけの葬儀が増加していますが、今後は、家族だけで故人が住んでいた自宅から送ってあげるという「自宅での葬儀」が増えるものと思われます。

葬儀に於いて、お寺を利用しない時代が到来

今までは、檀家・門徒制度によって、葬儀となれば一応葬儀社などから、お寺に葬儀依頼があったと思います。
が、今後はお寺に連絡ではなく、お坊さんに連絡して葬儀を執り行う時代が来るものと思われます。
お寺の維持という名目の寄付がいらない」からです。

仏式葬儀の減少

現在は、宗教離れ・仏教離れから葬儀に於いて、仏式での葬儀が減少傾向にあります。
今後ますます、この状況は続き宗教離れが進むものと思われます。

低料金のお葬式が増加

葬儀費用を安く!!

一昔前までは、葬儀費用は高額なものでした。
葬儀と言えば、親戚縁者・近隣の地域住民・勤め先関係の参列者と豪華で派手な葬儀だったと思います。
弔問外交という言葉まで出来ました。
それ程、一昔前は葬儀は派手でお金をかけた葬儀でした。
今後は、弔問外交的な葬儀は無くなり、低料金の安くできる葬儀(低料金葬儀)が主流になると思います。
葬儀資料⇒葬儀

葬儀の時の読経・対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・尼崎・摂津
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。