低料金・低価格・安心・信頼の葬儀
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

加古川市の近年の葬儀・家族葬

このページは、加古川市での葬儀が全て分かるように記載しておりますので、安心して葬儀・僧侶の読経依頼が出来ると思います。

加古川市の葬儀全てがわかる

葬儀・家族葬・加古川市(関西)
加古川市で「仏式葬儀」
加古川市で「お寺とのお付き合いの無い方」の葬儀
加古川市で葬儀「お寺とお付き合いをしたくない方」の葬儀
加古川市・葬儀の時、お坊さんが必要
加古川市の葬儀「葬儀・家族葬にお坊さん」
加古川市で「家族葬」での葬儀
加古川市の葬儀(低料金葬儀)
加古川市・一般葬の葬儀
加古川市で「1日葬」の葬儀
加古川市での「直葬(釜前葬)」の葬儀

読経(お経)の申し込み「良心のお葬式」へ

加古川市での葬儀

加古川市の葬儀の取り組み

加古川市には、市が関係する市民葬・市営葬、規格葬儀は創設されておりません。
又、斎場に併設されたような葬儀式場もありません。
火葬場はありますが、他市のように火葬場に併設された葬儀式場はありません。
只、お墓は個人用墓地と共同墓地があります。
葬儀は殆ど経験することではありませんので、葬儀社依頼前には必ず相談が必要です。
葬儀のサポート「良心のお葬式」にご相談・ご連絡下さい。
加古川市の葬儀広報⇒加古川市おくやみ
斎場
加古川市斎場は、毎年1月1日、2日および毎月2回の設備点検日を休場としています。
出棺時間は、午前10時から午後3時30分までです。
斎場での火葬から収骨までのお待ちいただく時間は、約2時間で、当日収骨になっています。
斎場を使用される場合は、予約を済まされてから、施設使用許可申請の手続きをしてください。
施設使用許可申請の受付は、市役所市民課および各市民センター、東加古川市民総合サービスプラザで行っております。市役所市民課閉庁後または、閉庁日は、市役所警備室でも受付しております。
※葬儀業者を通して葬儀を行う場合は個人での予約は必要ありません。
遺骨を移す時
改葬許可申請
遺骨を移す場合には、市区町村の許可を得る必要があります。
この手続きを改葬許可申請と言います。
改葬許可申請は、現在お墓がある市区町村長に対して提出しなくてはなりません。
初めて納骨する場合は、この手続きは必要ありません。
改葬許可申請の方法
改葬許可申請書を用意します。
改葬許可申請書の内容を記入します。
現在遺骨が納められているお墓の管理者から埋葬の事実について証明してもらいます。
(改葬許可申請書の「埋蔵証明欄」)
加古川市役所市民課で改葬許可申請書とその他必要書類を提出します。
死亡届
届出の方法
死亡届は、市民課または各市民センターで午前8時30分から午後5時15分まで届出を受付けています。
なお、加古川市民センター
(業務時間:午前9時から午後7時まで、
休業日:毎月第2・4日曜、偶数月第2土曜及び年末年始)
東加古川市民総合サービスプラザ
(業務時間:午前10時から午後8時まで、
休業日:毎月第1・3・5日曜、偶数月第2土曜、イオン加古川店休業日及び年末年始)
夜間休日受付窓口
窓口が開いている時間に届出ができない場合は、夜間休日受付窓口を設けています。
夜間休日受付窓口は市役所新庁舎1階の警備室となります。
警備室へは新庁舎南側の夜間・休日出入り口をご利用下さい。
死亡届届け出期間
死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡があったときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)
届出地
死亡者の本籍地、届出人の所在地、又は死亡地の市町村役場
届出人
同居の親族、その他の同居者、家主、地主、家屋若しくは土地管理人、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人任意後見人
届出に必要なもの
届出書(死亡診断書又は検案書添付のもの1通)
届出人の印鑑
加古川市概況
人口:260,952人(男 127,798人 女 133,154人)
世帯数:107,725世帯
(令和2年12月1日現在)
地形
播磨平野の東部に位置しており、市内を一級河川の加古川が還流しています。
加古川の左岸側の市域は全体的に平坦になっています。
加古川の右岸側の市域には平坦な場所も存在するものの、山頂が高砂市との市境である高御位山を始め、加古川市内の大藤山・飯盛山などの標高200 mを超える山も見られます。
尚、加古川の河口近くは高砂市との行政境界であり、加古川の市域は左岸側です。
気候
気候は温暖であり、瀬戸内海式気候です。
市内では比較的雨が少なく、基本的には晴天が多い。
夏には、猛暑日や熱帯夜になる日もあります。
冬には、寒波の影響で氷点下の気温を記録する日もあり、雪が降ることもあるものの、積雪が見られることは稀であり、仮に積雪が生じても一冬に1回か2回程度に過ぎない。

加古川市役所ホームページ

加古川市斎場

加古川市斎場は、毎年1月1日、2日および毎月2回の設備点検日を休場としています。
出棺時間は、午前10時から午後4時までです。
斎場での火葬から収骨までのお待ちいただく時間は、約2時間で、当日収骨になっています。
斎場を使用される場合は、出棺日時を市役所市民課(閉庁後および閉庁日は市役所警備室)で電話予約を済まされてから、施設使用許可申請の手続きをしてください。
施設使用許可申請の受付は、市役所市民課および各市民センター、東加古川市民総合サービスプラザで行っております。市役所市民課閉庁後または、閉庁日は、市役所警備室でも受付しております。

葬儀は、葬儀相談からが始まり

元警察官・現僧侶が相談対応

私達は一生のうち葬儀(お葬式)を経験することは殆どありません。
身内のものが亡くなった時、「葬儀、どうすれば?」「葬儀社は何処に依頼しようか?」「お坊さんは何処に依頼しようか?」と困ってしまいます。
そして直ぐに、葬儀社に連絡してしまいがちですが、葬儀社依頼前に必ず、事前相談を行うほうが「葬儀費用の減額」など安心して葬儀に取り組むことが出来ると思います。
「良心のお葬式」は、元警察官・現僧侶が無料相談に対応しております。
お葬式のサポート(アドバイス)を行うお葬式・法事市民センター「良心のお葬式」に在籍する顧問の僧侶は、元兵庫県警察官です。

死亡↠出来るだけ早く枕経

お亡くなりになって出来るだけ早く「枕経(まくらぎょう)」をあげなくてはなりません。
枕経をあげることによって「お顔が奇麗になる」と言われています。

元警察官で現僧侶の推奨葬儀

直葬(釜前葬)

95,000円
1日葬

285,000円
一般葬

413,000円
※自分宅にあった葬儀方法を選んでお葬式を
}(参考事例)

注)葬儀の注意事項
◎ 直葬(釜前葬)とは、直葬は24時間遺体を安置した後、通夜・告別式を行わず火葬に付すお葬式です。
火葬場の炉の前でお経をあげるお葬式のことを言います。
◎ 1日葬とは、通夜式が無く、告別式のみの1日でのお葬式です。
◎ 一般葬とは、通常行われている通夜・告別式があるお葬式です。
上記葬儀図は、参考事例で京阪神間に於いて行われている金額でのお葬式です。
加古川市に於いても、同じ執り行い方の葬儀方法で葬儀が出来ると思いますし、葬儀費用も同額程度で執り行うことが出来ると思います。

近隣での葬儀読経対応

「良心のお葬式」は、市民のアドバイザーとして葬儀相談、葬儀の読経受理を目的として活動しています。
西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸とし
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。