今、緊急に葬儀が必要!!ー「急な葬儀」に対応

ホーム > 今、緊急に葬儀が必要!!ー「急な葬儀」に対応

今、緊急に葬儀が必要な方(葬儀−「急な葬儀」の対応方法)

          身内の死
                 
         無料相談を利用

      (元警察官で現僧侶が対応)            
                 
         死後、出来るだけ早く枕経をあげる
                 
      葬儀予算を考え、自分宅の葬儀方針を決める
                 
         葬儀社依頼と僧侶読経依頼
              別々に依頼

  困っている事は何でしょうか?

元警察官で現僧侶が顧問の葬儀・法事の市民サポートセンターへ電話相談

無料相談

「無料相談」の対応は、元警察官の僧侶が行っております。
「良心のお葬式」は、関西方面の葬儀・仏事関係の情報収集を行い、収集した情報発信のため「無料相談」を行っております。

 

      今、急な葬儀が必要な方

        慌てず、まず相談を行うこと

◎ 慌てて葬儀社に頼まない
◎ 亡くなって最初に行うことは「枕経」をあげること

         無料相談は「良心のお葬式」へ

 元警察官で現僧侶が相談対応

 

慌てず、無料相談を!!

「良心のお葬式」は、葬儀・法事の市民サポートセンターです。
この市民サポートセンターは、僧侶・司法書士などのグループが関西を中心として、葬儀・仏事に関する常に新たな情報を収集し、葬儀・法事のに関する無料相談サポート及び葬儀・読経受理、遺言・遺産相続、土地活用なども行っている組織です。

「良心のお葬式」の構成と仕事内容

僧 侶・司法書士・行政書士ハウスメーカー】

グループ構成

(葬儀・法事の市民サポートセンター)

「良心のお葬式」

(葬儀・読経の無料相談サポート&葬儀・法事受理・その他)

各業種と連携・情報収集
「良心のお葬式」は資格ある僧侶が葬儀の読経を行うにあたって、葬儀社との連携・情報収集を行い、司法書士など士業の方は「保証人制度」などの仕事を通じ、葬儀社との連携・情報を収集を行って皆様の葬儀に役立てております。

 

葬儀の意義
葬儀は、故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではなく、遺族・知友が相集い、故人を追憶しながら、人生の無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事のことです。

私たちはお葬式を執り行うことは急なことだと思います。身内が病院に入院し、治らない病と分かっていても、前もってお葬式の用意はしないと思います。

やはり身内が亡くなれば慌ててしまうものです。慌てていればいる程、正しいアドバイスを受けるのが一番後悔のないお葬式に繋がると思います。

又、現在、葬儀業界は一大産業をなしている関係からか、家族葬など色々な言葉が使用され、あまり経験しないお葬式では戸惑うことが多々あると思います。

          急な葬儀ほど相談を!!

急な葬儀ほど、慌てて葬儀社の依頼を行って仕舞がちです。それでは、安心な葬儀とは言えないと思います。やはり、葬儀費用はどの程度かかるものなのか?など、調べなければ、葬儀社の言いなりになってしまいます。それでは、安心した葬儀とは言えません。

     元警察官の僧侶が相談受理

☆ 葬儀費用はいくらかかるのか ☆ 葬儀予算は? ☆ どのような式場で葬儀を行いたいのか ☆ 宗派について ☆ お布施についてなど、親身になって相談をお受けします

身内が間もなく死を迎えると分かっていても、私たちはどうしても慌てしまいます。ましてや、遺体搬送をせかされたりした場合、どうしてもPC、スマホなどで探し、半信半疑的気持ちでそのスマホなどから葬儀社に依頼してしまいます。

忘れてはならないことは、葬儀社各社ともしのぎを削って高宣伝効果を狙っております。メデァの発達している現代ほど慎重を期さなければならないと思います。そのためには、必ず

  最新の情報を得るため、相談(無料)をしましょう。
  何故ならば、私たちは葬儀を経験することは殆どないのですから!!

 

至急、葬儀社をさがす!!

失敗しないための葬儀社さがし

現代は葬儀業界は一大産業を成していると言われています。そのため大小色々な葬儀社が乱立しています。私たちにとってあまり経験しないお葬式、でも喪主等になれば否応もなく葬儀を実行しなければなりません。

最初の取っ掛かりで気に入らない葬儀社を選んでしまえば、葬儀が終わったのちも後悔の念で一杯になってしまいます。それほど、葬儀社選びは大切なことなのです。

 

葬儀社が、その葬儀の良し悪しを決定!!

サイトからの「葬儀社探し」のみでは、中途半端

身内の死は、突然訪れると言っても過言ではないと思います。最近では、病院で亡くなられる人が大半です。ですから、家で亡くなられたのと違い、どうしてもご遺体の搬送を第一に考えなくてはなりません。

最近では、スマートホーン、PCなどのサイトから葬儀社を探しがちです。ですが、スマートフォンなどサイトからのみでは、どうしても片寄りがちになるものです。

なぜならば、自社をよく見せるための写真添付、並びに過大とも思える宣伝文章があるからです。自分の目で見て選んでいませんので、慎重に慎重を期して選ぶべきだと思います。

現代の葬儀方法を知る!!

