低料金・低価格・安心・信頼の葬儀
「葬儀の時、お坊さんが必要」
お布施が、格安(2万5千円~)の
良心のお葬式」へ

✆ 0120-44-24-24 072-772-7422
顧問の元警察官・現僧侶が無料相談
携帯 090-1588-2757(24時間対応)

葬儀(お葬式)に際して

「葬儀社依頼」と「僧侶読経依頼」は別々に依頼

葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に依頼

葬儀に際し、仏式の葬儀を執り行う場合は、「葬儀依頼」と「僧侶依頼」は別組織への依頼であることを認識して、別々に依頼しなければなりません。
「葬儀は葬儀社に」「僧侶読経は僧侶に」、という依頼を行うことが大原則です。
その依頼方法が、葬儀費用・僧侶読経のお布施額が明瞭となり、葬儀経費の節減につながると思います。

葬儀で「お坊さんが必要」な方

昔から、葬儀には、お坊さんが必要(仏式葬儀)です。
葬儀となった場合、お寺では無くお坊さんに連絡が必要です。
葬儀のサポート「良心のお葬式」に、ご相談・ご連絡下さい。
「良心のお葬式」には、元警察官・現僧侶が顧問として在籍し、無料で相談を受け付けています。

葬儀でお坊さんに連絡

近年は、お寺に行かれる方は殆ど無いと思います。
今は、地域のお寺だからと、「護寺費」を払うのはおかしいかもしれません。

檀家離れ

東大阪市にあっても、「檀家離れ」が進み、お寺との付き合いが無い方が多くなっていると思います。
お葬式などの時、どうしよう?とお思いでしょうが、大丈夫です。
「良心のお葬式」に、ご連絡・ご相談下さい。

お葬式の基本は3方法

葬儀(お葬式)は、
・直葬・1日葬・一般葬
のうちから1つを選んで行います。
葬儀予算を考え、自分宅にあった葬儀(お葬式)を選ぶことが大切です。
葬儀費用←クリック
お布施 ←クリック

東大阪市の葬儀どうすれば?

元警察官・現僧侶に相談

人の死は突然が多いと思います。殆ど経験しないお葬式ですから、心に余裕が持てず葬儀社に連絡してしまいます。
最終的には葬儀社にお葬式のことを以来しなければならないのですが、やはり少しでも余裕をもって
・どのようなお葬式にするか?
・自分宅の葬儀費用としての予算は?
・参列者はどうするか(人員など)?
は、依頼前に最低考えなければならないと思ます。
良い葬儀を執り行うためにも、まず無料の親身になってくれる相談者が必要です。
「良心のお葬式」は葬儀・法事のアドバイザー組織です。
顧問として元警察官・現僧侶が無料相談に応じています。

人が亡くなれば、枕経(まくらぎょう)
をあげなくてはならない

人が亡くなれば、まず最初に「枕経(まくらぎょう)」をあげなくてはなりません。
お亡くなりになって出来るだけ早く、枕経(まくらぎょう)をあげると「お顔が奇麗になる」と言われています。
近年では色々な葬儀形態が出来ているせいか、葬儀担当者にあっても「枕経(まくらぎょう)をあげなくてはなりません」と言わない場合があります。
一番大切な枕経を省いているのです。
又、お葬式でのお経は、故人をあの世へ導いたり、やすらかに眠るように伝えたりする役割があります
又、大切な人を亡くして心を傷めている遺族や参列者を癒す役割も果たしています。(仏式葬儀)
四十九日法要を行わなければ、故人が迷ってしまうと言われております。
ですから、四十九日法要は必ず執り行うのです。
そのことと同じことであって、必ず枕経をあげなくてはなりません。
故人にとってなりよりも大切なお経なのです。

葬儀社と僧侶読経依頼は別々に依頼

葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に依頼

葬儀に際して、仏式の葬儀を行う場合、葬儀依頼と僧侶依頼は完全に別組織への依頼であると認識しなければなりません。
葬儀は葬儀社に、僧侶読経は僧侶に、という依頼を行うことが大原則です。
その依頼方法が、葬儀費用・僧侶読経のお布施額が明瞭となり、葬儀経費の節減につながると思います。

檀家・門徒制度を気にせず、良い僧侶に依頼

近年では、檀家・門徒制度を離れて葬儀の読経・法事の読経を依頼される方が増えてきております。
このことは自然の成り行きではないでしょうか。
元々、檀家・門徒制度は、江戸時代に徳川幕府が民衆を管理するために「民衆を管理せよ」とお寺に命じ作られたものです。
その名残として旦那寺・菩提寺として、お寺・私たちが位置付けられているのです。
ですから、葬儀・法事に於いて「絶対、お寺に依頼」という事はないと思います。
葬儀・法事の依頼は「良いお坊さん」に依頼すればいいのです。

東大阪市・葬儀・家族葬

東大阪市の葬儀取り組み
東大阪市役所としての取り組みとして、葬儀に関して市民葬儀・規格葬儀などの取り組みは行っていないようです。
ですから、葬儀(お葬式)となった場合、葬儀社・僧侶の読経は、全てご遺族が考えて依頼しなければなりません。
東大阪には斎場(火葬場)が七か所ありますが、改修工事などによって休場している所もあります。
この斎場に併設されているような葬儀式場もありません。
あるのは斎場に併設されている墓地です。
東大阪市のホームページには、「おくやみ」欄があって死亡届に関すること・斎場・墓地に関することが記載されています。
私達はあまり経験することがないお葬式ですから、万が一、身内でお葬式となった場合は、ホームページを見るなど市への問い合わせが必要です。
殆どの市が、葬祭費の支給をしていますので、葬儀前・葬儀後の問い合わせを行ったほうが賢明です。
東大阪市の葬儀広報⇒おくやみ | 東大阪市

「良心のお葬式」の関西での活動

「良心のお葬式」は、葬儀相談・葬儀の読経(お経)受理を活動目的として、西宮をはじめ
・尼崎・伊丹・神戸
を基軸として
・姫路・芦屋・宝塚・三田・川西・摂津・茨木・豊中・吹田
・枚方・高槻・大阪・池田・箕面・寝屋川・堺・京都・東大阪・明石・加古川・たつの・太子町・長岡京市など
の地域に於いて活動しております。