「一般葬・家族葬」は
「お布施が、格安の良心のお葬式」へ

低料金・安心・信頼のお葬式
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

仮通夜・通夜での服装

仮通夜での服装

服装・普段着で参列
通夜に参列出来ない、或は故人と親しくさせて頂いたという気持ちから、仮通夜にお参りさせて頂くことがあると思います。
その場合の服装ですが、あくまで、普段着で行った方がいいと思います。
勿論、普段着といっても小綺麗な服装で行かれる方がいいでしょう。
普段着で参列の理由
何故、普段着でかといいますと、仮通夜での出席ですから、式服などで参列された場合、「死ぬのを待っていた」ということの考えが及ばないよう、そして「死を知つて駆けつけてきた」という気持ちを持っての参列ですから普段着でよいのです。

通夜での服装

通夜への参列は、喪服での参列となります。
葬儀は急なことが多いため、喪服が用意できない場合は地味な色合いの平服で参列しても構いません。
①男性の場合は、
・略式礼服であるブラックの喪服・白無地のワイシャツ・黒無地のネクタイ・黒色靴下・黒色靴
②女性の場合
・略礼服である喪服
・アクセサリー類は出来るだけ避ける
(ネックレスは真珠が定番)
・バックは黒色
故人とのお別れの場ですので、小綺麗な服装に勤めましょう。

「良心のお葬式」葬儀の読経対応地域

西宮・神戸・芦屋・伊丹・川西・宝塚、豊中・茨木・摂津・池田・箕面・吹田・枚方・大阪~京都
などの地域に於いて、葬儀・家族葬対応

葬儀・家族葬のお葬式、葬儀時のお坊さんのお経は、西宮・神戸・尼崎・伊丹を基点として、姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など関西・近畿圏の地域に於いて、受理・葬儀相談を行っています。