近年は一昔前の葬儀方法から、時代の流れとともに葬儀方法が変わってきております。又、現代は高齢化社会となっていることから葬儀業界は一大産業をなしており、そのため家族葬など新たな言葉が出てきて複雑化し理解しがたいところもあります。現代の葬儀方法は

直葬(釜前葬) ◎1日葬 ◎一般葬

となっております。

葬儀社の新鮮な情報を得る!!

やはり、葬儀社の新鮮な情報を得てこそ、良い葬儀社が探せると思います。「良心のお葬式」では、各宗派の僧侶が、お葬式などでお勤めした葬儀社の情報を集約して、より良いお葬式を実現したいと願っております。

 お葬式の時の「お経」―神戸、芦屋、西宮、尼崎、豊中市など

〇 お寺とのお付き合いの無い方
〇 何処に、依頼すればよいか分からない方

元警察官で現僧侶が顧問の
「良心のお葬式」へ

 

直ぐに、葬儀社に依頼しないこと

最初のとっかかりは「無料相談」を利用

慌てて依頼した葬儀社で、いい葬儀を行うことが出来ればいいのですが、後々、後悔することがあっては取り返しがつきません。
そのためにも、すぐに葬儀社に依頼するのではなく「相談」を行うことです。
それも利害関係の無い「無料相談」を利用して、ある程度の葬儀知識を持ってから葬儀社に依頼すればいいのです。

勧められるままに「即、葬儀社に依頼しない」

私達は、一生のうち喪主等として葬儀を経験することは殆どありません。そこで、どうしても慌ててしまいます。慌てて勧められるままに、勧められた葬儀社に依頼してしまいます。

葬儀で仏縁を深める

葬儀とは、死者を弔う宗教的な儀式です。故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではありません。遺族・知友が相集い、故人を追憶しながら、人生の無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事のことです。
人生において殆ど経験しないお葬式ですが、仏縁を深めるという気持ちを持つことによって、よい葬儀になることは間違いありません。

 

葬儀の時、僧侶のお経(おきょう)

葬儀前に枕経(まくらぎょう)をあげる

亡くなられて最初に行うことは、「枕経(まくらきょう)」をあげることです。その後に、葬儀を執り行います。ですから直ぐに葬儀社に依頼しないことです。

 

関西(市町村)での

葬儀は大切な儀式

私達は人の死に対し、昔から1つの儀式として身内や隣近所の多くの人達が集まって葬儀を執り行ってきました。しかし、現代は、核家族化となって家族葬という名の身内だけの少人数のお葬式が多くなってきております。

只、現代の少人数のお葬式であっても、長年生きてきたであろう故人を偲び、どのような形であっても葬儀式を行うことは大切なことだと思います。

関西での葬儀情報が必要

現代は、葬儀業界が一大産業を成していると言われております。そのことは、あらゆる葬儀社の乱立、増加に繋がっております。
葬儀社の増加は低価格に繋がりますが、もうけ第一主義で質の低下に繋がりかねません。そのためには、どうしても葬儀に関する新しい正確な情報が必要となってきます。

 

葬儀と市区町村役場

現代社会は、複雑な社会構造、核家族化、隣近所の疎遠化の社会となっております。このような現代社会に対応した形で、各市町村役場が「暮らし・葬儀に関する取組み」を色々行ってきております。
只、市町村役場が市民のために福利厚生を行っていても、私達は中々、市町村役場の取組事案を知っていることは少ないと思います。
市民にとって、市がどのような福利厚生を行っているかを知ることは大切なことだと思います。

 

市町村役場は、「僧侶紹介」を行っておりません

 

「僧侶の読経」は、自分自身で捜さなければならない

市町村役場では、市営葬儀、規格葬儀で葬儀を行うことが出来ますが、僧侶の読経(おきょう)の紹介などを行うことは出来ません。
どの市町村地域で葬儀を行っても、「僧侶の読経」は遺族が捜さなければならないのです。

 

「良心のお葬式」関西での葬儀の時の読経(お経)

「良心のお葬式」は、関西圏を中心として葬儀の時の読経(お経)をお受けしております。と言いますのは、現代は檀家・門徒離れが進み、
葬儀の際、読経(お経)で故人を送ってあげたいと思っても、「どこに連絡すればいいのか?」と悩まれ、読経の依頼をすることなく或いは葬儀社に全てを任せ、葬儀後に高額のお布施を請求されたということも聞いております。

そのようなことを防止するためにも、是非とも「良心のお葬式」にアドバイスなりサポートを受けていただければと思います。

 

「良心のお葬式」葬儀・法事の情報収集対応地域

「良心のお葬式」では、低料金での葬儀、後々後悔しないご葬儀を行って頂くため、各地域の葬儀状況などを僧侶などから掌握し、会館の有無・葬儀時の対応状況・葬儀費用などについて皆様に情報提供し、葬儀のサポート・葬儀社の斡旋を行っております。

姫路・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎・伊丹・宝塚・川西・大阪・箕面・池田・豊中・吹田・摂津・高槻・茨木・東大阪・堺など関西地域