低料金・低価格のお葬式
低額・格安お布施

直葬・1日葬・一般葬の費用 ← クリック

近年、お葬式の方法・葬儀費用も色々

元警察官現僧侶  に葬儀相談
「良心のお葬式」顧問 僧侶の携帯 09015882757

自分宅の葬儀を考える!!

葬儀内容(葬儀方法)を決める

近年のお葬式の基本は3方法!!

直葬1日葬一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。

葬儀方法
自分宅の目安から葬儀方針を立て、現在行われている葬儀方法の3葬儀方法のうち1方法を選んで葬儀方法を決定し、僧侶への読経依頼、葬儀依頼を行えばいいのです。
葬儀の3方法とは、◎ 直葬 ◎ 1日葬 ◎ 一般葬をいいます。
◎ 直葬とは、
お葬式自体を全くすることなく、法律で規定された24時間遺体を安置後、火葬に付す葬儀です。
只、直葬であっても火葬場で僧侶の読経を行ってもらうのが「火葬式」或いは「炉前葬」と呼んでおります。
この直葬にあっても、遺体を安置している場所にお参りされる方もおられますし、火葬式(炉前葬)の僧侶の読経の際にお参りされている方もあります。
近年では、宗教離れ・仏教離れから、この直葬が増えてきております。
◎ 1日葬とは、通夜のない葬儀で1日で葬儀をおえる葬儀方法をいいます。
◎ 一般葬とは、従来から行われている通夜のあるお葬式をいいます。

枕経(まくらぎょう)を忘れないこと

枕経(まくらぎょう)をあげる

このいずれの葬儀方法に於いても、枕経(まくらぎょう)をあげることが大切です。
注意しなければならないのは、近年、枕経(まくらぎょう)をあげるという事を殆どの方が知らず、葬儀社の方も遺族に正確に伝えず、通夜経と枕経(まくらぎょう)を一緒に、と伝える担当者もいますので注意が必要です。